月別アーカイブ: 2018年2月

イオンモバイル その4 au回線プランは3月1日から申込開始

2018年2月でイオンモバイルのサービスが開始されるということで、2018年3月1日から今までのドコモ回線だけでなく、auの回線についても今までのドコモ回線と同じようにサービスすることになりました。

イオンモバイルのいいところは、わかりやすい料金と一番安いデータ専門プランは高速データ通信1GBまでの制限のあるプランで税抜480円という維持費の安さでau回線が持てるというのが大きなポイントです。

またイオンモバイルの場合、「マルチSIM」という仕組みがありまして「標準」「micro」「nano」の大きさに応じて最初に必要な大きさに切って使うことができます。つまり、購入時にSIMの大きさを指定しなくても、SIMカードの台座が届いて自分の使う大きさに切って使うことで、注文の際のトラブルを防止できます。

プランについてはドコモのプランに準じますが、ドコモ回線と比べての違いもあります。その内容については箇条書きにさせていただきます。

・4G専用で3G通信および3Gエリアでの利用は不可
・SMSはデータ通信プランでも無料で利用可
・高速通信下り最大370Mbps上り最大25Mbps
・高速通信制限は直近3日間あたりの通信量6GB超で可能性有
・低速通信最大200kbps時の制限は3日間366MB
・ドコモ回線と組み合わせてのシェアプランも可能

というわけで、ドコモ回線が使えない時に使ったり、今あるauのスマホにはSIMロックを解除しなくても挿入すればそのまま使えますので、auのスマホを持っている人がSIMだけ欲しいという場合には便利です。低速の制限が入るので、バリバリ使いたい場合には高速クーポンの量を調整して加入されることをおすすめします。

なお、イオンモバイルでは2月20日から4月23日まで2周年キャンペーンが開催されています。特にauプラン向けのキャンペーンとしては、3月1日(木)から4月23日(月)まで「タイプ 1(au 回線)」を新規契約の場合、SIM 代金(通常3,000円/枚)を2円/枚で販売するということです。すでに白ロムのauスマホを持っている方で、初期費用を安く毎月の費用も安くと思っている方については、このキャンペーンに乗れば相当安く使わなくなったスマホを有効活用できるでしょう。

もし一からau回線の使えるスマホを購入しようと思っている場合はSHARPのSH-M04が特別価格の19,800円でキャンペーン期間に提供されます。スマホ自体はスタンダードクラスのものですが、防水・防塵機能、おサイフケータイ、画面5インチ、ワンセグなし、ドコモ回線でも利用可というようなことなので、日本製にこだわったり、おサイフケータイが使いたい場合にはかなり良い選択になるのではないかと思います。

今後のイオンモバイルは、できるだけわかりやすくをモットーに事業を進めていくそうですので、できれば安く購入できるスマホや中古の安いスマホを手に入れて、SIMカード単体で購入してずっと同じ金額で使い続けるというのがいいようです。


LINE MOBILE その7 ソフトバンクモバイルと戦略的提携に向け基本合意

本日、このようなメールが唐突に届きました。現状のドコモSIMはそのまま使えるし、今後も新規契約を含めてのサービスは継続すると書きながら、ソフトバンクとの戦略的提携をするということは、よっぽど何かドコモとの間であったのか、LINEモバイルのやりたかったことがドコモのネットワークでは不可能だったのか、とにかくソフトバンクの回線を使ったり様々なサービスを共用するのか、今のところはっきりしたことはわかりません。

プレスリリースによると、この戦略的提携は、LINEモバイルが実施する第三者割当増資をソフトバンクが引き受ける資本提携とMVNO事業推進のための業務提携から成るとのことで、少なくともソフトバンクSIMもLINEモバイルで扱われるようになる可能性は高いですね。今、古いiPhoneが急に遅くなるのはApple社のせいだとアメリカでは大きなさわぎになっていますが、この問題が解決した後ならソフトバンク製のiPhoneを手に入れてLINEモバイルのSIMを入れて使うような状況が来るのかも知れません。

私自身は別に、普段動いている場所で使えさえすればどのキャリアのSIMを使おうがいいと思っています。むしろ、MVNOで大手キャリアのサービスエリアを安くしがらみもなく揃えられる時代になってきているので、あえて3社のSIMカードを持つという考えの中にLINEモバイルをソフトバンクSIMにして維持するという方向状も、今後出してくるプランによってはありかなと思います。
とにかく、これから具体的なところが出てくるだろうと思うので、新たな動きがあった場合はこちらの方でも紹介させていただこうと思っています。最近はどのMVNOでもあまり際立った動きがないので、今回の流れからの変化に期待したいところです。

LINEモバイル