イオンモバイル その1 多くのプランを店頭で選べる初心者に優しいMVNO

MVNOが一般ユーザーに向けて販売された当初は、インターネットによる通販が主流で、格安SIMというものがあるという興味があってもなかなか普通に携帯大手3社と契約をしている人が手を出しにくい状況がありました。

そんな中、最大速度が100kbpsと今の規準からするとかなりの低速ながら、当時では画期的だった月額980円というデータ通信専用SIMを「b-mobile」の日本通信が出したのが、インターネットの販売ではなく、国内流通大手であるイオングループのショッピングモールにある携帯電話売り場に特別のコーナーを設置し、「イオンSIM」として売り出しました。今でもMVNOの売れ筋は月額千円前後であり、当初の低速専用最大100kbpsから高速クーポンが3GB程度にまで増えてきてはいますが、全てはこの「イオンSIM」から始まったものと言えます。しかし、その当時からあくまでイオングループはMVNO業者の代理店であり、独自のMVNOというものは持ってきませんでした。

それが、2016年2月末から満を持してスタートしたのが「イオンモバイル」のサービスです。基本的なサービスは網羅されており、とにかく安く使いたい人から動画を見まくるようなヘビーユーザーのニーズにも合う29のプランを用意しています。プランの内容については後述するとして、「イオンモバイル」を選ぶポイントを挙げると以下のようになるでしょう。

・店頭で取扱いがあるので、安心して契約できる。
・ドコモの回線利用。
・データ通信、音声付の契約ともに2年縛りはもちろん、中途解約の違約金がない。
・番号そのままで転出する場合にのみ、利用開始後180日まで8,000円、それ以降3,000円という転出手数料の違いがある。
・データ通信は低速時の使用で3日間合計のデータ量で規制有り(IIJmioと同じ?)。
・高速クーポンと低速はユーザーて切り替え可。低速時は最大200kbps。
・SIMが3枚持てるデータシェアプランも用意。
・端末同時契約と有料オプションによるスマホの補償プログラム有。

こうした特徴を踏まえた上で各プランの最低料金を紹介しましょう。料金についても他の最安MVNOと比べても悪くない設定になっています。

(データプラン)
・高速クーポン1GBまで 480円(税抜)
(音声プラン)
・高速クーポン500MBまで 1,180円(税抜)
(シェア音声プラン 音声1枚 データ2枚の計3枚)
・高速クーポン4GBまで 1,780円(税抜)

このようにかなり安い金額に設定されています。データプランの最安が500円以下というのも安いですし、一人でもシェア音声プランを契約すれば、一枚あたり600円あまりで、さらに一枚が音声通話可というのですから、一般的なMVNOが提供している音声通話プランは1,600円前後でやっていることが多く、それと比べれば少し高いですが2枚データSIMが使えるという大きなメリットがあります(ただし、SIMカード発行時にはそれぞれに事務手数料がかかります)。

一人で音声シェアプランを契約した後の使い方としては、メインのスマホに090 080 070の番号が入っているカードを入れて維持し、残りのSIMはSIMスロットのあるタブレットやモバイルルーターに入れて使い分けることでテザリングはモバイルルーターに集約し、他の端末は直接ネットに接続できて便利に使えるようになります。

これ以外にも様々なパターンによって全てのカードに音声通話オプション(追加料金が一枚ごとに700円かかります)を付けて、家族で安く維持するという方法も使えます。ここで紹介したパターンに当てはまらなくても、店頭で相談することで自分に当てはまるプランが出てくることがほとんどだと思いますので、全くMVNOの事かわからないという方は、買い物のついでにでもイオンのショッピングモールを訪れて店頭で話をしてみることをおすすめしたいですね。

その後「イオンモバイル」に満足できないくらいのスキルが出てくれば、このブログで紹介してい各社が出している様々な使い方のできる格安SIMとの比較をしながら自分にさらに合ったSIMカードを選ぶことができるでしょう。

逆に、これだけの内容の格安SIMをイオングループが出してきたということで、他のMVNOのサービスについても変わっていく可能性すらあります。そうした動きがあり次第、改めてこのブログでも紹介していく予定でおりますので、最新の情報にどうかご注目下さい。

イオンデジタルワールド
https://shop.aeondigitalworld.com/shop/c/ca116


格安SIM・スマホ ブログランキングへ


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。