シャープ AQUOS SH-N01 はSIMフリーの折りたたみガラホ

このサイトでは格安SIMを主にスマートフォンやタブレット端末、モバイルルーターに差して使う事を紹介してきましたが、ガラケーに格安SIMを入れて使う場合には通話自体はできるものの、データ通信の機能が全く使えないということもあり、極めて限定的にしか紹介してきませんでした。

しかし、最近の携帯大手三社では今までのガラケーでない「ガラホ」という端末が出てきています。例えばドコモの場合、ガラケーではiモードによってインターネットに接続するためMVNOのSIMカードではiモードでのネット接続ができず、スマホのようにMVNOのアクセスポイントに切り替えること自体ができませんでした。

それに比べて「ガラホ」というのは、見た目はガラケーと同じ折りたたみ式で電話番号や文字を入力するためのキーパッドが付いていますが、中に入っている基本ソフトはAndroidとスマホと同じものが使われています。

基本ソフトがAndroidだということは、MVNOの多様なアクセスポイントでもきちんと設定画面で入力をすればそのネットワークを使えるということで、現在出ているガラホの中にMVNOのSIMカードを入れても動くケースがあります。基本的にはドコモのSIMを使っているMVNOのカードなら、ドコモが出しているガラホに入れれば通話だけでなくインターネットもできてしまうわけです。

ただ、今まではそうした端末を手に入れるためには携帯大手の契約をするか中古の白ロムで購入するしかなかったのですが、今回新しくシャープがSIMフリーのガラホとしてAQUOS SH-N01を出してきました。2016年12月からの販売になるようです。

このガラホはドコモのMVNOのSIMなら、基本的にはどの会社のものでも使えます。LTE対応カードなら、通話の音質が良くなるVoLTEでの通話も可能です。ただし現在は同じドコモ系列の会社との会話でないと高音質では使えません。

このモデルはドコモで出ているガラホSH-01Jの仕様を引き継いでいると思われますが、違う点もあります。

・背面液晶がない
・LINEのプリインストールなし
・本機からのテザリングが可能
・おサイフケータイがない?

あと、ドコモのガラホでもあるスマホとの使い勝手の面で言うと気になるところは、

・Google Playが使えない(シャープの独自アプリから一部のアプリはダウンロード可)
・ニュースサイトにワンセグの記載はないので使えなさそう

と一応こんなところです。この端末はどんな人に向くかというと、いったんMVNOのスマホにしたものの、今だに慣れることができず電話もまともに受けられないという人や、荷物は少なく外出先の調べものも必要最少限でいいというような人向けということが言えるでしょう。

また、本体のみでテザリングができるということから、20GB以上の大量の高速クーポンのある音声プランで契約し、同時に持ち歩くノートパソコンやタブレット端末を安いMVNOのデータ通信プランで利用したいという人にもいいでしょう。おサイフケータイについては当初の書き込みでは付いているようなことを書きましたが、ないと思ったほうがよさそうです。もっとも、docomoのSH-01Jでもワオンやナナコが使えないという不満が口コミで出ているので、今後スマホのように使える後継機が出るまで待つほうがいいように思います。

MVNOの中ではまず楽天モバイルが税抜24,800円で販売するようですが、当然他のドコモ系MVNOのSIMでも使えます。この端末で5分以内の通話が定額になるアプリを使う場合、楽天で売るものについては楽天のアプリをプリインストールしてくるかもしれませんが(確認はしていませんのでその点はご了解下さい)、そうしたアプリが使えない場合や、楽天以外の5分定額を利用する場合には、本体の設定で「発信機能」の中にある「プレフィックス設定」で電話番号の前に付ける番号を設定する必要があります。直接アプリから発信できる場合と比べて操作が煩雑にはなりますが、使用するMVNOによってはこうしたことも必要になってくるかも知れません。

基本的には通話にしか使わない人や、ガラケー型端末を通信・通話もできるモバイルルーターとして使いたい人にとっては便利に使える端末になるでしょう。逆に、ドコモで24時間カケホーダイの契約をガラケーで付けている方がこの端末を使う場合、その料金がケータイ用の月2,200円ではなくSIMフリー端末に入れた時から一律2,700円になってしまう可能性があるので(ドコモのカケホーダイ(ガラケー)は自社のガラケー・ガラホにSIMカードを入れた場合のみの料金設定になっています)、MVNOのSIMを入れて使わない方は素直に各キャリアが提供するガラホで使った方が料金的にはいいと思います。

今後、安く端末と購入する場合には過去もオンラインストアで安売リバーゲンの実績がある楽天モバイルでの購入がおすすめでしょう。テザリングで使わないならデータ通信は低速無制限で利用できる「ベーシックプラン」で十分でしょう。




格安SIM・スマホ ブログランキングへ


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。