ソフトバンク回線を使った日本通信の「b-mobile S 開幕SIM」の概要

2017年3月22日から提供が開始されるとしながらもなかなかその内容が発表されなかったソフトバンク回線を利用したプラン「b-mobile S 開幕SIM」の概要がようやく発表されました。ここでは、その内容をここで紹介します。(これから紹介するプランは、U-mobileの「U-mobile S」およびヤマダ電機の「ヤマダファミリーモバイル」が提供するソフトバンク回線のパッケージと同じものであると思われます)

まず、大切な事ですが今回発売されるSIMはiPhone専用のデータ通信SIMで、Android機やその他のハードには対応しないということです。この点はソフトバンクがiPhoneとその他のハードでSIMの内容を変えているということがあるので、あくまでソフトバンクのiPhoneを使っていた方がSIMロックを外さずに格安SIMで運用できるものとして評価すべきだろうと思います。ちなみに利用可能なハードは以下の通りです。

・iPhone 5以降、
・iPad Pro、iPad Air以降、
・iPad mini以降、iPad、iPad 2、iPad(第3世代)、iPad(第4世代)

次に、月間の高速クーポン量の違いによるプランは以下の通りとなっています。

・1GB/880円(税抜価格 以下同じ)
・3GB/1580円
・7GB/2980円
・30GB/4980円

データ利用における規制については3日300万パケット(360MB相当)の制限はあるようです。その場合と高速クーポンを使い切った場合に最大200kbpsに制限されるようになるそうです。

販売は税抜き3,000円のパッケージになり、利用するハードによってnanoSIMとmicroSIMがありますので、SIMの大きさを間違えて発注しないように気を付けて下さい。また、iPhone用のSIMとiPad用のSIMを入れ替えて使うことはできないようです。

なお、この内容は日本通信の発表および各種ネットニュースをニュースソースで書いていますが、そのどこを探してもSMSオプションについての表記はないため、このSIM自体にSMS機能が付いていないようですのでSMS利用を考えている方はご注意下さい。当然音声通話もできませんので、今のところは古いソフトバンクのiPhoneやiPadを有効活用するために出されたものであると現状では理解しています。ただその際、iPhoneやiPadでのテザリングはできないようですので、あくまで単体での利用に限られることになると思われます。

今後は他2社に比べると安いソフトバンク販売の白ロムの販売価格が高くなる傾向が出てくるかも知れませんので、とにかくiPhoneやiPadを安く使いたいと思っている方は、まずは通信パッケージよりもハードの方を先に購入することをおすすめしておきます。

(2017年3月22日 追記)

販売サイトで具体的にSMSオプションは提供されないとの確認が取れましたので、その点も明らかにするとともに、日本通信と同じサービスを提供するU-mobileとヤマダ電機の「ヤマダファミリーモバイル」の名前についても記載しました。以上3社の他に「スマモバ」もソフトバンク回線のMVNOを行なうという発表がありましたが、サービス開始時にいたってもウェブページの更新が見られないので、確認ができ次第ここか新たに項目を設けて解説をする予定にしています。

b-mobile


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。