カテゴリー別アーカイブ: データ通信無制限

速度に関らわず、通信量に制限のないMVNOのプランを紹介します。

データ通信無制限プラン その3 1Mbps以上の高速無制限プラン

これから紹介する高速通信を無制限で利用できるプランの数々は、ともすれば固定回線の代わりになるのではと思い、先に有線インターネットを解約してしまうケースもあるように聞いています。しかし、やはり限りある公共の資源である電波を使っている以上、あまりに露骨に使い過ぎると主に速度の面での規制を受ける可能性もあります。無制限とは言っても、ある程様常識の範囲内で使うようにすることで、いちいち残りの高速クーポンを数えながらネットする必要もなく有益に使える可能性を秘めているのがこれから紹介するプランです。なお、紹介にあたり、料金プランは最も安いデータ通信専用プランを中心にご案内しています。

まず、LTEの最高速ではなく、高速にも上限を設けたプランを2つ紹介しましょう。

・ぷららモバイルLTE 定額無制限プラン 2,760円(税抜)
・ワイヤレスゲート SIM FONプレミアムWi-Fi 1,556円(税抜)

どちらのプランも、ドコモのエリアで利用でき、最高速は3Mbpsまでと限定されますが、具体的な制限事項はなく、高速通信を楽しめます。ワイヤレスゲートの方が後発のサービスのため料金も安めですが、今後の混雑時のスピードがどのくらい出るかとか、細かい使い勝手の点が不明です。また、全体的なスビードは利用者の数とも関係があるので、状況によっては速度が低下する事もあります。そうしたことは、今後の回線増強などで改善する可能性もありますので、単にスピードが落ちて使えないと嘆くのではなく、今後の推移を長い目で見守っていきたいところです。

なお、ぷららモバイルLTEに加入すると、動画サービス「ひかりTV」のスタンダードプランを無料で使える特典があり、ワイヤレスゲートではFONエリアおよび一部の公衆無線LANサービスを、SIMカード番号から登録した専用アプリをインストールした端末で利用できる特典が付きます。どちらもおまけという感じのサービスではありますが、利用したいと思っていたサービスがあれば、加入する際の判断に役立つこともあるでしょう。

次に、高速について一切の制限を掛けない文字通りの無制限プランを紹介します。

・b-mobile 高速無制限 1,980円(税別)
・DTI SIM ネットつかい放題 2,200円(税別)
・U-mobile U-mobile SUPER 2,480円(税別)
・@モバイルくん。3G使い放題プラン 4,000円(税別)

高速で最安なのがb-mobileのプランですが、U-mobileの同様のプランとともに、時間帯や地域によってスピードの低下が見られるという口コミもあり、実際に使ってみないとわからない所もあります。ただし、「U-mobile SUPER」として生まれ変わったU-mobileの使い放題は回線に「IIJ」を使っているのでこの点にメリットを見出すなら選ぶ価値があります。逆に都市部在住でなければ利用者の集中が起こりにくいことが予想されるので、あえて安いb-mobileを狙ってみるのもいいでしょう。

b-mobileとU-mobileの中間の価格のDTI SIMですが、上記金額はどれもデータ通信単体の価格ですが、これを音声通話プランにして5分以内定額のオプションを付ければ、3,680円(税別)でネットは無制限、通話も5分以内なら定額というダブル定額になりますので、データも通話もする方にとってはなかなか使えるプランになっています。

最後の@モバイルくん。はLTEではなく3Gでのサービスなので、高速といっても最高14.4MbpsとLTEよりは遅く、最初に紹介した最大3Mbpsのサービスより遅くなる可能性もありますが、高速高速とばかり宣伝しているものの実測値では時間によってかなり遅くなるとお嘆きの方や、そもそもLTEのエリアから外れる所に出掛ける方なら、3Gだけでもそれほど違和感は出てこないでしょう。また、端末を購入する際に格安の3G専用のスマホでもその能力を十分発揮できるため、1万円以下の安いスマホをモバイルルーター代わりにして使えるなど、上級者には面白いプランだと言えるのではないでしょうか。

このように、速度も料金もバラバラで、どのプランを選んでも確実に高速が安定するとは限らない中で何を選ぶかというのは難しい問題です。普段は遅くても利用者が少ない時間帯にトップスピードが出た方がいいのか、比較的混雑する時間でもある程度のスピードは確保して欲しいかによって選ぶプランは違ってくるでしょう。場合によっては前回紹介した500~700kbpsの中速プランの方が快適に使えるケースもあるかも知れません。多くのプランから一つに絞る事は大変難しいことですが、どのプランが自分に合うのかを決めるために、ネットの口コミなども利用して自分に一番合うプランを探してみて下さい。


格安SIM・スマホ ブログランキングへ


データ通信無制限プラン その2 中速(300kbps~700kbps)の使い放題プラン

ここでは、低速よりも少し早い、300kbpsから1Mbpsくらいまでの「中速」無制限プランを提供しているMVNOを紹介します。この速度で何ができるかというと、ネットラジオや音楽のストリーミングサービスあたりは問題なくできるでしょうし、動画をスムーズに再生することは難しいと思いますが、低速のみで使うことと比べると、中速の恩恵は感じることができるでしょう。というわけで、具体的に紹介していきましょう。

1.Skylinkモバイル フリーデータコース(300kbps) 780円
2.TONEモバイル(500~600Kbps) 1,000円
3.UQ モバイル データ無制限プラン(500kbps) 1,980円
4,WonderLink F-使い放題700(700kbps) 1,580円

1は、Skylinkモバイルの中では最安のプランで、高速クーポンは基本料金のままでは付きません。そして、無制限ではあるものの、3日間のデータ通信量に対する規制があります。その量は3日で450MBで、一般的な366MBと比べると100MB弱多いということである程度は規制を受けにくくなっています。また、規制が行なわれた場合でも最大100kbpsまではスピードが出るので、低速で3日間規制されて100kbps以下のスピードになってしまうMVNOもあるので、極力規制されないような使い方をすることで、300kbpsでの通信を活用させることができるかも知れません。

2のTONEモバイルは、契約方法にくせがあるので万人向きではないものの、高速クーポンを付けなくても常に500kbps前後の「中速」で通信できます。これは、標準サービスとして050番号の付いたIP電話サービスを提供していて、IP電話を安定して使えるような速度として設定されたのではないかと思われます。ただ、契約するためには2万から3万を出して専用のスマホとの同時購入が必要だったり、契約時から2年間の継続が必要だとか、安易に転出ができないというのがネックと言えばネックかも知れません。

3のUQ mobileはドコモ回線でないau回線を使った無制限プランになっています。利用者が少ないためか場所や時間によっては1Mbpsくらいまでスピードが出たという話もありますが、提供しているのはあくまで500kbpsの無制限プランです。規制についてはUQ mobileのものではなく、親会社であるau独自の規制(3日で3GB)、実際に適用されるかどうかはケース・バイ・ケースです。料金とスピードの数値だけ見ると割高な印象を持ちますが、利用者の声などを確認して自分の環境ではカタログ値通りなのか、それ以上に快適に使えるのは各自の判断が求められます。

4のWonderLinkはドコモ回線ですが、これを書いている時点ではまだそこまで多くの人に知られていないMVNOであるので、そこそこの速度で使えてしまう可能性があり、料金の安さもともなって使ってみたい気になるプランです。ただし、音声通話プランもSMSオプションも付かないLTEによるデータ通信専用のサービスですので、スマホに入れて使う場合には機種を選ぶかも知れません。モバイルルーターで使うなら問題ありませんが、そうでない場合は注意が必要です。

このように、中速での無制限プランというのはそれほど多くはありませんが、高速をうたっているプランでもなかなかスピードが出ないと思っているMVNO上級者にとっては、むしろそこそこの速度で安く使えるということがメリットになり得ますので、今後もこのクラスの中速で無制限プランを提供するところが出てきたら、このカテゴリーで紹介させていただきたいと思っています。


データ通信無制限プラン その1 低速(200kbps以下)で無制限

「無制限」にデータ通信を使えるプランをここで紹介していきますが、その前に1つお断わりしたい事があります。最近になってインターネット回線の中でも安定して高速が出ると言われている有線の光ファイバーにおいてもあまりにデータ通信を使い過ぎるユーザーには速度制限を行なおうとする傾向があります。

光ファイバーですらそうなのですから、簡単に回線を増やすことが難しい無線のLTEや3Gにおいても、回線の能力を最大にして24時間連続で繋ぎっぱなしにするようなケースではいくら「無制限」をうたうMVNOでもスピード規制される可能性は残り、あくまで常識の範囲で利用されることをお願いしたいと思います。

データ通信無制限のプランを紹介するというと、どうしても高速の無制限プランというのが頭をよぎると思います。しかし、現実的に物事を考えると高速クーポンはなくてもいいから適度なスピードでメールやLINEができればいいと思われる方もいます。昔からのインターネットユーザーは多くのMVNOで高速クーポンを使い切った際に規制される最大値200kbpsより遅いスピードでもインターネットを使っていたこともありました。そう考えると、テキスト中心のやり取りを安定して行なうためにはたとえ最大200kbpsの低速であっても安定して使えるならばそれでいいと考える方もいるのではないでしょうか。

MVNOの中にはたとえ低速での利用であっても、3日間で300万パケットを超えるとさらに低速に制限するところもあります。実は200kbpsというスピードでできることは多く、動画こそ快適には見られませんが、ラジオをインターネット経由で聞いたり、ダウンロードしないでストリーミングで音声を楽しむくらいのことは可能なのです。3日間での制限があるところではちょっとスマホを使ってラジオや音楽を楽しみたいと思ってもいつ規制を食らうか心配しながら使うことになるので、ここでは低速での通信を行なう限りはそのスピードで使い続けることのできる可能性が高いMVNOのプランを、月額の安いものから紹介します(料金は全てデータ通信専用コース(SMSオプション無し)、金額は全て税別)。

1.ロケットモバイル 298円から
2.FREETEL  299円から
3.ワイヤレスゲート 480円プラン 445円
4.楽天モバイル ベーシックプラン 525円
5.mineo Dプラン 500MB高速 700円
6.OCN モバイル ONE 110MB/日コース 900円

細かいところで漏れがあるかも知れませんが、いわゆる200kbps前後の速度で無制限に使えそうなMVNOを集めてみました。1のロケットモバイルは最初から低速無制限なので何もしなくてもいいのですが、2のFREETELを最安値で使うためには利用してから高速通信を100MB消費する前にホームページから低速固定の手続きをする必要があります。

3のワイヤレスゲートの最大速度は250kbpsと少し早く、さらにおまけ程度ではありますが専用アプリを導入したスマホに限っては本来有料の公衆無線LANを利用できます。

4の楽天モバイルは、制限の下限が200kbpsなのでそれ以上には下げようがないという形での無制限になります。ここではデータ通信SIMの価格を紹介していますが、音声通話プランとオプションの5分以内通話定額を付けて運用すると、通話だけでなくデータも無制限(低速ですが(^^;))の組み合わせで運用できます。

5のmineoはau回線を使うAプランの方が知られているかも知れませんが、au回線の場合、3日3GBのデータ通信を使うと規制される可能性が言われています。その点、ドコモ回線ではそのようなアナウンスはドコモからはないので、低速による通信に規制はかからないであろうと言えます。ただし、Aプランであっても低速で1日あたり1GBを使うのは大変だと思うので、ネットラジオを一日中流しっぱなしにするとか、そこまでの利用方法でなければ十分使い物になるのではないかと思います。

最後に6のOCN モバイル ONEですが、月に換算すると約3GB使える日毎110MBプランで高速クーポンを使い切ったり、専用アプリで低速に切り替えた場合の低速利用でそれ以上規制されることがありません。さらに日毎であっても翌日まで高速クーポンは繰り越しされるので、ラジオを聞く時にはあえて低速に切り替えるなどすれば、後で見たい動画があったりゲームで高速クーポンを使いたいような時に高速クーポンをまとめて使うような賢い使い方もできます。

後は、月間3GBの高速クーポンがあるプランが5と同じ月額900円前後で数多くのMVNOで提供されています。OCNモバイルONEの月間コースでも3日間のデータ使用料の規制はされませんので、まとめて高速分を使いたい場合は月間コースを選ぶという選択もできるでしょう。

なお、ここまで挙げさせていただいたMVNOの中にも高速クーポン付きのものがありますので、最安にこだわらずに自分の使い方に合ったプランを使いながら、低速無制限の使い勝手を確かめてみてください。

(追記)
少々紹介が遅れましたが、LINEとメール、ネット検索くらいしか使わないというなら「LINE MOBILE」のデータプランもおすすめです。この最安月額500円のプランでも、LINEに関するネット接続については高速クーポンの消費を発生せずに高速のまま使えるので、ある意味無制限と言えない事もありません。その他のネット接続については最安プランの場合は月1GBまでの制限があります。ただLINE上に大きな写真をアップロード・ダウンロードしたり、音声通話およびビデオ通話まで高速でできてしまうので、LINE命という方にはおすすめのMVNOです。

LINEモバイル


格安SIM・スマホ ブログランキングへ