カテゴリー別アーカイブ: ガラケーでMVNO

ガラケーの中にMVNOの格安SIMを入れて使う場合について考えます。

ガラケーでMVNOは使えるか? その4 無料通話付専用プランのSIMを入れる

ここまでは、スマホ用に音声通話だけでなくデータ通信のできるSIMをガラケーに入れても十分安く便利にガラケーで使えることがおわかりいただけたのではないかと思います。ただ、MVNOの中には最初からガラケーに入れることを想定した通話専用のSIMカードが存在しますので、その商品について紹介します。

それは日本通信b-mobileが提供する「携帯電話SIM」というもので、3G専用のドコモFOMAガラケーに対応しています。複数のプランがあり料金によって無料通話の時間が変わっています。ただ注意したいのは、大手携帯電話会社の無料通話分付きプランは無料通話分を使い切れなかった場合に翌月繰り越しができる仕組みがありますが、このプランでは余った無料通話分を繰り越しできません。具体的なプランの内容は以下の通りです。なお、通話料金は30秒20円(税抜 以下の表示も同じ)で計算しています。

・音声プランS 月額1,290円(無料通話分1,300円分付)
・音声プランM 月額2,290円(無料通話分2,700円分付)
・音声プランL 月額3,710円(無料通話分5,000円分付)

ここで、現実的に今まで紹介したプランと比較すると、データ通信に音声通話を付けたプランでデータ通信が使えないので、音声プランSの無料通話付きというのが安く維持できるもので通話もしたい場合には有効でしょう。また、こうした無料通話分を使ってSMSの送信もできるので、今までメールアドレスのあるキャリアメールでなく、電話番号に直接メールするSMSを主に使っている方で、通話はせずメール中心に使っている方は音声プランSの無料通話分で十分すぎるほど利用することができるでしょう。

こうしたことができるのは、今のところドコモの音声通話においては最新のスマホであってもLTEが繋がらない場所では3Gと呼ばれるFOMAの電波を使って通話するようになっているからです。ただし今後、3Gが停波しLTEの電波を使って通話するような形に変化した場合、今使っているガラケー自体が使えなくなります。

これはドコモではありませんが、auでは早いうちに3Gを停波し、LTEのみでデータも通話もするような方向を目指しているような話がネットニュースを読んでいると出てきています。

ただ、ここで話題にしているドコモについては「FOMAプラスエリア」と言って、山間部などでも通じることを売りにしたエリアがあり、このエリアを完全にLTEでカバーするためにはまだまだ時間がかかるのではないかと思います。つまりはまだまだ現行のガラケーで通話のみに使う用途というのはあり、ガラケーを2年契約前提で使わなくても、ここまで紹介したような方法でMVNOの音声通話付きSIMカードに入れ替えても十分使い続けることができます。各々の方の通話の状況によってどのプランが良いかというのは違ってくるでしょうが、あえてデータ通信は捨てて音声通話のみでMVNOを使っても結構使えるので、興味がある方はトライしてみてください。


格安SIM・スマホ ブログランキングへ


ガラケーでMVNOは使えるか? その3 通話定額のSIMを入れるおすすめは?

今回紹介する方法は、ガラケー単体でMVNOのデータ通信が使えないということから、あまり賢い選択とは言えないかも知れません。ただ、MVNOの音声プランは端末の購入が関わらなければ1年間使い続けるだけで他の通信会社に自由に移動できるようになるため、1年後にすぐに解約したりMNPする予定がある方は多少携帯電話会社と比べて毎月の利用料金が高くてもデータ通信での利用をあえて捨てて通話だけ使うというのも有りといえば有りかも知れません。

ここでターゲットにするのは、定額通信を望んでいる方がガラケーにMVNOのSIMを入れて使いたいと思っている方です。ちなみに、現状ではガラケーで使える24時間ずっと通話定額というプランはこの文章を書いている段階では行なっているMVNOはありません。そこで、5分以内の通話なら定額というプランのあるMVNOについて紹介していきましょう。

5分以内定額というプランは、大きく分けて2つの流れがあります。というのも、MVNOは回線を借りているということもあり、そのままの状態で定額を実現するのは難しいのです。MVNOが定額通話サービスを行なうケースの主流と言えるのは、相手の電話番号の前に特定の番号を付けて、NTTdocomoから借りている回線を使わないことで5分以内の定額を実現している「楽天でんわ」「FREETEL」「OCN モバイル ONE」「IIJmio」のような「プレフィックス通話」を使う方法です。

このプレフィックス通話というのはガラケーで使うにはめんどくさいと思われるかも知れませんが、ガラケーの中には設定でその特定番号を自動的に付けてダイヤルするかしないのか発信時に操作することのできる機能が付いた機種であれば、通話する前の確認は必要になりますが、スムーズに電話することは可能です。さらに、上記のどのMVNOでも、プレフィックス番号を付けた電話は5分を超過した場合の通話料は普通の場合の半額になっていますので、5分以上の通話をしばしばしてしまう場合でも、通話料を安く抑えることができます。

ただ、そうは言っても電話を掛ける前にいちいち通常発信かプレフィックス発信かを考えて切り替えながらするのはめんどくさいと思われる方もいるでしょう。また、ガラケーの取り扱い自体も怪しいような人に持たすような場合は、せっかくプレフィックス通話の方法を教えてあげても、直接電話番号を入れてしまい、後から来る請求書を見てびっくりするなんてことも起きてしまうかも知れません。

しかし、細かい事がわからない人でもとにかく5分以内で電話を切れということだけ守ってもらえば、定額で安くなるものはあります。実はMVNOの中にはプレフィックス通話を使わずに相手先の番号をそのまま掛けても5分以内の通話が定額になるオプションを提供しているところがあります。それがDTI SIMの提供するサービスです。

ガラケーで主に使用する場合は高速データの量はいらないので、一番クーポンの量が少ない1GBの音声プランに定額オプションを付ける方向で考えてみます。なお、DTI SIMはキャンペーン期間には基本料金を割引く事をデータ通信量が多いプランでのみ行なっている場合がありますが、ここではあくまでいつ契約しても変わらない基本的なプランで紹介します。キャンペーンの内容によっては以下の料金より数ヶ月間は安く維持できる場合もありますので、その点についてはDTI SIMのホームページから最新の情報を仕入れておくことをおすすめします。

・DTI SIM 1GB 音声プラン 1,200円(税抜 以下同じ)
・通話オプション でんわかけ放題 780円

これらの合計である1,980円がMVNOで普通の5分以内定額通話を行なう場合にかかる料金です。DTI SIMはドコモの回線を借りて使っているため、データ通信が使えなくても安い金額でガラケーによる5分以内定額を実現することができる裏技とも言えるかも知れません。

ガラケー単体で通話のみの契約(ドコモの場合)は24時間通話をどれだけしても月額2,200円(ガラケー独自の価格)というものがありますが、そこまで通話定額はいらないから安く手軽に使いたい場合は、DTI SIMのプランの組み合わせが多少安く使えますし、SIMをスマホやドコモ以外のガラケーに差して使うと2,200円が2,700円の請求になってしまうような事もDTI SIMの場合にはありません。

さらに、データ通信を使うためにモバイルルータに差し替えたり、スマホや通話のできるタブレットに差し替えてもカード自体の大きさの違いで入らないという事でもなければ、一枚のSIMカードを差し替えて通話専用にも通話+データ通信にも、さらにデータのみにも使えますので、将来的にスマホを使ってみようと思いつつガラケーを使っている方にも有効なプラン選びではないかと思います。

DTI SIM


ガラケーでMVNOは使えるか? その2 待ち受け専用の最安プランに一工夫

前回のエントリーで、MVNOの提供するSIMカードはガラケーでも使えるものの、使えるのは音声通話とSMS送受信のみであることはご理解できなのではないかと思います。その上で、データ通信は使えないということを考慮しても、それなりに安い上に音声通話SIMの場合最大1年間という、携帯大手ほどの縛りなしで待ち受け用の音声SIMを使う方法について考えてみます。

ちなみに、携帯大手三社でガラケーを使っている場合、月額の最安というのは音声通話の無料通話分はなく(通話料金は30秒20円とMVNOのほとんどのプランと同じ)、キャリアメールが使い放題であるメール放題プランの月額743円(税抜 以下の表示も同じ)だと思います。長期契約者割引を使うと更に安くなるケースもありますが、SIM単体での契約は難しく、さらに2年継続利用を承諾するとこの月額になります。

このプランは過去には全ての自分に来るメールを転送させたり、ガラケーで撮影した写真をケーブルを使わずにパソコンに転送させたり便利ではあるのですが、電話もメールもほとんどしないなら、これから紹介するMVNOの出しているプランでSIMだけを契約してガラケーに入れて使うというのもありでしょう。金額的には以下の2つのMVNOのプランがおすすめです。

・So-net 0SIM 700円
・@モバイルくん。 使ったぶーんだけプラン 800円

どちらのプランにも、音声通話の他にデータ通信がこの料金で500MBまで使えるようになっているのですが、うっかりしてこの量の超えるほど使ってしまうと追加料金が必要になります。しかしガラケーで使う分についてはデータ通信を使うことがそもそもできないわけですから、こちらから通話を一切しないで待ち受けだけにして使うことを徹底すれば、携帯電話会社のプランより安く音声通話のできるガラケーを維持できるというわけです。

ただ、紹介した2つのMVNOはどちらもドコモの回線を使っているので、ドコモのガラケーを使っている方限定になります。auやソフトバンクモバイルの場合はここまで安くなりませんので、本格的にMVNOに乗り替えようと思った場合は中古でも大丈夫なのでドコモのガラケーを入手するようにしましょう。

紹介した2つのMVNOのうち、「0SIM」については2016年8月から日の末尾に「0」の付く日にしか新規契約を受け付けないようになっています。できるだけ安くSIMを手に入れたい場合には申し込みをする日にも気を付けましょう。

さて、もしガラケーの中のSIMをこうした格安SIMに変えた場合、いくら待ち受け専用だとは言ってもどうしてもこちらから掛ける必要のある場合もあるでしょう。その場合、やはり30秒20円の通話料は高いので、通話料が使った分だけ半額になるプランを最後に紹介しましょう。

ガラケーの機能の中にプレフィックス番号を相手の番号の前に自動的に付けて発信できる機能の付いたものがあります。電話番号を登録することで「楽天でんわ」のようなプレフィックス番号を付けてダイヤルすることで通話料を半額にするサービスが使えるようになりますので、自分の番号で申し込み、電話機にも登録してこちらから発信する場合は安い通話料で利用できるようにしておけば更にお得に使うことができるようになるでしょう。

MVNOであっても電話番号をそのままで移行できますので、月額が安く、さらに長期間の縛りもなくいつでも解約でき、移転できるというメリットのあるMVNOに変えるのは、データ通信が全く使えなくてもかなりのメリットがあるのではないかと思います。

・So-net 0SIM
http://lte.so-net.ne.jp/sim/0sim/

・@モバイルくん。
https://www.mobile-kun.jp/


格安SIM・スマホ ブログランキングへ


ガラケーでMVNOは使えるか? その1 通話は使えてもデータ通信は使えない?

格安SIMという言葉はかなり一般的に使われることが多くなって、スマホを使っている人はもちろん、ガラケーを使っている方の中にも格安SIMやMVNOに興味を持たれる方も少なくないでしょう。スマホについては中に入っているSIMカードを取り替えることで安く通話もデータ通信も使えるようになりますが、ガラケーをそのまま使いたい場合はどうなのでしょうか。この事について説明するのに、まずは日本の携帯電話の独特な進化の内容について理解しておく必要があるでしょう。

日本での携帯電話は自動車の中で使える自動車電話から始まりました。その後、車でも外でも使える「ショルダーフォン」が現れ、その後、肩に背負わなくても良くなった「携帯電話」が登場しました。当時はデータ通信などはなく、その後の端末で電話単体で利用できたのは相手の電話番号に直接メールを送るSMSだけでした。

ただその後、出てきたのが充電用の端子を利用してファクシミリを送ったり、パソコンに接続して簡単なデータ通信ができるセットが出てきましたが、ただでさえ高い通話料がデータ通信をしている間かかるということで、いつでも手軽にできるものではありませんでした。まだ、パソコンを使ってのネット接続が本流だった時代の話です。

そこに出てきたのが携帯電話専用のインターネット接続である「iモード」でした。この仕組みは携帯電話専用の閉じられたインターネット接続の仕組みで、今のガラケーはこの仕組みを使っています。

同じような仕組みはドコモだけでなくau(EZweb)、ソフトバンクモバイル(S!ベーシック)のように携帯電話会社独自のネット接続の仕組みが整備されることになりました。

各々の会社では自前のサービスを前面に押し出しSIMロックもかかったガラケーを販売していたので、auのガラケーでiモードを使うように、他のデータ通信手段を使うことができないようになっています。これはドコモ系列の回線を使っているMVNOのSIMカードをドコモのガラケーに入れた場合でもデータ通信については同じです。ただし、同じドコモから提供された音声SIMをガラケーに入れれば、通話だけはできるようになっています。同様に、auやソフトバンクモバイルでMVNOのSIMカードが有れば、同じ会社のガラケーに入れれば基本的に音声通話はできます。ただし、新しいサービスであるLTEを使ったauのVoLTE対応のガラケーは、VoLTEに対応するSIMカードでないと使えませんのでその点にはご注意下さい。

とにかく、音声通話を除き、ガラケーでメールやウェブブラウザを使ってネット通信ができるのは、ガラケーを販売している携帯会社が行なっている携帯電話専用の通信サービスを使わないとダメなようになってしまっているということをまずはご理解していただきたいと思います。

なぜそんな風になってしまったかと言うと、iモードのワク組みの中でサービスを提供することによって、利用料金を毎月支払う携帯電話料金から取ることができるので、様々な携帯電話専用通信でのみ利用できるサービスがネット課金の中心として一つのビジネスモデルになったことと無関係ではないでしょう。

今のスマホでは無料でYahoo!ニュースを読んだり、LINEの提供するLINEニュースで無料で受けることができますが、iモードなどガラケー専用サービスでは月額いくらというように情報料を取っていたので、いかにiモード対応のサービスを多くの人に使ってもらうかということで様々な業者が参入してきました。これはある意味おいしい利権であるので、長い間こうしたビジネスモデルが続く中、ガラケーは文字通りの「ガラパゴス化」することになってしまったのです。

この状況はスマホが普及するまで続くのですが、今のスマホにもある携帯電話でも使えていたキャリアメールの使えるサービスに月間300円(税抜)の利用料が取られるのはこの頃の名残りでもあります。個人的にはiモードのように一般のインターネットとは違う、幅広いネットサービスも使えないキャリアメールの送受信のためだけなのに(MVNOではこうしたネット使用基本料のようなものは一切ないのに、携帯大手3社では一応この300円がないとスマホでインターネット通信ができないものとして料金が徴収されています)、ガラケーのiモードと同額かかるというのは少々解せないのですが、今でもガラケーでSMSでないキャリアメールおよびデータ通信を行なう場合はMVNOのデータ通信では使えないということをまずは理解しましょう。


格安SIM・スマホ ブログランキングへ