カテゴリー別アーカイブ: ゲーム用途でMVNO

ゲーム用途でMVNOを契約しようと思っている方のために、ゲームごとに必要なSIMはどれがいいのか考えます。

ポケモンGOに適したMVNOプラン その4 汎用プランでのおすすめは?

鉄は熱いうちに打てと言いますが、前回まで紹介してきたポケモンGOを使って遊ぶ人に向けたデータSIMプランは、インパクトはあるにしてもサービスの展開が遅れていたりして、なかなか完全にはうまくいかないようなところも垣間見えたりします。

今後、ポケモンGO自体の人気がずっと続くかどうかもわからない中で、専用のプランに改めて入りたくないという方もおられるかも知れませんし、そもそも一時間あたり10MB程度のデータ量で十分遊ぶことができると言われていますし、あえて専用のプランでなくて今あるMVNOのプランの中からポケモンGOのデータ通信の仕組みに合うものでもいいのではないかという考えもあるでしょう。

四六時中ずっとゲームをしていたいという方ならゲームをしている間のデータが常に高速で使えることにめりっとはあるでしょうが、時間の制約がありそうは毎日使っていられないというなら、いろんな考え方があります。

基本的に地図の上をポケモンを探しながら歩き回るだけならあえて高速通信は必要ないと言われているので、最安料金を誇るロケットモバイルの「神プラン」は低速で無制限にデータ通信できることから、月額298円(データ通信のみ 価格は税抜 以下も同じ)で楽しむことも可能ですが、バトルもするとなると、途中で表示が遅くなったりする可能性があるので、高速と低速をスマホ用のアプリで切り替えることのできるMVNO全般で便利に使えるようになると思います。

つまり、普通にポケモンを探している時には低速にしておき、バトルを行なう前に高速に切り替えて使えばいいということです。そうした切り替えがめんどくさいという場合、休みの日などにポケモンGOをやり過ぎて一月分の高速クーポンを使い切って悲しい思いをしないために、OCN モバイル ONEの1日110MBコースはいかがでしょうか。
ポケモンGOのデータ消費量の1時間10MBという風に考えると1日110MBでも相当使えますし、その日に使い切れなかった分は翌日に繰り越しができるようになっています。これなら、あえて高速と低速の切り替えをしなくても十分ポケモンGOで遊ぶことはできるでしょう。

もちろん、高速クーポンをポケモンGO以外でも使うことがあるなら専用プランで使う方がメリットが出てくるかも知れませんが、今後いつまで使うかわからないながらもゲームをやるだけやってみたいという場合には、案外こうした汎用プランを工夫して使う方が後の事を考えると得になるかも知れません。

OCN モバイル ONEは音声通話の最大5分の定額オプションも開始され、初心者にとっても使いやすいMVNOであると言えます。迷ったらまずこの1日110MBコースを基本に考えてみてはいかがでしょうか。




格安SIM・スマホ ブログランキングへ


ポケモンGOに適したMVNOプラン その3 DTI SIMノーカウントβ とは?

通常プランとは別のプランでポケモンGO専用のプランを出してきたのがDTI SIMです。基本的には高速クーポンが5GBあるものの、ポケモンGOを起動して使っている限り、ゲームに関してデータ通信を使っても契約開始から1年間は高速クーポンは減らないというのが「DTI SIMノーカウント」というプランです。

予定では日本でポケモンGOのサービスが開始されればすぐにサービス開始になるはずでしたが、サービスの開始が遅れています。ホームページの発表によればサービス開始は今秋からと、肝心な夏休み期間に提供できないという状況になっているようです。

この状況を打破するために、DTI SIMでは「DTI SIMノーカウントβ」という、プラン名に「β」という文字を付けた仮のプランを発表しました。これはあくまで本プランが登場するまでのつなぎのプランという位置付けですが、意外とメリットのあるプランになっています。

というのも、本プランは高速クーポンが5GBなのですが、現状ではポケモンGOのヘビーユーザーならその5GBを使い切ってしまうことが予想されるので、さらに高速クーポンを上乗せして合計10GBを普段のデータ通信とポケモンGOで使い分けてくれというものになっています。

価格についても当初の本プランから据え置かれていて、以下の通りになっています。

・データプラン 1,220円/月(税別 以下も同じ)
・データSMSプラン 1,370円/月
・音声プラン 1,920円/月

月間10GB高速クーポンが使えるプランとしては割安な料金だと言えるでしょうが、10GBが安いからといってポケモンGOをしない人が加入するのはおすすめできません。というのも、本プランの提供が始まればこのプラン自体が終了になり、順次新プランに移行することになります。その際、高速クーポンは基本の5GBに戻ります。

また、DTI SIMでは3つのプランのうち1年間の継続利用が条件の音声プランに加入した方を対象に、モバイルバッテリーをプレゼントするキャンペーンを行なっています。長くゲームを続ければ続けるほどスマホの電池を消耗させるのがポケモンGOということなので、こうした試みは有難い事です。ただ、利用確認できた時から発送までは約一ヶ月かかるとのことなので、早目に申し込んで本プランに移行する時期にバッテリーも使えるようになるという感じになるかも知れません。

ここまで、ポケモンGO用に用意されたSIMカードのプランを紹介してきました。どのプランが利用形態に合うのか、まずはご自身なり実際に遊ばれるお子さんの状況を考えながらどのプランにしたらいいのか考えてみましょう。

DTI SIM


ポケモンGOに適したMVNOプラン その2 FREETELでは「定額プラン」がお得?

ポケモンGOのために対策したプランということではありませんが、契約ユーザーに向けてポケモンGOをプレイするユーザーへのサービスを発表したのがFREETELです。というのも、普通の使い方ではゲームをすればするほどデータのダウンロード量が増え、さらにそれが高速クーポンを使っていた場合には高速クーポンが減っていくことになるわけです。

しかし、FREETELはどのプランにおいても、ポケモンGOで使ったデータについては高速クーポンを減らすことなく利用することができるという変更を、2016年8月下旬から9月にかけての間にサービス開始することを発表したのです。

この文章を書いているのが8月上旬なのでまだ少し時間がありますが、今後お安く快適にポケモンGOを使いたい場合、サービス開始前にFREETELに加入しても自動的に適用になるそうなので、ある程度先走っても大丈夫です。ただその際に考えなければならないのは、数々あるプランの中で何に入るべきかということでしょう。

ここではあくまでゲーム専用に近い形で利用することを考えると、最安299円(税抜価格 以下同じ)から利用できる「使った分だけ安心プラン」だと、スマホにインストールしたアプリから高速と低速を切り替えられるにしても、いちいち切り替えるのがめんどくさかったり、切り替え忘れていて非ポケモンGOの時間帯にも高速クーポンを消費することによって思わぬ料金(といっても最大10GBまで2,420円・非キャンペーン時の料金で計算)がかかってしまいます。

FREETELの料金プランにはもう一つ、高速クーポンのデータ量の上限をまず決めてから加入できる「定額プラン」があります。最安の月1GBのプランは以下のようになっています。

・データ通信専用 499円
・SMSオプション付 639円
・音声通話とSMS付 1,199円

このプランなら、常に高速クーポンを使う設定にしていて、すぐに高速クーポンを使い切ってしまっても、ポケモンGOを使う時だけは高速通信を使ったゲームを楽しむことができるようになります。

さらにFREETELでは、ポケモンGOを快適に利用できる端末を「ポケモンGO」対応スマートフォンとしてホームページで紹介しています。加入時に対応機種を同時に指名買いすることも可能になるので、何も用意のない中でポケモンGOを遊びたいと思っている方は検討する価値のある話でしょう。

ちなみに現在は、「FREETEL REI 麗」と、「KIWAMI 極」が「ポケモンGO」対応スマートフォンとして紹介されています。ジャイロセンサーが付いている機種がこの2機種だけということなので、少なくともこれらのスマホを選べばストレスなくゲームを楽しめるようになるでしょう。

ポケモン探しだけでなくバトルさせたりして思い切りゲームを楽しめる中では紹介した定額プランの高速クーポン1GBまでのプランが一番安いものであるかも知れません。ただ、まだFREETELでのサービスはこれを書いている時点では開始されていないので、先に加入して使われる場合は、サービス開始のアナウンスが出る時点までは思い切り遊ぶのは控えるようにしないと、すぐに高速クーポンを消費して低速規制されることはほぼ間違いないのでご注意下さい。

・FREETEL
https://www.freetel.jp/


格安SIM・スマホ ブログランキングへ


ポケモンGOに適したMVNOプラン その1 専用プリベイドb-mobileの「ゲームSIM」

無料でダウンロードでき、誰でも利用できることでスマホ用のゲーム「ポケモンGO」はすでに相当多くの人がゲームを楽しんでおりまして、今後自分のスマホでも使いたいと思っている人まで含めると、スマホを持っている人のほとんどがプレイするのではないかと思われる勢いです。

そこで、これからポケモンGOをスマホで楽しみたい方に向けて、いくつかのMVNOのプランを紹介していきたいと思います。まずは、最初から極端すぎて初心者にはおすすめできない可能性もありますが(^^;)、データ通信が「ポケモンGO」でしか使えないというゲーム専用の名前も「ゲームSIM」という製品の紹介です。

この製品は毎月の契約が必要でないプリペイドタイプのSIMカードの形で提供されているもので、料金は1,500円(税抜 以降も同じ)で、設定すればそのまま使えるようになります。

このSIMの仕組みは、ポケモンGOでやり取りされるデータ通信が1GBに達するか、利用開始してから30日間が経過するまで使い続けることができます。ゲームに使うデータが無制限で使えるわけではありませんが、ポケモンGOというゲームは、歩いて地図上を移動していくもののため、バトルをしないでポケモンをゲットするだけなら1時間続けてプレイしても10MB程度のデータ消費量という報告もあります。

もし30日間経過したり、1GBを越えるデータ通信をしてしまった場合、10日以内に改めて500円をチャージすれば購入時の利用量を改めて使うことができるので、4ヶ月間使って利用総額が3,000円となり、他のMVNOのプランの初期費用に匹敵します。

自分のゲームの向き合い方が、一時期に集中して遊び切ってしまうタイプならばこうした期間限定でゲームだけに集中できる環境を作ることのできるプリペイドSIMの利用もいいのではないかと思われます。そして、このポケモンGOというゲームは電池の減りが半端ないほどひどいことでも有名になってしまったので、使い古しのスマホでポケモンGOが使えるスマホを持っているならば、思い切って通常使っているスマホにはポケモンGOをインストールしないで、使い古しのスマホの方をポケモンGO専用機として使い分けるには最適なSIMカードでしょう。

また、考え方によってはまだスマホの扱い方に不安のあるお子さんにポケモンGOを使わせる場合に、勝手にメールやLINEメッセージを送ったり送られたりされる心配もなくゲームに集中させることでメリハリを付けてゲームをさせることもできるでしょう。具体的にポケモンGOが楽しめるスマホについてはネット上で調べた上で、中古白ロムを購入し、「ゲームSIM」のパッケージも手に入れたスマホに入れるSIMカードの大きさがmicroSIMなのかnanoSIMなのかを十分確認した上で購入するようにしましょう。


格安SIM・スマホ ブログランキングへ