カテゴリー別アーカイブ: 安さを追求

通信費をとにかく安くしたい人のために、とにかく安いMVNOのプランを紹介します。

とにかく安い契約内容を考える その2 音声通話付プラン

音声通話料付きのプランについて紹介していきますが、これから紹介するプランはあくまで全く発信をしない毎月の基本料であることをまずはお断りしておきます。いくら基本料が安くなったとしても、毎月の通話料が高くなると単純に基本料が安ければいいとはいい難い面があることも事実です。

その際、ぜひ検討していただきたいのは、スマホのアプリを使って電話番号の前に特定の番号を付けて掛ける「プレフィックス方式」の電話サービスです。このサービスは音声電話の番号をNTT以外の専用回線を介して通信するもので、通話料はおおむね半額に設定されています。このサービスは、MVNOの料金と同時に請求される業者独自のサービスとして提供される他に、どのMVNOであっても別に契約して利用できるものがあります。後者の場合は、電話番号が変わらないで他社に転出するような場合なら番号が変わらない限り同じように利用できますが、前者の場合はたとえ電話番号が同じであってもMVNOを乗り換える度に契約のやり直しが必要になります。

どちらのサービスを選ぶかというのは、実際にどのMVNOを選ぶかによって変わってきます。それでは基本料金別に具体的なMVNOを紹介していきましょう(金額表示は全て税抜き)。

1.So-net 「0 SIM」 月額700円から
2.@モバイルくん。 月額800円から
3.ロケットモバイル 月額948円から
4.FREETEL SIM 月額最低999円からの運用可
5,DMM mobile ライトプラン 月額1,140円から(高速クーポンなし)通話アプリ有り
6,イオンモバイル 月額1,180円からで高速クーポン500MB付
7,ワイヤレスゲート 月額1,204円からでWi-Fi付 低速250kbps
8.楽天モバイル 月額1,250円から(高速クーポンなし)通話アプリ有り

データ通信専用SIMと比べて2つの業者を増やし、8番目まで挙げてみましたが、データ通信専用プランとはちょっと変わっています。具体的には、以下の2点です。

・新たな業者が入ってきた(「@モバイルくん。」「楽天モバイル」)
・音声通話プランを付けると安くなる業者がある(「DMM mobile」「イオンモバイル」)

「DMM mobile」については音声通話プランをセットすることで安くなっているだけですが、「イオンモバイル」については、音声通話プラン専用で高速クーポンが500MBのかわりに安くなるプランを紹介していますので、全てデータ通信専用プランと同じではありませんのでご注意下さい。

そして、新たな業者として出てきた2つの業者のうち、「@モバイルくん。」は音声通話付きのSIMを考えながら低速でいいからデータ量を気にせずにネットを楽しみたい場合にはその安さは「0 SIM」にひけを取りません。ただ、ほとんどデータ通信は使わず、必要な時だけ少量(月500MB未満)使えればいいというのなら「0 SIM」の安さがダントツであることには変わりありません。

そして、今回あえてランクを広げてまで紹介するのが「楽天モバイル」の一番安い「ベーシックプラン」です。データ通信は低速(最大200kbps)固定ですが、「楽天でんわアプリ」からの発信なら通常の半額で発信できるだけでなく、月850円のオプションを付けて月額2,100円の支払いにすると、1回5分以内の通話を同時に利用する「楽天でんわアプリ」からの発信なら、全て5分以内の通話に収められればそれ以上の通話料はかからない定額通話が利用できるのです。

この、「楽天でんわアプリ」というのは「楽天モバイル」に加入しないと使えないわけではなく、このようなサービスを提供していないMVNOでも利用可能です。ただし、他のMVNOとの組み合わせでは1回5分以内の通話を定額にするオプションは使えません。待ち受け専用としてだけではなく発信も頻繁に行なう方が、できるだけ通話料がかからないよう安くしたいという場合、現状では「楽天モバイル」の音声通話付きの契約をして、状況に応じて定額オプションを付けるというのも一つの考え方です。

ただし、毎月の基本料と通話料との合計が2,100円を超えないのであれば、1から6までのMVNOで契約して、別に通話サービスの契約をした方が安くできるということもあります。いくら通話するまでなら安くなるかという点については、この月額2,100円というものがポイントになりますので、利用される場合はその金額を意識して使われるのがいいと思います。

「楽天モバイル」の他に通話専用アプリを提供しているのが「DMM mobile」の「DMMトーク」で、こちらも「DMM mobile」加入者でなくても無料で作れる自社アカウントがあれば加入が可能になっています。その他、どのMVNOでも加入できる「プレフィックス方式」のサービスでは「G-Call」もあり、こちらの通話料は同じ30秒10円でも非課税なので、通話の回数が多ければ多い程、通話料に差が出る可能性が出ますので、あくまでこうした料金の事を気にする場合には、選んでみても良いサービスではないかと思います。最後に、ここで紹介した電話サービスへのリンクを紹介しておきます。もちろん、他にも同様のサービスはあるのですが、細かいサービスの内容についてはリンク先からご確認下さい。

・DMMトーク
http://mvno.dmm.com/talk/
・G-Call
https://www.g-call.com/
・楽天でんわ
http://denwa.rakuten.co.jp/

(追記)
2016年3月25日から「FREETEL」が「楽天モバイル」を意識した通話定額パッケージを限定10万個売り出す事になったそうです。このプランは「5分定額」を月額840円で、さらに短い「1分定額」を月額399円のオプション料金で利用できるようになります。細かい通話サービスの違いはありますが、安く通話もデータも楽しみたい場合には現状でのベストチョイスと言えるかも知れません。


格安SIM・スマホ ブログランキングへ


MVNOの安いプランを追求 その1 データ通信専用SIM

目的別のMVNOの選び方ということでこれから色々書いていく予定ですが、最初には一般的に安いと言われているMVNOの中でも更に安いプランについて、様々な内容別に紹介していきます。まず初めは最安の中の最安と言っていい「データ通信用SIM」です。

まず、何のオプションも付かないデータ専用SIMですが、2016年5月現在で、以下のような状況になっています。(金額は全て税別での価格です)
1.So-net 「0 SIM」 月額利用料0円での運用可
2.ロケットモバイル 月額298円の「神プラン」で運用可
3.FREETEL SIM 月額最低299円での運用可
4. DMM mobile ライトプラン 月額440円で固定(高速クーポンなし)
5,ワイヤレスゲート 月額445円でWi-Fi付 低速250kbps
6,イオンモバイル 月額480円で高速クーポン1GB付

月額500円以上となるとまだまだ沢山あるのですが、この6通りだけ見てもどれを選べばいいか迷ってしまいそうです。なお、詳しい解説についてはブログ内のカテゴリのページにリンクを貼っていますので、参照してみて下さい。

一通り内容を見ていただけばおわかりかと思いますが、1の「0 SIM」は高速データ通信が0円で使えるものの、データ通信量が500MBを超えた時点で課金が始まります。2のロケットモバイルは、最大200kbps固定での提供です。3のFREETELについては、100MBまでの高速データ通信量なら299円ですが、その金額を維持するためには自分で高速通信を切らなければなりません。操作自体は簡単ですのでそれさえ忘れなければ低速ですが安定して使い続けることができます。

1や3のように自分でデータ通信量を管理したり高速と低速の切り替え作業をすることが難しい場合は2・4・5・6の中から選ぶことになりますが、最安なら2、マクドナルドでWi-Fiを使うパターンをよく使うなら5、安く済ます上に高速クーポンも使いたいなら6ということになりますが、どのプランにもいいところがあり、選ぶのに迷いそうです。

データ通信専用のSIMを使うケースではそのままスマホなどの端末に入れるパターンの他、モバイルルーターに入れて幅広く使うのもおすすめです。個人的におすすめなのは、NECのモバイルルータ「MR04LN」の中に入れて使うことです。このモバイルルーターはmicroSIMが2枚入り、さらに各々のSIMカードのデータ量をコントロールすることができます。例えば、「0 SIM」のカードを「MR04LN」に入れて運用する場合、500MBを超えないよう450~480MBあたりに月間利用量をセットし、この数字を超えるデータ通信をしそうになったら自動的にストップするようにしておきます。

そうすればモバイルルーターが誤作動をしなければ、「0 SIM」を使った毎月0円でのデータ通信SIM運用ができます。ただ、月半ばで0円で使えるデータ量を使い切ってしまう事を考え、2つあるモバイルルーターのスロットのうち空きスロットにもう一枚のデータ通信SIMを入れるのです。高速通信が必要なければロケットモバイルやFREETEL SIMを入れれば2枚のSIMでも月300円程度で500MB未満の高速通信を使いながら低速で使い続けることができますし、もう少し多く使いたければ、高速クーポンが1GBあるイオンモバイルのSIMカードを使って月480円で維持するというパターンもできます。

ただ、ワイヤレスゲートのWi-Fiについては、スマホやタブレット端末にインストールするアプリの入った端末でしか使えないようになっているので、上記のような組み合わせで2枚使うというのが、安くてしかも意外と使える組み合わせになるのではないでしょうか。

次に、「SMSオプション付き」のSIMカードについても見ていきましょう。といっても、SMSオプションを付けて

1.So-net 「0 SIM」 月額150円から
2.FREETEL SIM 月額最低439円での運用可
3.ロケットモバイル 月額448円で運用可
4.ワイヤレスゲート 月額584円でWi-Fi付 低速250kbps
5,DMM mobile ライトプラン 月額590円で固定(高速クーポンなし)
6.イオンモバイル 月額620円で高速クーポン1GB付

2と3および4と5がデータ通信専用SIMと逆転していますが、これはSMSオプションの価格に違いがあるためです。3のワイヤレスゲートのホームページの表記が「SMSオプション」まで税抜表示だったため、実際は消費税込みの価格になると順番に上下が出てくるかも知れませんが、だいたいのこのような感じになります。

とにかく安く維持したいなら、「0 SIM」にSMSオプションを付けて全ての端末で「セルスタンバイ問題」が起きても大丈夫なように持っているのもいいかも知れませんし、2.3なら月額500円以内でSMSが使えるSIMカードが持てるということで、とにかく安く、さらに低速でも使えるSIMが欲しい場合にはありかも知れません。

もちろん、これ以外にも月額千円まで出せるなら更に様々なプランのSIMを選ぶことはできます。ただ、ここで紹介したプランは相当安く維持することができるので、ここからスタートして新たなプランを選んだとしても解約しないで古い端末に入れて使うなどのことが気軽にできるというのもポイントです。


格安SIM・スマホ ブログランキングへ