カテゴリー別アーカイブ: 複数枚SIMプラン

複数枚のSIMカードを効率良く使う方法 その6 低中高無制限プランの組合せ

とりあえずこのカテゴリーでの話はここで打ち止めとしますが、今回は3枚のSIMカードを状況によって3人で入れ換えながら使うことも考えてみます。というのも、ここで紹介しようと思っているのが、MVNOの高速・中速・低速での無制限プランをそれぞれ契約する方法だからです。速度の違いこそあれ無制限に使えるということで、細かなデータ通信量の管理は必要ありませんし、途中から使う人が変わっても何の問題もありません。

まず高速無制限を選ぶにあたって、どこがいいかということですが、ここが一番困ります。というのも、純粋な意味での無制限というのは存在しないからです。時間や地域によって速度低下が起こるのは仕方ないとあきらめ、いちいち高速クーポンの残りを気にしないという方は、b-mobile、U-mobileの無制限のプランか、ぷららモバイルとワイヤレスゲートの3Mbps無制限あたりから選ぶことになると思います。

また、毎月の利用料を計算できる方なら30GB以上の高速クーポンがあるプランを選んだ方がいい場合もありますが、ここはあえて無制限のプランの中から選んでみましょう。

中速については、データ通信専用のSIMで良ければWonderLinkの最大700kbpsのプランか、利用者が少なく速度がカタログ値より上がることが期待されるUQmobileの最大500kbpsのプランあたりがいいでしょう。同じく中速のTONEモバイルについては、端末とのセット購入が必須でさらに2年間の契約期間前に解約すると解約金が別にかかるため、お試しで入ってうまく中速でのインターネットができなかったら乗り換えということができないのがきついですね。同じ500kbpsではocn モバイル oneのプランは10GBで無制限ではないのが残念です。

低速については、基本的にはこのブログでは何回も紹介してきましたFREETELを低速固定にして使う方法や、近くにWi-Fiスポットがあればワイヤレスゲートの480円プラン、5分間通話の定額に興味があるなら楽天モバイルのベーシックコースに通話とオプションをセットするという方法もあります。料金のサービスのバランスが取れた良いプランがそろっている感じですが、高速通信が使えないことがネックになるような方は低速無制限を選ぶメリットはないと思います。

こうして高速・中速・低速の3プランを並行して使っていくと、恐らく高速といってもそれほと速くていつでも動画が見られるクオリティに欠けるとか、低速だと莫迦にしていた速度が、言うほどひどすぎるわけでもないということがわかっていただけるのではないでしょうか。

あえて高速中速低速無制限を揃えて契約した後の利用方法としては、例えばお子さんに高速プランを最初に使わせておいてその実効速度の違いを感じさせながら、低速でもいろんなコンテンツが使えるということに気付かせ、結局は中速のまんべんなくスピードが出る妥協プランの良さに気付かせることもできるかも知れません。

だいたいここまで紹介したプランの合計は、データ通信だけなら充分1万円以内で収まりますし、一通り料金とスピードの違いを感じた後で、ここまで紹介してきた別のプランに変更することももちろんできます。初めてMVNOを使う人の反応も見ながら一番最初にこの組み合わせを導入して、果たしてどのプランが自分の使い方に一番合っているのかということを考えるとっかかりにもなるでしょう。そういう意味では、この高中低速無制限を全て網羅した3枚持ちというのは、今の格安SIMの実力を見るにはいい組み合わせだと思うのですが。

ここまで長々と書かせていただきましたが、一番最初に書かせていただいた通り3枚のSIMカードを契約する場合は一つのプランにSIMを追加することをまずは考えがちになりますが、そうではない独立したプラン契約を3つすると考え方を変えるだけでその組み合わせは無限に出てきます。こちらの想定していない場合にはもっといい組み合わせが出てくるかも知れませんので、ぜひ皆さんにとってベストな組み合わせを探してみて下さい。


複数枚のSIMカードを効率良く使う方法 その5 使った分だけと繰り越し可の組合せ

データシェアの仕組みというのは、家族の間で使える高速クーポンを分け合うというものですが、いつも高速クーポンをそれほど消費しない人にとっては、毎月残った高速クーポンをヘビーユーザーの家族に取られるだけでメリットも何もありません。

そこで、そういう人には元々の基本料が安く、自分が使う量に応じて課金されるようなプランにした方が家族間の不公平感はなくなるでしょう。そんな中で候補に上がるのは「高速クーポンを使っただけ課金される」プランの存在です。

データプランだけなら、低速だけに限定すれば税抜299円/月で使えるFREETELを基本的に低速固定で使っておき、どうしても高速が必要な場合はその制限を外すという使い方があります。ちなみに高速通信をずっと行なっていると、最大10GBまで2,470円となり、月間10GBを消費してしまったら翌月までは低速の最大200kbpsとなります。旅行中のみ相当ヘビーに使うなら、旅行に行く月だけは利用する時から制限を外して使うなど効率良く高速クーポンを使うことも可能です。

さらにこのプランの良いところは、全て自分の管理だけて毎月の支払い金額を決められるということがあります。他の月間○GB上限というMVNOの場合は、月ごとの利用量変えたいと思った場合には、事前(前の月までであることが多い)にMVNOに申し込んでプランの変更をする必要があります。MVNOによってはプラン変更のための事務手数料を取られる場合もあるので、手間もお金もかからずに自分で使ったデータ量を把握できるなら、このプランをうまく使って効率良い使い方もできるのではないかと思います。

ただ、自分ではどうしても高速クーポンを賢く節約しながら使うことができないという人がいる場合は、FREETELの使ったデータ量により料金が決まるプランよりも、最初から月ごとに決まった高速クーポンが使えるスタンダードプランの方がいいでしょう。例えば3GBを使い切った時点で高速通信は翌月まで我慢するという事を受け入れれば、月千円以下のデータプランでもいいわけです。ただ、ある程度データ量の管理に慣れてくるのが前提にはなりますが、高速クーポンの必要ない時にはアプリを操作して低速プランに切り替えるというような操作を覚えることができれば、更に効率的にデータプランが使えます。

では具体的にどのMVNOを選べばいいかというと、低速をヘビーに使わない代わりに高速には安定性を求めたいような場合はIIJmioや系列のMVNO、DMM mobileやAEON mobileあたりでも十分でしょうし、低速でも毎日ネットラジオを聞くなど常にデータ通信を使うというなら、mineoのDプランやOCN モバイル ONEの月ごとのコースでも低速通信に関する連続する3日間の制限はないと言われているので、こうしたプランを選ばれるのがいいでしょう。

どのプランがいいのかというのは、その人の使い方によって変わってくることが予想されますが、今後はLINEを運営している会社がが格安SIMの事業に参戦してくる予定もあります。先走って入ってもすぐに解約できるのがMVNOで入る場合の良さであるので、とりあえず自分の一日あたり、一月あたりのデータ通信の使い方を分析してみるのもいいでしょう。くれぐれも2年ないし3年間の利用を前提にしないて考えてみることをおすすめします。


格安SIM・スマホ ブログランキングへ


複数枚のSIMカードを効率良く使う方法 その4 auのMVNOにまとめるメリット

前回のmineo導入の際に一部先に説明してしまいましたが、携帯会社のスマホを使っていてMVNOに移る場合、携帯大手3社あるうちではMVNOの中でdocomoだけでなくauの回線を借りて提供しているところもあります。違う契約ができるということは、ドコモだけに揃えた同一の回線でなくてもいいので、あえてauのMVNOの契約をするという選び方もあります。



もし今まで使っていたスマホがauで契約していたものなら、mineoのAプランかUQmobileのデータSIMならそのまま使える可能性があります。mineoやUQmobileのホームページで同社のSIMカードによる動作確認ができている端末があれば、別にお金を出してスマホを買わなくても良くなります。

さらに、ドコモの白ロムを使ってMVNOの契約をした場合、テザリングの機能がつぶされていたり、機種によってはデータ通信専用のSIMカードで使うとアンテナピクトが表示されなかったり、セルスタンバイ問題で電池の消耗が激しくなったりする状況が出てくるかも知れません。こうしたことはMVNO業者がdocomo回線しか扱っていなかった時にはどうにもならなかったわけですが、これもau回線が使えるMVNOに乗り換えることで解消されるケースがあります。

実際、auのスマホではテザリングは多くの白ロムでもできますし、SMSオプションについてはUQmobileでは最初から付いていますが、mineoの場合は無料オプションとしての申込みが必要です。SMSは送信料はかかりますが、電話番号に直接送るショートメール(auの呼び方だとcメール)が追加料金不要で使えます。前回紹介したmineoが行なっている代表者一名が複数回線を契約するという方法で、翌月に繰り越されたデータのシェアができたり、一回線あたり50円の月額が割引きになりますので、その50円で送ることのできるショートメールはだいたい月15通くらいとしても、その分SMSを活用する余地が出てくるわけです。

mineoでは他に家族割引の制度もあります。同一の住所でなくても、三親等までの親戚なら最大5回線まで一回線50円の割引が受けられますので、自分の親や兄弟姉妹との連絡用に示し合わせて加入する場合には忘れずに申請しておけば少しではありますが基本料が安くできます。

au回線を提供しているのはmineoのAプランとUQmobileのみになりますので、ここまで紹介してきたように安さでmineoを選ぶか、無制限プラン(500kbps)のあるデータ通信の使い勝手のよいUQ mobileを選ぶか迷うところですが、これもヘビーユーザーが家族に一人いる場合は2回線のみをmineoにしてもう一人をUQ mobileの無制限プランにするというパターンもできます。

最後に、携帯大手三社というところでいうと、ソフトバンク回線を使っているMVNOについても紹介したいところなのですが、この文章を書いている現在はソフトバンク回線を借りたMVNOというものはなく、ソフトバンクと同系列で格安なプランを提供しているY!mobileを選ぶしか選択肢がありません。確かに携帯大手3社と比べると安くスマホを通話にもデータ通信にも使えるのですが、一度契約するとすぐに解約できない仕組みになっているので、注意は必要です。

このソフトバンク回線を使ったMVNOは日本通信から出るかという話が挙がってはいるものの、まだ具体的な話は聞こえてきませんので、今ここで想像して書くよりも、実際に新プランとして挙がってきましたら改めてここで紹介させていたたきたいと思っています。


複数枚のSIMカードを効率良く使う方法 その3 スタンダードプラン同士の組合せ

格安SIMの中でも一番の売れ筋なのが、月間の高速クーポンを3GBくらい使える月額約1,000円前後のコースです。ここではそんなプランの中から3つ選び、月間の維持費を約三千円程度にするプランについて考えてみます。

まず、高速クーポンがあればあるだけ使ってしまう人への対策として、月ごとの管理ではなく一日ごとに高速クーポンがリセットされるocn モバイル oneの1日/110MBプランをおすすめします。



このプランはアプリで高速と低速の切り替えができ、一応一日で使い切れなかった分は翌日に繰り越しできるのですが、動画をちょっと見ればすぐに消費してしまうので、早めに使い切った場合は200kbpsの低速で翌日まで待つことをルールにすれば、計画的に高速クーポンを使うことを覚えるか、それとも毎日速攻で高速クーポンを使い切ってしまう行動を続けるのか、どちらにしてもそのルールでモバイルインターネットを使う事に慣れれば文句も出なくなると思うのですが。

後の2枚は、月3GBの高速クーポンがあり、アプリで高速と低速の切り替えができ、さらに使い切れなかった高速クーポンを翌月に繰り越すことができるプランを行なっているMVNOの中から選びます。今回は家族内でシェアして使うことを想定して、残りの2枚はmineoの3GBプランで持つようにして、mineo独特の「パケットシェアプラン」を使うというのも面白いのではないでしょうか。



このプランはリーダーとシェアメンバーを登録するのですが、その際の住所が同一であることが必要です。登録すると翌月に繰り越された高速クーポンを本人だけでなくグループ同士で分け合うことができます。なお、それでも残ってしまい消滅してしまうパケットが出た場合にも、さらなるシェアプランが用意されているのがmineoの面白いところです。

そのためには会員同士のコミュニティサイト「マイネ王」に登録することが条件になりますが、同じ「マイネ王」会員同士で高速クーポンをシェアできる「フリータンク」という仕組みがあります。ここで翌月に繰り越して使い切れなかった分の高速クーポンを10MB単位で預けると(上限はありません)、毎月21日から月末までの間、全く高速クーポンがなくなってしまった際に10MB単位で月2回1000MBまで他のメンバーが預けた分の中から使用することができるのです。

また、mineoにはAプランとDプランが有り、ドコモ回線だけでなくauのLTE回線が使えるので、あえて違う回線を2契約で分けて使うというのも面白いでしょう。基本的にはドコモの方が広い範囲で使えるとは思いますが、auのAプランでは別に申し込みは必要ですが無料でSMSオプションが使えますし、場所によってはauの方が安定して使えるところもあるかも知れません。

もちろん回線は違っても高速クーポンのシェアは可能なので、この2回線でシェアも考えながら使いましょう。もう一枚のocn モバイル oneの1日プランでは一番のヘビーユーザーが使いながら、月末に高速クーポンが余りそうになったらmineoのドコモプランのSIMと入れ替えて使うというのもいいでしょう。

mineoではauのSIMでもdocomoのSIMでも入れ替えて使えるSIMフリー端末を用意していますので、かなり自由な使い分けもできます。こうしたmineoのシェアプランに魅力を感じる場合は、mineoだけで3回線契約してシェアをして使うという事もありですが、それだと最初に懸念した一番のヘビーユーザーである子供が全ての高速クーポンを奪うように使ってしまうだけという感じもしますので(^^;)、子供のためにはそれでいいのかということも考えながらどのプランを契約するか決められるのがいいと思います。

ちなみに、mineoの場合、契約者1名につき5回線まで維持することができるのですが、興味深いのが、複数回線を一名で契約すると、一回線につき毎月の請求金額から50円の割引きが受けられることです。2回線の場合は100円、もし3回線全てmimeoにすると150円安くなります。これも月ごとの高速クーポンを管理しながら使うよう、全てmineoで統一するか、一人だけはその日のうちに使い切りのocn モバイル oneを入れるかは利用する人と使う頻度によるでしょう。

一人だけ高速クーポンはいらないという事になれば、FREETELを3枚目として使うというパターンも考えられます。このように、自由に使う人の状況に合わせて使うMVNOを決められるというのは、実にありがたいことですね。


複数枚のSIMカードを効率良く使う方法 その2 BBexciteより安く3枚維持する?

シェアプランのメリットが契約をまとめることで安くできるという事なら、数々あるシェアプランの中で最安なプランはBB.exciteの「SIM3枚コース」のうち、基本高速クーポンが0ながらも、サービスとして100MB/月もらえる月額1,100円(税抜)のプランでしょう。

このプランは他のMVNOではSIMカード1枚ごとに契約事務手数料を取るのに対し、一回の契約で3枚まとめて契約してしまえば契約事務手数料が3,000円と、他の業者のSIM1枚分の手数料で済みます。ですから、今回の比較におけるコスト計算において、全て別契約で3枚のSIMカードを契約する場合、増える契約事務手数料も計算に入れておくべきでしょう。その場合の増額分はおよそ6,000円程度になるでしょう。

BB.exciteの回線はIIJmioのものを使っていると言われているので、低速時は200kbps前後で安定するものの、連続する3日間の使用量が366MBを超えるとさらなるスピード制限がかかると言われているので、この点をどう考えるかが別契約でSIMカードの枚数を増やすかどうかの決め手になるでしょう。

同じ最大200kbpsの低速でも、制限ない無制限で利用できるFREETELのSIMカードなら、マイページから低速に固定させる手続きを事前に行うことが必要になりますが(低速固定を行なわないと、使った分だけ料金がかかるようになっていますのでご注意を)、最安の299円(税抜)でデータ通信ができますので、3枚合計しても897円となり、月々の差額は203円と3枚別々に契約した方が安くなります。もっとも、契約事務手数料の差額6,000円があるので、長く契約を続けないと追い付きませんが(^^;)、これについては利用される側の使い方にもよると思います。

低速でそれほど使わなければBB.exciteの3枚プランで問題ないでしょうが、FREETELのプランは低速無制限で使えるということと、制限さえ外せば高速での通信も一部でできますので、いざという時に高速を使うかも知れないならFREETEL3枚でも面白いと思います。

また、やはり高速クーポンが欲しいという場合、BB.exciteでもFREETELでもどちらのパターンでもいいですが、So-netの「0SIM」と組み合わせて500MB未満のデータ通信を確保するというのも手です。ただその場合はSIMを入れて使うハードがもう一台必要になりますので、すでに古い端末が使えればいいですが、新たに購入しなければならない場合は十分考慮の上で増やすようにしましょう。


複数枚のSIMカードを効率良く使う方法 その1 家族でシェアする事のディメリット

一つの契約の中で複数のSIMカードを使うプランの事を「シェアプラン」といいます。一般的には両親と子供さんで高速クーポンをシェアするような利用方法が推奨されているようですが、果たして本当にそれがベストの方法なのでしょうか。

というのも、ほとんどデータ通信というものを使わない人とシェアすれば問題は起きませんが、家族全員がそれなりに高速通信を使いたいようなケースでは、月初から動画を見たりゲームを好きにやったりする子供に高速クーポンを優先的に使われ、月の後半には早々と高速クーポンの残量が0になってしまうなら、個々が高速クーポンを管理するような形で別に契約をする方がいい場合だってありそうです。

これが、一人で複数の端末に入れて使い分けるというのなら、決められた高速クーポンの中で管理するのは自分一人になるので、例えば最大3枚のSIMカードを効率良く使うこともできるかも知れませんが、他人とシェアする中で約束事を守ることの難しさというのは、常に使用データ量を確認できないため、どうしても目分量で利用しがちになり、うまく管理できない事も起こります。

普通はデータ量を多く使うというとスマホを使うことの面白さにはまってしまった子供さんがメインになることが多いですが、それ以外のケースもあります。普段は全くデータ通信を使わないような家族がたまたまスマホでネットを使ったことで、他の家族が当然まだ残っていると思っていた高速クーポンを使い切ってしまう程使うという事も有り得ます。

スマホの使い方を知らない家族が、家に帰ってWi-Fiから使えば全く高速クーポンの消費はないのに、あえてWi-Fiの入らないところで動画で映画を見たなんてことをしただけで相当の量が消費されてしまいます。こうしたことはしっかりとした知識があれば十分その対処が可能ですが、家族の間での使い方をいちいち徹底するのも大変です。

ひとつ言えるのは、データ管理について疎い人ほど快適な環境に慣れてしまうとその状況がいつでも使えると思って他人から見ると無茶な使い方をしがちだということです。ですから、私の考えとしてはあえて同じプランを家族全員でシェアするというよりも、その人の使い方に応じて別々のプランを個別に契約するか、もし使っているSIMカードがデータ通信専用のものなら、状況に応じてSIM自体を交換して自分のスマホに入れ替えて使う方がいいのではないかということです。

ただ、ここで気を付けたいことがあります。MVNOが一つの契約で複数のSIMカードの契約のできるコースを用意しているということは、一人の名義でこれ以上契約できない限度を設定しているということでもあります。基本は携帯大手3社と同じ一人5回線というのが一般的ですが、So-netの「0SIM」やOCNモバイルONEでは一人一回線の制限があり、DMMモバイルで3枚までのようです。こうした制限にひっかかる場合は家族で名義を分けたりすることも必要になっていくかも知れません。

このブログではいろいろなプランを紹介してきましたが、ごく一般的にということで、家族で3枚のSIMカードを持つとして、どのようなパターンがあるのかということをシミュレートしてこれから何回かに分けて提案していこうと思っています。


格安SIM・スマホ ブログランキングへ