カテゴリー別アーカイブ: スマホでカーナビ

スマホでカーナビをするための最適なSIMプランを探ります。

格安or使用済のスマホをカーナビとして使う その2 スマホとSIMの組み合わせ

前回紹介しましたスタンドと電源回りのグッズを揃えれば、スマホをカーナビにする準備は完了と言っていいと思います。まず、スマホを買い換えたことによって余ったスマホをカーナビ用に流用する場合については、これから説明するカーナビとして使う機種を搭載していない場合もあるかも知れませんが、GPSが付いていればカーナビとしての利用は可能になるので、まずは車にセットして使ってみることが大事です。

この文章を書いている現在、MVNOが安い料金で使えるキャリアというのはドコモかauで、ドコモの方が選択肢は多くあります。auの場合は、UQmobileの全て、mineo、IIJmioのau回線用プランが主なMVNOの業者だと考えて間違いありません。ドコモについてはカーナビ以外に全く使わないならロケットモバイルの低速無制限データ専用プランである「神プラン」(月額298円 税抜・以下の表記も全て税抜です)で十分だと思います。au用のプランは安くてもロケットモバイルの倍以上かかりますし、LTEの電波しか受信できないので、スマホを流用するなら山間部に強いFOMAプラスエリアの使えるドコモの白ロムかSIMフリーとして日本で売られているものでFOMAプラスエリアに対応するモデルが好ましいと言えます。

そこで、格安なSIMフリー端末を選ぶ場合ですが、元から持っている場合はいいとしても、新たに買い足す場合iPhoneは購入できないと思うのでそれは除外するとして、もう一つ注意したいことがあります。格安のSIMフリースマホの中には、OSにAndroidでなく「Windows Mobile」を使っているものがあります。OSの違いからアプリをインストールするのに手間がかかることも想像されますので、できればAndroid OSが入ったスマホの中から選びましょう。

さらに、GPSに加えてもう一つあった方がいい機能について紹介しますと、「加速度センサー」というものの存在があります。GPSは外出先での自分の位置を一発で表示してくれる便利なものですが、建物の中やトンネル内ではスマホの中にあるアンテナが衛星を捕獲できないので、正しい位置を表示してくれない問題があります。特に長いトンネルに入ってしまうと、入ったところから現在位置表示が動かなくなってしまうのです。
そうした衛星からの電波が取れない場合に自分の位置を確認するための補完として動作するのが「加速度センサー」なのです。車にスマホを載せていると、スマホは車と一緒に動きますので、センサーがその速度を判定して地図の中の自分の位置を動かしてくれるのです。

無料で利用できるカーナビアプリ「Yahoo!カーナビ」にはスマホの加速度センサーを使ってトンネル内でも自車位置を表示したり、トンネル分岐での案内もしてくれる機能が付いています。このアプリでそうした機能を使うためには加速度センサーが使えるスマホを使う必要があります。これについても、自分のお古のスマホでカーナビを使ってみて、トンネル内で自車表示が止まった場合には買い換えを検討するというような感じでいいと思います。

具体的には加速度センサー搭載だけなら「FREETEL Priori3 LTE」など、新品がこれを書いている時点で1万円そこそこで買えるものもありますが、「ジャイロセンサー」搭載でやろうと思えばポケモンGOでも遊べるようなSIMフリースマホの中からFREETEL REIかPriori4あたりならこの文章を書いている時点で2万円を切る価格で新品が購入できますし、いざという時にはメインスマホの予備としても使えるのでカタログを見た限りでは個人的にはおすすめだと思います。

こういう形でカーナビ専用のスマホを考えてみましたが、毎月のMVNO通信による費用はかかるものの、常に新たな地図を利用でき、さらに渋滞情報もリアルタイムで利用できるので、高価なカーナビを更新して使うよりもリーズナブルで、スタンドと電源部を取り外せば複数の車をまたいで利用することもできるので、そのニーズによってはメリットも出てきます。中古スマホをそのまま使う場合、ワンセグやフルセグのテレビを車内で見るためにも使えますが、カーナビの画面も含めて画面を運転中に注視することは事故の危険がありますので十分注意してスマホによるカーナビを利用されるようお願いします。


格安SIM・スマホ ブログランキングへ


格安or使用済のスマホをカーナビとして使う その1 スマホ以外の準備

2017年となり最初の更新となります。今年も様々なMVNOに関する情報を発信していくつもりですので、どうぞよろしくお願いします。

さて、新年となると気分を新たにしてスマホの買い換えをされる方も少なくないと思いますが、今まで使っていたスマホを下取りに出さずに、そのままにしておられる方がいましたら、そのスマホに第二の使い道を探してあげるのもいいのではないでしょうか。その際、基本的にはMVNOの格安SIMを入れて使い回せるようにしたいということから、主にドコモかSIMフリーのスマホか、auのスマホを過去に使っていた人の方が転用はしやすいと思います。

マシンパワーがないスマホや高速クーポンのない格安SIMでも十分動くものに「カーナビ」としての利用があります。この場合のカーナビとは、地図をスマホ内にダウンロードせず、常時ネットに接続することで地図をその都度ダウンロードしながら使う「GoogleMap」や「Yahoo!カーナビ」などの無料で使えるカーナビアプリの利用を想定しています。私自身がこうしたナビアプリを使ってみて、最大200kbpsのスピードの出る低速専用の格安SIMでも問題なく動くので、カーナビ専用に回線を増やしてもそれほど経済的な負担は生じません。

地図をスマホ内にダウンロードし、ネット接続がなくてもGPSだけで現在地と地図を表示できるアプリの中で、評価の高いアプリに「ナビエリート」があり、私も一時期利用したことがありましたが毎年一回課金される有料アプリであり、地図更新などのためどうしてもネット接続が必要になる場合もありますので、格安のデータSIMを契約して無料のカーナビアプリを使う方法の方をおすすめとしてここでは紹介させていただきたいと思います。

スマホや格安SIMの選択については後ほどにして、まずは車内で安定してスマホを使えるようにするための準備についてここでは紹介させていただきます。通常のカーナビでは標準キットに入っているような内容ですが、スマホをカーナビとして使うためにはこうした細かなものの調達も自分で行なわなければなりません。ですがちゃんとしたものを一度購入してしまえば、他の用途で使いたい場合や、スマホ自体が変わった時であってもその都度買い替えは必要なくなります。

まずは基本の電源についてです。多くの車はフロントにあるシガーソケットから電源を取りますが、車内で使うものが増えてくるとシガーソケットも一つでは足りなくなります。例えばカーナビを使いながらドライブレコーダーを使いたいような場合もあり、さらにライトや空気入れなど、非常時に使うものもスマートに使えるように、シガーソケットを増やすプラグを用意して下さい。

写真は3つ口のものですが、普通なら2口、心配なら3口のものであれば大丈夫でしょう。全国のカー用品店で簡単に手に入るものですので、まずは一つ確保しておきましょう。

次にそのシガーソケットに接続してスマホに電力を供給するUSB出力のアダプターです。これについては100円ショップでも売っていますが、できるだけ大出力の出るものを選んだ方が無難です。というのも、カーナビとしてスマホを使う場合、常にライトは付きっぱなしで稼働しますので、出力の小さいアダプターですとスマホに繋いでいても内蔵電池の残りが減ってしまうケースも生じます。ここでキーワードとなるのは出力電流の表示で、過去のガラケー専用のものは5V 0.5A(500mAという書き方の場合もあります)というものが多く、このタイプのものではスマホをカーナビとして使うには十分ではありません。できればiPadなどのタブレットにも対応する5V 2Aとか2.4Aという出力を持つものを利用するようにしたいものです。

さらに注意したいことに、こうしたUSBアダプターの中にはUSB出力を複数持つものもあります。スマホを充電しながら他のものを充電するにも使えて便利ではあるのですが、カタログ値で5V 2Aとなっていても、2つあるUSBを両方使っていると出力が5V 1Aに落ちてしまうということが説明書に書かれているものもあります。この事を知らずに2つのソケットを両方使い続けていると、いつの間にかカーナビ用のスマホの電池が切れてしまうようなトラブルも起こりかねませんので、複数の出力のあるUSBアダプタを使うのは構わないのですが、カーナビとして使う場合は極力スマホ一つだけでアダプタを使うようにしましょう。なお、アダプタとスマホを繋ぐケーブルはスマホ購入時に付いてきたもので十分だと思いますが、あまり安いものを使うとうまく充電しない場合もあります。もし充電できないトラブルが起きた場合は、アダプタに異常がなかった場合にはケーブルも疑ってみましょう。

電源回りの用意ができたところで、後はスマホをダッシュボードに固定する方法についてです。これは、お使いの車のダッシュボードがどうなっているかによって違ってきます。

基本的につるつるの場合は吸盤で固定するもので十分だと思います。多少のざらつきがあっても吸盤タイプの固定機具で利用可能で、多少のガタツキにも耐えうるとは思いますが、ボコボコのダッシュボードの場合は難しいと思います。その時には粘着テープで固定するものを選ぶのがいいでしょう。機具についてはネットで検索すると限りなく出てくると思いますが、売れすじのものを選んで問題はないと思います。ただし、一点気を付けなければならない点があります。

カーナビにしたいスマホを電源に繋ぐ場合、ケーブルを差す穴がどこにあるかということについてはぜひ確認してから固定機具を購入することをおすすめします。本体下にあるのか左右にあるのか上にあるのかで、固定機具によっては充電端子を塞ぐような形でスマホを固定するようになってしまう可能性があります。普通のスマホは下(底面)にあるものが多いと思いますので、写真のように横にした状態でケーブル接続の邪魔にならないタイプのものがおすすめです。ご自身の持っているスマホを縦や横にした時にケーブルが接続できるかどうかを考えながら固定機具を選ばれるのがいいでしょう。

また、どちらのタイプもうまく取り付けられないという場合には、ドリンクホルダーに設置できるタイプのものや、エアコンの吹き出し口に付けられるものをありますので、よく調べた上で最良のスマホスタンドを選ばれるのがいいでしょう。あまり安価で華奢なものを使うと、破損したりダート走行の時に飛んだりして事故の原因にもなりますので、甘く考えずに自分にとって最良なものを選びましょう。

ここまででも、今持っているスマホをすぐにカーナビとして使うことができるようになるのですが、次回は今使っているスマホではなく昔使っていたスマホや、格安のスマホをカーナビ専用に購入する場合の注意点や、カーナビ専用として使えるMVNOのプランについて紹介させていただこうかと思っています。


格安SIM・スマホ ブログランキングへ


カーナビに適した格安SIM選び その3 カーナビ用SIMのおすすめは?

前回までの内容で、スマホ用のカーナビアプリには地図などのデータを最初にダウンロードする手間がかかる代わりに走行中にデータ通信をほとんどしない有料タイプのものと、データをダウンロードもせず無料で使える代わりに走りながらデータを送受信するためにLTE通信が必要になるという2つのタイプがあることがおわかりいただけたと思います。

もし前者のタイプのカーナビアプリを選ばれた場合は、スマホのデータ通信量についてはあまり考えなくても大丈夫でしょう。データのやり取りがある場合は主にFM電波で配信されるVICSと呼ばれる渋滞情報を入手する時ぐらいなので、そうした情報がいらないということなら、古いスマホに地図データだけ入れて持って行くのもありです。

ただしその場合、Wi-Fiでもいいので定期的にネットに接続してアップデータのチェックをしておかないと、アプリによってはアプリ自体が開けないケースがあります。ですから、旅行の時だけ古いスマホに入れたカーナビアプリを利用したいと思った場合は本番の前にちゃんとチェックをすることだけは覚えておきましょう。

次に、通信しながら地図を含むデータを得ていく無料のカーナビについてですが、インターネットの口コミを見ると、どのくらいの時間ナビを続けるとどれくらいのデータ容量を使うというような情報を投稿している方がいるので、そこから類推すると一時間くらい走ると10MBから20MBあたりで、頻繁に道をそれて再検索が入るとデータ通信料は増えます。データ量を気にするなら、長距離移動の場合は高速に乗ってしまえばどこをどう進めば目的地に近づくのかはわかるでしょうから、経路を確認して高速を下りるまでナビを切っておいてもいいですし、自分でデータ通信量をやりくりすることは可能だと思います。

でも、ちまちましたことを考えずにずっとカーナビを表示しておきたいような場合は、スピード自体は200kbpsから128kbpsの低速でも十分地図の更新はできるので、「低速で無制限のもので、高速クーポンが付くプランではアプリによる高速と低速の切り替えができるもの」が安心です。具体的には、

・OCN モバイル one 1日110MBコース
・mineo (500MBのプランが最安)

これらあたりのSIMを用意すれば、カーナビを動かす前にアプリで高速通信を切れば低速でもカーナビが使えるくらいには安定して動作するでしょう。本当にカーナビ専用にしてしまうなら、高速を使わず低速固定にして使えるロケットモバイルの神プラン・FREETEL SIM・ワイヤレスゲートの480円プランあたりが毎月の維持費が安く常用できます。

SIMカードを入れるスマホについては、ドコモのスマホかSIMフリーのものを用意する必要がありますが、mineoのau回線を使うAプランなら今までauで使っていたLTE対応のスマホに入れて使うようにできます。現在お使いのスマホがソフトバンクのものの場合はMVNOでSIMを買って入れ替えるという選択がありませんが、今後の状況によってはソフトバンクの白ロムに入れて使えるMVNOが出てくるのではないかという話もありますので、ソフトバンクの白ロムを余らせている方はそこまで待つのもいいでしょう。

最後に、カーナビというとどうしても自動車を連想しがちですが、古いスマホを再成させ、さらにそのスマホが防水機能のあるものであったら、自転車やバイク用のカーナビシステムとして使うというのも面白いかも知れません。前回紹介したカーナビアプリの中で、「ナビロー」というデータ通信が必要なタイプのカーナビアプリの機能の中に、「バイクモード」というのがあります。

バイクの中でも125cc以下のいわゆる原付と呼ばれるバイクは、自動車専用道路で通行できない道がありますが、このモードではそうした道を除外して経路を示してくれるそうです。お金を掛けずに原付で遠出したいような場合は、スマートフォンを固定するホルダーを用意すれば、格安SIMと使い古しのスマホとの組み合わせでかなり便利に使えるのではないでしょうか。専用のカーナビを買う前に一度試してみるのもいいのではないでしょうか。


格安SIM・スマホ ブログランキングへ


カーナビに適した格安SIM選び その2 様々なカーナビアプリの違い

スマホを車載で使うための機器が揃ったら、ここで改めてカーナビに使うアプリの選定に入るくらいでいいと思います。まずは、iOSに最初から入っている「マップ」や、Androidに入っている(iOS用のアプリもあり)「Google Map」でもカーナビとして使えます。ただ、これらのアプリはインターネットにアクセスすることによって地図を更新するのでデータ通信のできるSIMは必須です。

同じようにネット上からさまざまなデータを得ながら現在位置の表示や目的地までの経路を案内するアプリで、無料のものには次のようなものがあります。

・Yahoo!カーナビ(Yahoo!Japan)
・カーナビNAVIRO-(DeNA)

どちらのカーナビも大手の情報系企業が展開しているアプリで、先行していて多機能なことで多くのユーザーがいるYahoo!カーナビ、後発ながらデータ通信料が少なくてもナビできるという触れ込みのナビローと、カーナビとしての評判は両方とも悪くありません。無料でダウンロードして使えるので、とりあえず両方をお使いのスマホにダウンロードして使い勝手を試してみるのがまずはいいでしょう。

次に、市販のカーナビのように、地図や検索用のデータを全てスマホにダウンロードして使うタイプのカーナビアプリです。このタイプは最悪、SIMカードを入れていないスマホでもナビができ、ほとんどデータ通信量を消費しないという特徴があります。しかし、データは2~3GB前後あるので、LTE通信でデータをダウンロードすると大変なことになります。自宅に固定回線のインターネットを引いていればそちらからWi-Fiを使ってダウンロードしてから使うことになります。主なアプリとしては以下のようなものがあります。

・Navielite
・MapFan2015(2015年版)

この2つのアプリはどちらの有料ですが、その課金の仕組みが少し違います。「Navielite」は車載カーナビのような使い勝手を誇り、渋滞情報もネット通信で取得可能ですが、年間のライセンス契約になるため、使い続けるためには毎年1回の支払いが必要になります。

MapFanの方も毎年改定がありますが、新しいものが出ても古いものを使い続けることができます(地図データのサポートは終了します)。ただ、新年度版のものが出る際、何と100円から購入者が増えるたび価格が上がっていき、早く更新に気付いた人が安く購入できるようになっています。改定の時期を狙って数百円という安さで買えれば、データ通信がオフラインでも使える貴重なカーナビアプリとしてとりあえず確保していてもいいれべるでしょう。

他にもカーナビアプリは存在しますが、とりあえずは今回紹介した程度のものだけでも何とかスマホをカーナビとして利用できるように十分なります。次回は、こうして選んだアプリによって変わってくるであろうMVNOの格安SIMとの相性について考えてみます。


格安SIM・スマホ ブログランキングへ


カーナビに適した格安SIM選び その1 まずは車載用品の導入を

格安SIMを手に入れてやりたい事の一つに、旅行でのカーナビとして使いたいという事があるでしょう。メインで使っているスマホを車に乗った時だけカーナビにする方法の他、もし安いSIMカードで使えるなら、今は使っていないスマホをカーナビ用として復活させればお金を掛けずにカーナビが持てるということもあるでしょう。今回は最初ということで、スマホをカーナビ代わりにして使うための下準備について書いていこうと思います。

専用のカーナビとスマホのカーナビとの決定的な違いは、スマホはアプリにしろ地図にしろそれ自身に通信機能があるので、常に新しい道路情報や渋滞情報を使うことができることです。逆に、専用のカーナビでは地図はすでに本体内に入っているのでその都度更新することはなく、通信も必要ありません。道路の渋滞情報はFM電波で入手することで、リアルタイムに渋滞情報を表示することが可能なのですが、あまりに地図が古くなると本体ごと買い換えになる可能性が高いでしょう。

もっとも、毎月の通信費やMVNOのデータ通信SIMを維持すること自体にお金がかかると言えば言えるわけで、スマホにお金を掛けたくない人にとってはトータルの出費を比べると専用カーナビを買い換えて行った方が安く上がる可能性もあります。ここでのスタンスはあくまで「カーナビに適した格安SIM選び」ですから、専用品を買うより低コストでスマホによるカーナビ環境を作ることを目指します。

まず、カーナビとして使うスマホはすでにあるという前提ですと、スマホをカーナビとして使うためには以下の機器が必要です。

・スマートフォンを車に固定するホルダー
・車内でスマートフォンを充電しながら使えるシガーソケット用充電器

専用品には上記のようなものは付属品として付いていますが、一からスマホをカーナビにするためには最低限こうしたものは必要です。スマホ用ホルダーは吸盤で付けるもの、粘着テープで付けるものがありますが、自分の車におけるカーナビの設置場所の状態によって吸盤が使えなければ、粘着テープで固定する方法を選ぶなど、自分の車にあった方法で車に固定できるホルダーを選びましょう。

次に、意外と大事なのが車の走行中に電源を供給する充電器選びです。カー用品店やホームセンターには様々なシガーソケットに差してスマホが充電できる充電器が置いてありますが、最近のスマホは以前の携帯電話用の充電器ではまかなえない程の電力を必要とします。USB出力のある充電器は、以前はパソコンのUSB端子からの出力と同じ「5V 0.5A」(1A(アンペア)=1,000mAですので、5V 500mAと表記してあるものもあります)のもので十分だったのですが、最近は大型のタブレットでも利用することが想定されるため「iPadでも充電できる」と書いてあるような「5V 2A」以上の出力ができる充電器を使われることをおすすめします。

なぜかと言うと、流れる電力が少ない充電器では、消費する電力の方が充電する電力より多くなるケースがあり、長時間カーナビとしてスマホを使っているうちに電池の容量がだんだん減っていく可能性があります。これだと長時間のドライブをしているうちに電池切れになってしまう恐れを感じながら使うのでは全く意味がありません。また、電池容量が少ない状況からでは使えなくなってしまいます。

そうした事を避けるためにも、使いながら充電ができる高出力の充電器はカーナビとしてスマホを使うためには必須のものだと言うことをまずは理解した上で車でスマホを使うための一式を揃えましょう。充電器にスマホにつなぐケーブルが付属していない場合は、「5V 2A」以上の出力でも余裕を持って使えるUSBケーブルも一緒に購入しておきましょう。


格安SIM・スマホ ブログランキングへ