カテゴリー別アーカイブ: 支払方法

クレジットカード以外の支払い方法があるMVNOについて紹介します。

LINEモバイル利用料をコンビニ払いにする

クレジットカードを使わないで格安SIMを使う方法の1つとして、Line mobileの利用料をLine Payカードで支払うことで、銀行口座からLine Payカードに自動チャージを行なうことで変則的ながら支払う方法を先日お知らせしました。

今回はあえて銀行から自動チャージの設定にしておきながら、Line Payの残高をスマホで確認しながら、自ら毎月あるいは隔月に銀行から自動チャージされる前に自分でコンビニに出向きチャージすることで銀行からも利用料金を落とさないようにするという試みです。

まず、LINE mobileの料金の仕組みとして、初回の利用料金は無料で、初月にかかる費用は初期契約事務手数料の3,000円および、SIM発行手数料が400円かかります。もちろん消費税分もかかりますので余裕を持って申込み前にローソンなどのコンビニで5,000円くらいをチャージしてLine Payカードを購入した後にLINEモバイルに申し込めば銀行口座へチャージされることはとりあえずありません。

その後、毎月の利用料のかかる4日より前の段階で、スマホからLine Payの残高を確認し、利用料が引き落とされた後で常にLine Pay内に千円以上残るようにして毎月のLINEモバイル利用料の百円単位を切り上げて千円単位でチャージを繰り返すようにすれば、クレジットも銀行口座も使わないでLINEモバイルの利用料をコンビニ支払いできるというわけです。

個人的におすすめなのは、プランを一番安い「LINEフリープラン」にしておくことです。そうすれば、毎月の支払いは500円から600円台(SMSオプション追加の場合)で済みますので、Line Payの口座が二千円以上あれば、とりあえず翌月はチャージをしなくても大丈夫です。残高が1,500円台から1,600円台の時には、以下数十円の残高によっては千円分のチャージが必要な場合があります。チャージをコンビニで行なう場合は(セブンイレブンではできないので注意)、専用端末からチケットを打ち出して支払うコンビニよりも、レジにお金を出せばその場ですぐチャージしてくれるローソンがおすすめですが、旅先などでどうしてもローソンが見付からないような場合に備えて、専用端末を使ったチャージの方法も覚えておきましょう。公式ブログに記載がありますので、その内容をリンクしておきます。

http://official-blog.line.me/ja/archives/58557321.html

毎月振替で様々な料金を払っている方には面倒くさい方法に思えるかも知れませんが、今の時代でも現金をお店に出して決済できるというのはいざという時には心強いものです。もし大きな災害が起き、銀行口座の現金を当座の生活資金に使っているうちに残高が足りなくなったような場合、通信費以外にも様々な費用が引き落としになっていると、どの費用が落ちてどれが落ちないかは運もありますが、それによりLINEが出来なくなってしまうと困るケースもあるでしょう。しかし、この方式なら銀行口座からのチャージができない場合でも直接コンビニから入金してLINEモバイルだけのためにお金を使うことができます。

そういう意味では災害が長期化した場合のために、あえてLINEモバイルの支払いをLine Payにしておくのもいいですし、クレジットカードが作れない学生が自分のおこずかいのみで利用するために使ったり、年配の方でクレジットカードをあえて持ちたくないと思っている人にとってもこうした支払い方があるということはもっと多くの人に知っておいてもらいたいと思います。

LINEモバイル


格安SIM・スマホ ブログランキングへ


LINEモバイルの利用料を銀行口座から引き落とす方法

大手キャリアでないMVNOの泣き所の一つとして、支払い方法に銀行口座からの引き落としが使えないということがあります。普通にクレジットカードを使っている人にとってみるとどうでもいい事かも知れませんが、世の中にはどうしてもクレジットカードを持ちたくないが格安SIMを使いたいという方もいるかも知れません。

そして当然ですがクレジットカードを持てない年齢層もおり、自分で毎月の利用料は払えるのに本人名義のクレジットカードが作れないのでMVNOの契約を諦めている人もいるかも知れません。
さらに、世の中どんな曲がり角があるかわからないところもあります。現在は生活に全く不安がない人であっても他人の借金の保証人になったことで自己破産にまで追い込まれたとしたら、確実にクレジットカードは使えなくなります。

そんな人たちのために銀行口座からの引き落としが可能なMVNOというのは数が限られます。今回はその中でもSMSの付かない最安プランながらLINEの利用が高速で可能な「LINEフリープラン」なら月額500円(税抜価格 以下同じ)で利用可能なLINEモバイルについて、口座引き落としをする方法について紹介していきましょう。

今回紹介する口座引き落としの方法は、LINEが運営するプリペイドカード「LINE Pay カード」を利用する方法です。その方法とは、チャージ(入金)したお金を使い切ってしまった場合に自動的に銀行口座から自分で設定した金額がチャージされる「オートチャージ」の仕組みを利用します。ですから、「LINE Pay カード」でオートチャージが使える銀行口座が利用できるかがまずはハードルとなるでしょう。ちなみに、2017年3月現在でオートチャージ可能な銀行は以下の通りです。

・ゆうちょ銀行
・みずほ銀行
・三井住友銀行
・三菱東京UFJ銀行
・りそな銀行
・埼玉りそな銀行
・横浜銀行
・伊予銀行
・滋賀銀行
・百五銀行
・福岡銀行
・親和銀行
・秋田銀行
・十六銀行
・熊本銀行
・千葉銀行
・北洋銀行
・八十二銀行
・鳥取銀行
・北海道銀行
・足利銀行
・常陽銀行
・北陸銀行
・静岡銀行
・百十四銀行
・愛媛銀行

主要な都市銀行だけでなく地方銀行の数も増え、全国共通で使えるゆうちょ銀行をカバーしたことにより上記銀行でない銀行をメインバンクにしている場合は新たに口座を開く必要はあるものの、まずLINE Pay カード利用には問題はないでしょう。

すでにLINEモバイルを利用していてクレジットカードから決済している場合はマイページから支払い方法の変更を行ない、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、スリーエフ、そしてポプラというコンビニ店頭で購入できるLINE Pay カードを手に入れ、登録をし、さらにオートチャージに使う銀行口座を登録したのち、LINE Pay カードを使えるように設定します。

その際、「クレジットカード/LINE Payカード」および「LINE Pay カード」という2つの選択肢が出てきて戸惑うことになるかも知れませんが、ここではカード番号だけではなく有効期限や裏面の数字3ケタのセキュリティコードまで入力する「クレジットカード/LINE Payカード」を選んで必要事項を入力して下さい。その際、名前をローマ字で入力する画面がありますが、LINE Pay カードではその部分が「LINE MEMBER」となっています。ただ、カードを登録する際は自分の名前をサインして使うことになるので、ご自分の名前をローマ字表記にして記入すればいいと思います。

新たにLINEモバイルと契約する時も、支払い方法で選ぶカードを「クレジットカード/LINE Payカード」にします。そのまま手続きをしてSIMカードの到着を待つことになるのですが、その前に事務手数料として支払う料金が不足にならないように特に注意して下さい。

ちなみにLINEモバイルの初期費用は登録事務手数料3,000円(税抜)とSIMカード発行手数料400円(税抜)で、携末を別途購入した場合はその料金になります。毎月の利用料は初月は無料ですので、携末購入をされない場合は3,400円+消費税になりますので、利用開始月の翌月5日(5日が土日休日の場合は翌営業日)までにカードの残高がこの金額より少なくならないように初回だけは注意しましょう。

その後は毎月の請求になるのですが、データ通信を追加して使ったり、通話料金がかさむなど毎月の利用額に変動がある場合も注意が必要です。オートチャージはカードの残額が一定以下になった時に、いくらを自動でチャージするか決めることができるのですが、千円以上の変動が毎月ある場合は、常にカード残高を気にすることになってしまうのであまりおすすめすることはできません。できれば、一定額が安定して請求されるようなプランで利用するのが理想的ではないかと思います。

データ通信専用で最安の「LINEフリープラン」の場合、SMS付きで月額620円(税抜)SMSが付かないと最安の月額500円となり、千円を下回ります。LINEだけでなくtwitterやfacebook、Instagramなども高速で利用できる「コミュニケーションフリープラン」の場合、SMSが付いて月額3GBまでの高速クーポン利用可の場合は月額1,110円と月額千円を超えてしまいます。

プラン選択は個人の自由ですが、銀行から少ない金額でオートチャージを利用しようと思う場合には、「LINEフリープラン」で加入しておけば、オートチャージの設定を「残高が1,000円を下回る場合」にし、その際のオートチャージ金額を最低の1,000円に設定しておけば、通常の買い物で残高が少なくなっても常にカード内の残高は千円以上をキープしていますので毎月の料金支払いも安心です。もしデータ専用の「コミュニケーションフリープラン」以上のものか、通話付きプランにする場合は、毎月の利用金額に余裕を持たす形での設定が必要になりますので、月初のカード残高には十分に注意しながら設定を行なって下さい。

単純な口座引き落とし手続きとは違って、LINE Pay カードによる決済を使うと100円につき2ポイントいう2%のポイント還元があります。お使いのクレジットカードでの還元率とも比較してみる必要があるかも知れませんが、LINEモバイルの支払いだけでなく日々の買い物の支払いにもこのカードを利用することによって、実質的なLINEモバイルの利用料を0円にするだけのポイントを貯めるような利用方法も見えてきます。普通の家庭の食料品や日用品の支出をこのカードで必要な分だけ手動で入金していくようにするだけでも、最安の540~669ポイント/月(SMSなしとSMS付きの8%税込み価格の場合です)という条件はクリアできる可能性は高いのではないでしょうか。

ただし人によっては、カードの使用自体に慣れていなかったり、オートチャージできるということでついつい現金だけで決済している時よりお金をカード払いで使い過ぎてしまうという事もあるかも知れません。しかしカードの使い過ぎが心配な場合は日々持ち歩かないようにしてカードはLINEモバイルの支払い専用にするような方法も取れますし、いざという時のために、クレジットカード以外の支払い方法もキープしておきたかったり、高校生が自分で通信料を自分の口座から払いたいというような場合はこのLINEモバイル+LINE Pay カードとの組み合わせはいろいろおすすめです。

LINEモバイルの場合、データ専用のプランであっても広告を見ることによって無料で一般電話・携帯電話に掛けられる「LINE OUT FREE」という機能があり、LINE専用ということだけでないポテンシャルがあるので、学生が自分の力だけで持つSIMとしても(単体でこれしか使わない場合はSMSオプションは付けた方がいいかも知れません)大いにおすすめしておきます。

LINEモバイル


格安SIM・スマホ ブログランキングへ