カテゴリー別アーカイブ: UQ WiMAX

UQ WiMAXの解説です。

UQ WiMAX その3 WiMAX 2+サービスの通信制限が2017年2月2日から変更

モバイル通信で利用したいという方だけでなく、自宅に電話回線(光回線)を引けなかったりすぐに移動するので引きたくないという方に適したモバイル通信は、LTE通信よりも「Wimax 2+」の方をおすすめしたいケースがあったりします。

ここではあくまで本家のUQ WiMAXを紹介しますが、通信の内容については他のWimax 2+でも同じです。全てをWimax 2+で利用したいという場合は小型のモバイルルーターがありますし、自宅でのみ使いたいという場合には大きなアンテナで受信感度を上げられる(電波を受けられない場合には当然スピードも遅くなります)ルータータイプの製品もあり、用途によって分けられます。

個人的にはスマホには格安SIMのLTE対応SIMカードを入れて使い、自宅に戻ってからはWimax 2+のルーター経由でWi-Fiを使うのがスマートだと思いますが、以前に書いた「ギガ放題」の通信制限の量が2017年2月2日から変更されることが発表されましたので、その点について紹介させていただきたいと思います。

まず、現状での制限というのは「3日間の利用量が3GBをオーバーした時」にかかるようになっていて、その速度は「YouTube動画のHD画質レベルが見られるくらい」ということで大体3~4Mbpsくらいまで落ちるということになっています。

新たな基準に置きましては、制限後の速度低下については「YouTube動画の標準画質レベルが見られるくらい」の約1Mbpsとかなり遅くなりますが、制限にかかるまでの数値も変更されます。その数値とは「3日間の利用量が10GBをオーバーした時」というものです。

1日に換算すると3.33GBまでは光通信並みの速度で利用でき、さらに制限は3日間のトータルでかかるので、しっかりと3日間ごとの利用データ量さえ把握しておけば、個人での利用でしたらほぼ問題なく制限にかからずに利用できることが予想されます。
ですから、Wimax 2+で小型のモバイルルーターを利用してLTE通信のMVNOと併用するなら、外でもWi-Fiの利用を考えなくても常に快適な速度で運用が可能になります。さらに今のMVNOでは安い料金でもLINE、Facebook、Twitter、Instagramのようなコミュニティ系のサービスについて高速クーポンを減らさずに利用できるようなプランも続々と使えるようになってきています。基本的な利用は安いMVNOのサービスを使い、動画やオンラインゲームなどはWimax 2+のルータ経由で行なうという合わせ技を使うということも現実的です。

もちろん、自分の行動範囲や自宅がWimax 2+のエリア内にあることが条件になりますが、全てをモバイル回線で利用し、有線を引かずに済ますということも今回のUQ mobileの発表によってしやすくなったというのが正直なところではないでしょうか。




格安SIM・スマホ ブログランキングへ


UQ WiMAX その2 選ぶプランは「ギガ放題」がおすすめ

実際「WiMAX2+」が使えるエリアかどうか確認ができましたら、次にどのプランで加入するのがいいかを見ていきましょう。「UQ WiMAX」のプランは大まかに分けて2つあります。

・「Broad WiMAX 2プラス 定額プラン1」月額2,856円(税別 以下同じ)
・「Broad WiMAX 2プラス 定額ギガ放題プラン1」月額3,541円

この2つのプランは通常初期費用がかかる前提で月額が安いプランですが、キャンペーンの名のもとに初期費用がかからないケースがありますので、初期費用無料のキャンペーンが行なわれていれば、このプランから選べばいいでしょう(さらに一定期間の月額を安くするキャンペーンもある場合があります)。なお、契約期間は基本2年間の縛りがあり、2年後に来る更新月に解約すれば解約金がかかりませんが、それ以外の月だと、特に加入後すぐ解約すると多額の解約金を払うことになりますので、少なくとも2年間は使い続けることを考えての加入がいいでしょう。

プラン同士は月単位で見直しができますので、乗り換えすることも可能ですが、「定額プラン」は、高速での利用は月間7GBに制限されたプランです。確実に月間7GB以内で済ますことができるなら安くていいですが、月間7GBを超えると何と128kbpsという携帯大手三社と同じ規制をその月終わりまで課せられてしまいます。というわけで、「WiMAX2+」のメリットを生かしたい場合は「定額ギガ放題プラン」の方で契約を続けるのが個人的なおすすめになります。

ただ、使おうが使うまいが必ず固定された料金を請求される自宅でのインターネットと比べ、例えば家に帰らず外では別のネット環境が使えるようになる期間があるようなケースでは、その月だけ「定額プラン」に変更することで通信料の節約をはかれます。ハードを持ち運べるモバイル運用の利便性とともに、利用形態の変化によっては多少安くなって契約を維持できるというメリットもありますので、一年の中でモバイルの利用頻度が変わることがある場合はこうしたプラン変更についても必要に応じて利用することが安くネットを使うコツです。

プランが決まったらハードの選定に入りますが、この点は他の通信業者のようにスマホもタブレットもデータ通信用端末もという形ではなく、基本的には全てデータ通信専用端末という形の品揃えになっています。最高速を追及したい場合には最新のモバイルルーター、安かったりセットでおまけが付く場合は型落ちのものという感じで他の買い物と変わりませんが、「UQ WiMAX」の場合は全ての端末で端末料金をサービスする場合がほとんどなので、自分の使いたい機能のあるものか、最新の「モバイルルーター」を購入するのがおすすめです。なぜなら、モバイルルーターには別売ににはなりますが、充電台の代わりにもなる「クレードル」が使えるからです。

この「クレードル」は、単に充電用ということだけではなく、モバイルルーターが受信した電波をWi-FiやBluetoothなどの無線通信だけでなく、Ethernetケーブルをクレードルに繋げば有線でも利用できる機能が付いています。デスクトップパソコンを使いたい場合は有線の環境はやはり必要でしょう。また、旅先のホテルで利用する際に、有線LANのコードのみある場合、モバイルルーターとクレードルのセットは設定を変更することによってホテルのインターネット回線のアクセスポイントとしても機能させることができるものもあります。普段使っているルーターにつないでいるのでパソコンやタブレットの設定を変える必要なくホテルの高速インターネットをWi-Fiで楽しむことも可能です。クレードルについてはアクセサリーとして別売りになりますが、必要ないと思っても後から必要になった時のための事を考えて、できるだけ新しいモデルを選びましょう。古い機種だと別売りアクセサリーの販売が気が付いた時には終わってしまっている恐れがあるためです。

この他に「UQ WiMAX」が用意している端末としては、USB端子に差すスティックタイプの端末や、大きなアンテナの付いたホームルータータイプのものがありますが、それぞれパソコンとの組み合わせ専用だったり、自宅で使うためだけのものになってしまうので、確実に用途が決まっているならいいですが、そうでないなら売れ筋でもある「モバイルルーター」タイプを選んでおくのがいいでしょう。




UQ WiMAX その1 WiMAX2+の速度制限について

以前は、様々な方法でのモバイル通信がその覇権を競ってきましたが、現在では外での電話だけでなくインターネットも一緒に携帯電話回線で行なうようになり、携滞大手3社に「Y!mobile」を加えた4つの通信会社が使っている回線でモバイル通信が行なわれるようになり、その中でドコモとauの回線をMVNO業者が借りて提供しています。

ただここで、もう一つのモバイル通信の方法として「wimax」というモバイル通信の仕組みがあります。既にauのスマートフォンを使っている方の中には携帯の電波と「Wimax2+」の両方が使える端末を使っている方もいるかも知れませんが、高速の通信を携帯電話の回線とは別に使えるというのが大きなアドバンテージになっています。ここでは、その「Wimax」を専門に扱っている「UQ WiMAX」の「Wimax2+」の特徴(ここでは特に「ギガ放題」の場合)についてまずは紹介していきます。

「Wimax」とは無線通信を使ったインターネット回線の提供をする「UQ コミュニケーションズ」のサービスですが、Wi-Fiでカバーできる範囲より広く、ある程度は面で広域をカバーできるモバイル無線インターネットのサービスです。携帯電話のエリアにはさすがに劣りますが、電波を捉えられる場所でなら、携帯電話の回線よりも高速で安定したインターネット環境を実現することができます。

ただ、多くの利用者が集中することによって、限られた電波の帯域を使う無線インターネットはある程度の速度制限をしないと、全体の中ではわずかなヘビーユーザーの動向によって多くの普通のユーザーの使い勝手が悪くなってしまいます。「Wimax2+」では、3日間で3GBのデータ通信量をオーバーすると速度制限がかかるようになっています。しかし、ポイントなのが、実際に「低速」と言われる制限速度が携帯電話が使っている3GやLTEでの制限とは全く違うという点です。

「UQ WiMAX」のホームページでは、「Wimax2+」では通常で最大220Mbpsのダウンロード速度を誇りますが、3日間で3GB以上使った後の制限は、

『目安としてYouTube動画の標準画質が見られるレベルでしたが、より利便性の高い運用方法の準備が整うまでの間、それを上回る速度』
と書かれています。つまり、今後最大幅に制限されても1Mbps前後は出るという風に読み取るのが自然でしょう(ちなみに、多くのMVNOで制限される場合の低速は200kbpsで、携帯大手三社では128kbpsという速度です)。これは、だいたい低速のADSLくらいの速度とも言えるので、他のモバイル接続と比べると十分固定インターネットの置き換えにはなると思われます。

さすがに今後、4Kのテレビにつなげばスムーズに動画を再生できないでしょうが、パソコンやタブレットで動画を見るくらいなら制限を受けた後でも何とかなるのではないでしょうか(あくまでも上記内容通りのスピードが出た場合です)。他の安いMVNOでも固定インターネットの置き換えにはなるかも知れませんが、常に時間や使い方による通信規制の事を考えながら使わなければならないでしょう。いつでも快適にインターネットの動画視聴について保証しているようなホームページの書き方をしているのは、「UQ WiMAX」以外にはありません。

住宅事情でインターネット回線の工事ができなかったり、短い期間で転々と居場所を変えなければならないケースなど、固定インターネット契約をどうしてもできない場合、「Wimax2+」は利用可能エリアさえ住居があれば、単にモバイルルーターを窓際に置くくらいで済みます。こうしたメリットを考えた上で、家では「UQ Wimax」、外ではMVNOという使い分けもいいでしょう。もちろん全てを「Wimax2+」だけでまかなうこともできるので、自宅とモバイルインターネットを一つにまとめてしまえば、トータルの出費として安くなる場合も出てくるでしょう。

ここまで読まれて興味を持たれた方は、まずはご自身の自宅および出掛ける場所が、「Wimax2+」のエリアに含まれているかどうかを確認してみましょう。その上で、料金や契約する際のハードの選定に入ることになります。