カテゴリー別アーカイブ: Wi-Fiサービス

Wi-Fiを提供するサービスについて紹介します。

アパマンショップの「FON無料」とは?

この時期、テレビで「アパマンショップ」で部屋を借りると、Wi-Fiの「FON」が無料で使えるというサービスを前面に出したコマーシャルが放送されています。今ではスマホやタブレット端末だけでなくノートパソコンにもWi-Fi経由でインターネットに繋がる機能がありますので、自宅にネット環境がなくても利用できるのかと思ってしまいそうです。そこで、アパマンショップのウェブページからもう少し詳しい情報を調べてみると、以下のような事がわかりました。

(ここから引用)
「アパマンショップwebからお問い合わせの上、月額家賃20,000円以上の物件をご成約の場合、FON Wi-Fi のIDをプレゼントします」
(以上、アパマンショップのウェブサイトから引用させていただきました)

コマーシャルだけ見ると、気の早い方は賃貸物件の中でWi-Fiが無料で使えるようになると考える方もいるかも知れませんが、そんなケースもないとは言えませんが全てそうではないということに注意が必要です。というのも、FONというサービスというのは「相互扶助」の精神に基づいて展開されたWi-Fiサービスだからです。

自宅にインターネット回線を引いている方の中で、自分が使っていない時や、使っていたとしてもその帯域の一部を同じFONのサービスを利用している人限定で開放するというのがFONによるWi-Fiエリアになります。専用のFONルーターを自宅のモバイルルーターに接続して電波を出すことで、同じくFONルーターを持っていて自宅のネット環境を一部開放している人か、このキャンペーンのようにFON Wi-FiのIDを持っている人限定で他人の家から出ているWi-FiのFONルーターに接続してインターネットを利用できるようにしているのがFONサービスであるのです。

ですから、アパマンショップのウェブサイトにも書いてありますが、たとえFON Wi-FiのIDを無料でもらったとしても、FONルーターを開放している所が近くになければ、自宅ではその恩恵を受けられないということになります。

ただ、海外ではこの仕組みはかなり発達しているので、海外旅行先でFON Wi-FiのIDを持っていれば便利に使えますし、今後の状況によっては東京オリンピックの時期に海外からやってくる観光客のためにFONルーターが大量に投入されることによってエリアの拡大が図られるかも知れません。詳しくは「フォン・ジャパン」のホームページから見ることができる全国のエリアマップは今後の展開についての説明をお読みいただいた上で評価してみていただきたいと思います。

個人的には首都圏で部屋を借りる時にはFONのエリアが使えれば使える場所も結構あると思いますので、アパートをどこにするか考える時に、FONエリアとの兼ね合いで決めるという方法も使えるのではないかと思います。うまくいけば自宅内で他人の設置したFONルーターを使ってのネット接続が十分可能な場所が多くあるかも知れませんので、複数のアクセスポイントが重なっているような場所を選べば、もし一つのアクセスポイントがなくなっても利用は続けられます。

どちらにしてもこのキャンペーンは、アパマンショップのプレゼントという意味あいが強いと思いますので、もしこれからの時期にアパートに引っ越そうと思っている方は、こうしたサービスの活用も考えてみるのも面白いのではないかと思います。




格安SIM・スマホ ブログランキングへ