カテゴリー別アーカイブ: DMM モバイル

DMM mobileの解説です。

DMM mobile その7 通話定額オプション料金据え置きで10分に拡大

DMMモバイルの特徴として、頻繁に内容変更を繰り返しながら他社にならうところはならい、独自のプランも出してみたりして、プランが多いというものがあります。

こういったMVNOというものは、たとえ他社で魅力的なプランが出たとしても近い将時にはその流れを追う可能性が高いとみて、特に1年間の解約金がある音声通話SIMとのセットで利用するにはおすすめの点があるMVNOだと思っているのですが、肝心の音声通話オプションについては他社が10分までの定額が当り前になっている現在、この文章を書いている現在ではまだプレフィックス方式の定額電話サービスは5分までの通話のみをカバーするだけでした。

それが、とうとうと言いますか「5分かけ放題」を「10分かけ放題」に拡大し、さらにオプション料金は据え置きになる新たなサービスを2017年10月1日から開始するというニュースが入ってきました。

こういう流れを大手MVNOが行なってくれると、逆に今の大手キャリアの通話定額は「無制限」か「5分以内」しかありません。さらにスマホに2年縛りを付けても音声通話のセット料金(データ料金は別)で1,700円(税別価格 以下の表記も同様)とそれほどの安さを感じませんので、さらに大手キャリアからMVNOへの流出が止まらなくなってしまうのではないかという気もします。

それだけに、既存のMVNOも早いうちに5分以内ではなく、10分以内にまで定額通話の時間を拡大したオプションを持っている方が、ユーザーに選ばれやすいということは言えるでしょう。

また、今回のDMMモバイルの発表に合わせて、単なる10分定額がメリットでなくなってきていることも確かです。こちらの記憶では最初に10分定額を導入したOCN モバイル ONEでは既に10分定額に加えて全ての通話番号のうちのトップ3の通話料をオプション料金を出すことで定額にする新たな通話オプションを出しています。今後は、ユーザーの動向を探りつついかに効果的で魅力的なプランを出してくるMVNOが出るかということも注目されます。DMMモバイルも、今後は音声通話SIMを使うユーザーに合わせた、さらなるユニークなオプションを今回の発表を機に出して行って欲しいですね。

DMMモバイル


DMM mobileその6 高速クーボン15GB 20GBの料金が値下げ 5分定額も

DMM mobileは多くのプランを持ち個々のユーザーの希望に合ったプランを見付けやすいということと、本家IIJmioと同じ回線を使っていながら料金が安いという特徴を持ったMVNOです。ここでも2017年2月からの価格およびサービスが変わりますので紹介します。過去に紹介した内容について違いが出ると思いますが、新たなプランや価格の変化が発表されましたらできる限りここで追っていきますので、最新の料金が気になる方はこのカテゴリーの中の一番上の最新情報をごらんいただきたいと思います。

まず、一部のユーザーの中から要望が強かったと思われる、音声通話SIMにおける5分定額オプションが2017年2月23日より利用できる運びになりました。詳しい事は改めてお伝えしようと思いますが、5分以上の通話については30秒10円ということなので、プレフィックス番号を使った独自の電話サービスを使ったものであることは間違いありません。

そして、高速クーポンの中でも競争が激しそうな大容量の15GB 20GBのプランを値下げすることを発表しました。ここでは改めての全プランの内容をIIJmioのDプランとの料金の比較で紹介することにしましょう。

・データSIMプラン(SMSオプションなし)
ライト 440円
1GB 480円
2GB 770円
3GB 850円(IIJmio 3GBプラン 900円)
5GB 1,210円
7GB 1,860円(IIJmio 6GBプラン 1,520円)
8GB 1,980円
10GB 2,190円(IIJmio 10GBプラン 2,560円)
15GB 3,280円 ※新価格
20GB 3,980円 ※新価格

・音声通話プラン
ライト 1,140円
1GB 1,260円
2GB 1,380円
3GB 1,500円(IIJmio 3GBプラン 1,600円)
5GB 1,910円
7GB 2,560円 (IIJmio 6GBプラン 2,220円)
8GB 2,680円
10GB 2,890円(IIJmio 10GBプラン 3,260円)
15GB 3,980円 ※新価格
20GB 4,680円 ※新価格

大体、以上のような価格になりますが、多くのMVNOの中でもこれだけバリエーションが多く安いMVNOは他にないでしょう。プラン乗り換えで個人のニーズに足るなら、あえて他のMVNOに移出しなくても同じDMM mobileの中でプラン変更を行なえばいいので、今までDMM mobileの15GB以上の高速クーポンの値段が高いと思って乗り換えを考ていた人を思いとどまらせる効果もあるでしょう。

他のMVNOと比較しても、DMM mobileの料金はこまめに変わっていくので、あわてて他社と契約する前に現在の料金プランはどうなっているのか確認することも大事になってきます。このブログでもできるだけ最新の情報に基づいて紹介はしていく予定ですが、公式サイトから最新の料金を確認することも改めておすすめしておきます。

DMMモバイル


「DMM モバイル」その5 業界最安値宣言は伊達じゃない?

このブログはできる限り最新の情報をお伝えするために、新たなニュースが入った時点で更新させていただくつもりですが、もし検索ワードからこのブログを訪れた方は、過去の情報が書かれた箇所のみを見て帰られる場合もあるかも知れません。基本的にブログの情報というのは新しいものから先に表示されるようになっているので、「この情報は最新のものか?」と疑問に思った場合は、各カテゴリーへのリンクを一度クリックしていただいて、そのカテゴリーの最新の情報にも触れていただくと、新しい情報に触れられるような形でブログを運営していく予定です。

なぜこんな事を書いたのかというと、「DMM モバイル」では2016年4月1日より価格改定が行なわれ、MVNO全体での価値比較においても変動が出てきます。以前の料金体系のままだと誤解をしていると、お得なプランを知らないまま高いプランを続けてしまうことにもなりかねませんので、特に何度も訪れていらっしゃる方には、ぜひとも最新の情報からご覧頂ければと思います。

さて、「DMM モバイル」の料金についてですが、今回新しくなった部分だけをここでは紹介します。何しろ多くのプランがあるのが特色のMVNOであるので、それ以外のプランについては改めてお調べ下さい。

(データSIMプラン)※の金額は「イオンモバイル」の同プラン

・1GB 590円から480円へ110円減額 ※480円
・8GB 2,140円から1,980円へ160円減額 ※1,980円
・15GB 4,570円から3,280円へ減額 ※同プランなし(12GB 2,680円)
・20GB 6,090円から3,980円へ減額 ※4,980円

(音声プラン)
・2GB 1,470円から1,380円へ90円減額 ※1,380円
・5GB 1,970円から1,910円へ60円減額 ※同プランなし(6GB 1,980円)
・8GB 2,840円から2,680円へ160円減額 ※2,680円
・10GB 2,950円から2,890円へ160円減額 ※同プランなし(12GB 3,280円)
・15GB 5,270円から3,980円へ減額 ※同プランなし
・20GB 6,790円から4,680円へ減額 ※5,980円

なお、音声プランの8GB以降ではSIMカードを3枚まで増やせますが、その料金も改定しています。詳しくは「DMM モバイル」のホームページ上から確認してみて下さい。ここで、あえて参考として「イオンモバイル」の同プランとの比較をさせていただいたのですが、今回の「DMM モバイル」の価格改定は「イオンモバイル」の料金体系に対抗するような形で行なわれているのがおわかりになるかと思います。さらに、イオンモバイルにないプランまで変更している点にも注目してみてください。

もちろん、MVNOを選ぶにあたって価格が全てではありません。しかし、業界最安値をうたう「DMM モバイル」としては、こうした動きには敏感で、今後もし安いプランが出てきたとしても、後追いの形ではありますが追随して毎月の料金が下がる期待が持てるMVNOであると言えるでしょう。

また、あくまで安くという方には今回紹介したプランのうち、「DMM モバイル」ではプランを作っているものの、「イオンモバイル」には設定がないプランで毎月の利用料が下がったプランを狙ってみるというのもいいかと思います。回線自体は「IIJmio」と同じものを使っていることで安心感もありますし、安い他社の金額を検討し自社の利用料も下げてくれるということで、乗り換えの手間と費用もかからず、ほぼ業界最安値での運用ができるというメリットもあります。安いMVNOは使いたくても、次々に安い事業者が出てくるとそれに振り回わされてしまうような方は、むしろこまめに価格改定を行なってくれる「DMM モバイル」に入りながら低額での運用をされるのが乗り換える度に事務手数料を払うよりもよっぽど経済的かも知れません。

DMMモバイル


「DMM モバイル」その4 アフターサービスも安い?

ここまで、何よりも他社より安くいいサービスを提供することが「DMM モバイル」の理念のような感じがするわけですが、アフターサービスはどうでしょうか。この種の事について評価する場合、どれだけ優良なサービスを展開している会社であっても、たった一つの顧客対応が失敗し、その内容がネットユーザーに明らかになった時点で「最低」という口コミがあふれてしまうケースが散見しています。直接会って話せば丸く収まるようなことでも、電話やメールだけのコミュニケーションでは十分にお互いの意志が通わず、それがトラブルの元になってしまうケースもあるでしょう。

そんな中、あくまでも客観的に各々のアフターサービスおよびクレーム処理について評価する場合、気になる事があります。会員からの問い合わせ窓口の拠点が全国網羅されているかどうかというのがまず第一ではありますが、直接行って話ができないまでも電話での話が心おきなくできる環境を提供してくれているかどうかが、会員に対するサポートの第一の評価規準ではないでしょうか。

「DMM モバイル」では入会前の相談ダイヤルと入会後の会員サポートの電話番号が分かれていますが、どちらの番号も通話料相手側負担のフリーダイヤルで、さらに携帯電話でもフリーダイヤルが使えるようになっています。いわゆる大手の企業の中でも、サポートダイヤル自体がフリーダイヤルでなかったり、固定電話からなら無料でも、携帯電話からだと通話料負担しなければならない場合が結構あるものです。その点からすると、繋がるまで待たされることはあるかも知れませんが、相談についてユーザーが通話料を負担することのない「DMM モバイル」のアフターサービスに対する姿勢は標準以上と言っていいでしょう。ちなみに受付時間は午前10時から午後7時までで、相談は年中無休です。

次に、アフターサービスとして重要なのが、「DMM モバイル」で購入した端末が破損や故障した場合にどうなるのかということがあります。自然故障については1年間のメーカー保証がありますが、それ以外の破損についてはメーカー保証を受けることはできません。そこで「DMM モバイル」が端末購入時に用意しているオプションサービスが「端末交換オプション」です。

ここでのサービスは修理ではなくあくまで新たな(新品かどうかはわかりません)端末との交換という対応になります。端末の中にしか入れていないデータは失なわれる可能性が高いですから、データをカードにバックアップしたり、クラウドにもデータを置いておくような事は必ず行なっておくことが大切です。

この「DMM モバイル」が行なう「端末交換オプション」ですが、月額は350円(税別)で、実際に交換する場合に自己負担分として3,000円の支払いが必要です。それでも、スマホを新しく買い換えることを考えれば安く代替機を入手することができます。この端末交換ができる場合というのは以下の通りです。

・自然故障(メーカー保証が残っていればそちらが優先されます)
・破損全般
・水濡れ

以上のケースのみ出るということですので、「紛失」「盗難」「自然災害が原因となった故障」については適用されません。さらに交換できるのは1年間に1回までという制限もあります。こうした内容は事業者によって違いますが、白ロムのスマホでは補償自体がなかったり、ネットで新品を購入しただけだと端末補償が1年間のメーカー保証のみというケースもあるので、SIM契約をした「DMM モバイル」で端末購入を決めたなら、それと同時にいざという時のための「端末交換オプション」に入るという選択もいいのではないでしょうか。

DMMモバイル


「DMM モバイル」その3 多彩さと安さのSIMカードシェアプラン

これから紹介する「シェアプラン」というのは、複数枚のSIMカードを一つの契約にまとめることができるものです。高速クーポンが付いた契約なら複数枚で10GBなら10GBの容量をそれぞれ使うようになります。例えば家族で1枚ずつ使った場合、高速クーポンの消費は早い者勝ちになり、それまで全く使っていなかった人がいざ使おうとしたら高速通信を使えなくなったりすることもあります。ちなみに、「DMM モバイル」では、ウェブや専用アプリで高速クーポンの消費をするかしないかをその都度選ぶことができますので、親が子供のデータ使用量を管理することもできます。ただ、使える高速クーポンをSIMカードごとに割り振ることはできないので、家族でも一人一人平等に高速クーポンを使いたい場合は、3人で10GB契約するよりも、個人個人で3GBごとの別契約にした方がいいケースもあります。高速クーポンを使う人と使わない人の差が極端な場合は、一人で大容量の契約をするより今回紹介するシェアプランを使った方がトータルでの出費を抑えられる事もあります。

また、シェアプランの活用のしかたとして、一人で3枚使うというケースも実はあります。一人でスマホもタブレットもモバイルルーターも持っていて、状況によって使う機器を使い分けたいというような場合は、それぞれの端末にSIMカードが入っていればSIMカード入れ換えの手間もなく使いたいものを使いたい時にすぐ利用することができます。この場合は一人で高速クーポンを消費するので、残量の管理も自分の使う分だけを管理すればよく、SIMカードを増やすのにわずかな追加料金で複数の端末を一緒に使えるというメリットが出てくる場合があります。

そのような、色々な理由があるでしょうが、一つの契約で複数枚のSIMカードを手に入れたいと思った時、考えなければならないのはその価格です。価格といっても様々な条件でどのMVNOがいいかということは変わってくるかと思いますが、以下のようになっています。

・データ通信SIM3枚まで 2,190円
・通話SIM1枚とデータSIM2枚まで 2,950円
・通話SIM3枚まで 4,350円

他社の同様のSIMカードシェアプランと比べると、あえて安くしているような感じのプランになっていて、さらに一人で使われることを見越したような、主契約が通話もできるSIMで、追加をデータ専用SIMにできるなど、加入時のバラエティも豊かです。なお、データ通信SIMを増やす際に、SMSオプションの付いたSIMカードが欲しいという場合は、カードを発行する前に申込みが必要で、一枚ごとの月額は150円ずつがプラスされます。

ここまで、「DMM モバイル」のSIMカードシェアプランを紹介してきましたが、一つ注意したい事があります。普通、格安SIMの最低契約期間は音声SIMにのみ設定されていることが多いですが、シェアプランの場合はデータ通信SIMのみのシェアプランであっても12ヶ月までは解約料9,000円がかかります。料金が安い分長期契約が必要だと割り切って、契約後は使い倒す気で利用するのがいいでしょう。

DMMモバイル


「DMM モバイル」その2 微妙に料金の違うデータSIMプランと音声SIMプラン

「DMM モバイル」の大きな特徴が、他のMVNOでもここまではしないと思われるきめ細やかなプランの多さでしょう。最安プランということでは他社では0円というある意味利益を度外視したプランがあるのでそれには及びませんが、同等のプランを行なうサービスの中ではことごとく最安を狙った戦略的なプランを出してきています。

基本になるのはデータ通信SIMプランです。高速クーポンのない「ライトプラン」は安く、データ通信のみで月額440円、音声SIMにしても1,140円(ともに税別価格・以降も同じ)と格安で契約を維持できます。それ以外にも実に容量別プランが多いのが「DMM モバイル」の凄いところです。まずは一通りその内容を紹介しましょう。(カッコ)の中は音声SIMプランの料金です

・ライトプラン 440円(1,140円)※高速クーポンのないプランです
・高速1GBプラン 480円(1,260円)
・同2GBプラン 770円(1,380円)
・同3GBプラン 850円(1,500円)
・同5GBプラン 1,210円(1,910円)
・同7GBプラン 1,860円(2,560円)
・同8GBプラン 1,980円(2,680円)
・同10GBプラン 3,280円(3,980円)
・同15GBプラン 3,980円(4,680円)

一通りこの内容を見ていると、高速クーポンの容量の比率に見合った料金設定ではないような気がしますし、さらに言えることは、他のMVNOで音声SIMプランをデータSIMプランに付ける時に、必ず+700円になるのに対し、「DMM モバイル」ではそうした法則が通用しないプランがあるのもわかります。他社と比較した場合、容量プランの違いで更に安くなったり高くなったりするかも知れませんのでご注意下さい。

さらに、容量別の料金の差を見るともっと面白いことがわかります。データ通信SIMプランの8GBと10GBとを比べると、こちらは高速クーポンの差が2GBあるのに料金は210円しか変わらないのです。これは、事細かくほぼ1GB毎に料金を決めてしまったことで起こったことだと思いますが、こうした差額を十分確認した上で契約するようにした方が断然お得であることは改めて言うまでもない事でしょう。音声3GBプランとデータ10GBプランはこうしてみると強引に安くした印象がありますので、他社の同じようなプランとも比較してみた上でより自分にとってお得な高速クーポンが付いたプランを探してみましょう。

DMMモバイル


「DMM モバイル」その1 回線の特徴はIIJmioと同じなのに安いわけ

「DMM モバイル」を運営する「DMM.com」は、テレビコマーシャルでも露出度が高く、多くのメディア事業を展開しています。そうした事業の一環として「DMM モバイル」という格安SIMによる通信事業を開始したわけですが、事業を展開するにあたり協力関係にあるのが、格安SIMの事業者としては老舗の「IIJmio」です。

この協力関係によって多くのメリットが生み出されました。「DMM モバイル」自体でNTTとの交渉をやり細かなサービスまで独自に考えるのでなく、すでに格安SIMの中でも一定の評価を得ている大手の「IIJmio」のシステムをそのまま使ったサービスを提供することで「DMM モバイル」側は無理に手間を掛けることがない業務上のメリットが出ます。逆にユーザー側も安心して、「DMM モバイル」が信頼性の高い回線であることを理解した上で利用することができるのです。

ただ、「DMM モバイル」の回線の質が「IIJmio」と同じだと言っても全く同じプランとサービスを同じ金額で提供していては本家にはかなわない部分が出てきます。そこで「DMM モバイル」が英断したのが自らの利益を圧縮することによってユーザーが払う料金を安く抑えた「攻め」の料金プランの数々です。これは、薄利多売としての考え方で、たとえ単価は少なくても多くのユーザーの契約を得ることによって利益を確保していくことを目指した実に戦略的プランを作っていると言えます。

ここで改めて「DMM モバイル」と協力関係にある「IIJmio」回線の特徴についておさらいしておきます。さらに詳しい内容についてはこのブログで別カテゴリを立てて説明しておりますので、そちらのページの内容も参照していただければ幸いです。

・比較的高速クーポンでの速度低下が少なく安定していると言われる
・高速と低速を専用アプリで切り替え、高速クーポンの節約か可能
・高速クーポンを使い切れない場合、翌月へのくりこしが可能
・低速利用時でも「バースト機能」により読み込む最初だけ高速が出る
・SIMカードを一契約でも複数枚持つことができるプラン有り
・音声プラン加入者用に「みおふぉんダイヤル」に相当する「DMMトーク」アプリ提供
・低速でも3日間のデータ通信量が366MBを超えると更なる制限がかかる場合も

このような内容を十分理解した上で、毎月のプラン別による金額の差を考えていけばいいのではないかと思います。

DMMモバイル