カテゴリー別アーカイブ: nuroモバイル

So-netの解説です。

nuromobile その5 お子さんの教育にもいい? 新しい「時間プラン」

冬から春にかけて、キャリア大手のテレビコマーシャルは学生にターゲットを定めて割引というキーワードで新中学生・高校生の契約を取ろうとしています。しかし、これから紹介するnuromobileの新容量プラン「時間プラン」の内容を確認してから大手を検討することをぜひともおすすめしたいところです。

このプランはどういうプランかというと、毎日5時間まで下り最大375Mbps、上り最大50Mbpsという高速通信を無制限に適用することができるプランという風になっています。様々な疑問があるとは思いますが、ユーザー側でスピードを調節することはできず、高速通信が必要な動画閲覧が延べで5時間に達すると最大200kbpsという低速でしかその日のうちには利用できなくなります。
メールやLINEでも制限時間は減るのか? というのが気になるところですが、nuromobileのホームページには以下のような説明があります。

(引用ここから)

・弊社のシステムで一定時間内に高速通信に切り替えるべき通信量を検知次第、5分高速時間をユーザへ自動付与します。

・5分高速時間の終了時、動画閲覧中などにより、引き続き高速通信を維持すべき通信量を検知した場合にのみ、さらに5分高速時間をユーザへ自動付与し、不必要な高速通信時間の消費を抑制します。

(引用ここまで)

この説明によると動画は高速通信提供の通信と見られるようですが、テキストを使ってのメールやSNSへの投稿などは高速を必要としない通信として低速のまま接続されるとも読めます。ただネットを見ていて多くの画像をダウンロードすれば高速で通信して一日に使える時間が減っていくことになるでしょう。ですから、頭を使って5分以内にダウンロードするようにし、5分を超えた場合でも10分以内に終わるように気を付ければ、かなり効率的に高速通信を使えるようになるかも知れません。

逆に言うと、ネットサーフィンをしながらだらだらスマホを見るような生活ではなく、必要なものをまとめてダウンロードしてくれるアプリを利用するとか、音楽や動画もストリーミングで見たり聴いたりしないでダウンロードして保存してから楽しむようにするとか、様々な工夫でかなりのことができる格安SIMプランになるのではないかと思えます。

料金はSMSオプションのないデータ専用SIMで2,500円/月(税抜価格 以下の価格も同様です)、SMSオプションを付けると2,650円/月、音声通話SIMなら3,200円となります。また同時に専用アプリを使った電話サービスおよび、5分までの通話を定額で使える通話オプションを800円/月で提供することも発表されています。最大でも4,000円/月という価格は、格安SIMの価格としても少し高いと思えるかも知れませんが、大手キャリアの通信費と比べるとそれでも十分に安いですし、中高生のお子さんに使わせる場合に実に効果的なプランではないかと私には思えます。

よく、親が子にスマホを使わせる場合、動画を見るのは○時間までというような約束をさせることもありますが、常に様子を見ていない限りその通りにしてくれる場合はないと考えた方がいいでしょう。しかしこのプランならnuromobileの方で一日に高速通信が5時間を超えたら低速に固定してくれますので、どうあがいても動画を見ることはできませんし、ちょっと重いページを見ようとしてもストレスを感じるようになります。ただ、このスピードなら音楽はストリーミングで聴けますし、LINE電話もビデオ電話でない音声通話だけなら大丈夫なので、友人とのコミュニケーションから外されることもありませんし、低速になった場合の対応も自分で何とかするように考えさせることもできます。

個人的にもこの条件というのは気を付けて使えば高速通信を十分に楽しめるだけのポテンシャルを持っていますので、どのように使えば自分の見たいものがこのプランで利用できるようになるのかということを使いながらサービスを目一杯使うための学習することができるプランであるとも言えます。ついつい夜更かしして日付けが変わったのに気付かず朝になる前に高速利用時間を結構使ってしまい、その日の残りがわずかになって呆然とするような失敗も起こすかも知れませんが、それがこのプランの「決まり」ですので、文句を言ってもしょうがないわけで、十分に自分のやった愚かな行ないを悔い改めるきっかけも生まれるかも知れません。

今後、スマホを何に使うと高速通信になるのかという事には多くのユーザーによる検証が必要にはなりますが、春からお子さんにスマホを持たせなければならないと思われる方は、安易な割引プランに流されることなく、このnuromobileのプランを是非検討してみることをおすすめします。もちろん、自分のペースで最安の2,500円で使い尽くすために大人が使うのも有りです。使い残した高速利用時間は繰り越されないので、ヘビーユーザーにもおすすめかも知れません。


格安SIM・スマホ ブログランキングへ


nuromobile その4 「0sim」申込みは月ごとの定員制に

2016年11月までは0の付く日のみに受付可だったnuromobileの「0sim」ですが、2016年12月以降にはまた変わった方法での申込みを受け付けることになりました。その方法とは、日付には縛られないものの、毎月7777枚(人数ではないことに注意)までしかSIMカードを発行しないというものです。

つまり、この7777枚というのがどの程度ではけてしまうかという問題もあるのですが、すぐに「0sim」が欲しいと考えている場合は、月初にすぐ申し込む必要が出てくるということです。例えば家族で複数枚欲しいというような場合には、希望の枚数をゲットできなくなる可能性も当然出てくることになります。

果たしてこのまま尻すぼみのようにサービス自体が無くなってしまうのか、過去に加入したものの使わずに自然解約になったものが出てきたらこの申し込み方法も変わるのかどうか、ちょっとわかりかねますが、少なくとも0円で毎月維持することのできるSIMカードというものは貴重であり、入手するのが今後は難しくなることだけは間違いないような気がしています。

muromobileがこのような形に舵を切った背景には、いわゆる冷やかしで使わないのに持っているようなユーザーをできるだけ排除したいという思惑もあるのかも知れません。実際問題、購入したものの月間500MB以内で収まる使い方というのはなかなか難しいものがあり、使いこなせないまま放置されているSIMカードも多いことでしょう。
そこで改めて有効な活用法について考えてみますと、まず考えられるのがSIMカードが2枚入るスマホでの利用です。メインのデータ付き音声SIMで高速クーポンを使い切ってしまった場合に0simに切り替えることで、月間の高速クーポンを500MB増やすことができます。切り替えの手間は必要になりますが、メインのSIMカードの高速クーポンを使い切らない状況であってもあえて自然解約にならないように使うという事も簡単にできます。

次に、ほとんど使うことはないもののあれば有難いというMVNOのSIMカードを入れることのできるガラホに入れて使うケースです。ドコモ系MVNOで使えるドコモのガラホは、デフォルトのままではウェブブラウジングとメールやLINEのやり取りだけにネット利用をとどめることができ、使位方次第とは言うものの、スマホに差して使うよりも少ないデータ量で済ますことも可能です。いっその事LINE専用のガラホにしてしまい、メッセージのやり取りをガラホに集約させることによって毎月500MB未満のデータ量でも十分に使える環境を作り出すこともできるかも知れません。

最後は、モバイルルーターに入れて使う方法です。モバイルルーターの場合はスマホやガラホと違ってデータ通信を入れなければ全くデータ量を消費しませんし、モバイルルーターによっては正確に毎月のデータ通信量を記録し、一定の量使ったところでそれ以上通信しないように通信を止めてくれるものも出ています。こうしたモバイルルータに入れて使えなくなるまで使い、その後は別の方法でモバイル通信を行なうということも可能です。

どの方法も特殊な方法ではありますが、それぞれに毎月0円でデータ通信を満喫する方法でもあります。このような方法に興味がある場合は、今後SIMが提供されるうちにSIMを手に入れる算段を付けた方がいいでしょう。状況は月単位で変わる可能性もあるので、常に最新の情報入手も忘れないようにしてください。


格安SIM・スマホ ブログランキングへ


So-netが新たに「nuroモバイル」として再出発 0simも継続

モバイルインターネットのSo-netといえばソニーが行なっているプロバイダーとともに多くの人が知っていると思いますが、そのSo-netがその名前をnuroモバイルと変え、サービスも新たにわかりやすいものに変えて再出発ということになりました。

その内容というのはとてもわかりやすいもので、SMSオプションが150円、SMS・通話付にすると700円がそれぞれのデータ通信の高速クーポン量に上のせされます。データ通信以外は使わなければ以下の金額が毎月かかり、サービスを追加するとその分が追加されます。

・2GB 700円
・3GB 900円
・4GB 1,100円
・5GB 1,300円
・6GB 1,500円
・7GB 1,700円
・8GB 1,900円
・9GB 2,100円
・10GB 2,300円

また、スマホとセットで約2,000円・3,000円・4,000円の負担で2年間使えるプランが用意されています。もっともこれはスマホの24回分割金額と、上記の高速クーポン量による月額を合わせてのものなので、選ぶプランによってはそれ以上にも以下にも自由に設計できます。

また、高速クーポンは翌月繰り越しが可能で、月ごとに高速クーポン別のプランを変更しても手数料がかからないことが売りになっています。当月中に変更をすると翌月の1日0:00頃に変更になるようです。このサービスには高速と低速の切り替えサービスがないので、自分の普段の使い方による必要なデータ量を把握し、その内にぴったり収まるような形で毎月のプランを見直すようにすれば無駄に高速クーポンを余らせることもないだろうと思います。高速クーポンを使い切ったら低速に制限されますが、低速ならそれ以上に制限される事についての記載は見付からなかったので、あえて2GBのプランで回していくというのも一つの方法ではないかと思えます。

また、音声通話SIMを利用する場合の解約料金がサービス開始月から12ヶ月後まで、毎月1,000円ずつ減額されるので、1ヶ月目と11ヶ月目ではかなり違ってきます。状況を見て半年後に解約するかもしれないような場合は12ヶ月満了するまでは一律の解約料金のところと比べると良心的な感じです。

という感じでそう難しくはないプランのnuroモバイルですが、nuroモバイルのサービスの中に今までSo-netで提供されていた0simについても紹介されていますので、すぐにどうにかなるものでもないようです。

気になるのは実際にどのくらいのスピードが確保されるのかというところでしょうが、単に名前を変えただけでは新たなユーザーは獲得できないとも思えますし、今後の動向に注目しながらこのnuroモバイルについては注目していきたいと思っています。


格安SIM・スマホ ブログランキングへ


So-net その3 「0SIM」の申込方法が変わる?

格安SIMと呼ばれるものについて、まず一番安いものということで紹介されることの多い、So-netの「0SIM」について、今後の展開をも予感させる変化がアナウンスされました。今までは他の格安SIMのようにネット上からいつでも申し込むことができましたが、2016年8月以降については末尾に「0」の付く日のみ申し込めるように変更になるそうです。具体的には2016年8月以降について、以下の日程までが決定されているそうです。

<申込み可能日>
2016年8月:8月10日、8月20日、8月30日
2016年9月:9月10日、9月20日、9月30日

2016年10月以降にはどうなるかということは今回の発表ではアナウンスされていないため、このまま募集自体が終わってしまうのではないかと不安になる方もいるのではないでしょうか。とりあえず新たに0円で寝かしておきたいSIMを持ちたいと思っている方や、SMSオプションや音声通話付きのプランの最安値のSIMを確保したいと思われている方は、9月末日までに申し込みを終えておいた方が確実に利用することができます。

また、既に「0SIM」を使っている方についても、SMSも音声も付けずにデータ通信のみの契約の場合、全く使わずに放置して3ヶ月間データ通信を使わずに自動解約になるのはもったいないので、毎月少しずつでも使えるような形で維持する方向で保持されるのがいいと思います。このままフェイドアウトするように申し込みを中止するような方向に向かうかどうかはわかりませんが、今後のSo-netは「0SIM」をどうしようとしているのかについても、ここで引き続き注目していきたいと思っています。


格安SIM・スマホ ブログランキングへ


nuro mobile その2 MILEAGE SIMはANAマイラーには面白い

このブログで紹介するnuro mobileのプランはかなり変わっていますが、今回紹介させていただくMILEAGE SIMはプランの料金だけを見ると実に普通のプランです。高速クーポンが3.5GBと7GBの二種類あって、一番安いデータ通信専用の場合、3.5GBが1,100円、7GBなら2,100円とそこそこ安いですが驚くべき程でもありません。注意したいのは一番大きい標準SIMの用意があるのはデータ通信専用プランのみで、SMSオプション付きのプランや音声通話SIMには標準SIMの設定がないということです。また、高速クーポン消費後だけではなく3日間制限があり、3.5GBプランは420MB以上、7GBプランは840MB以上を3日間で使用すると規制が入るようです。

実はこのSIMプランがすごいのは、このSIMでANAのマイルがためることができるということです。毎月の料金を特定のクレジットカードで支払ってためるというわけでもありません。新規入会で250マイルプレゼントされ、毎月の利用(プラン共通)で20マイルが月ごとにたまっていきます。すごいのはこれだけではないマイルのため方にあります。

高速クーポンが余った場合は翌月に繰り越されるのですが(高速・低速の切り替えはできません)、それでも使い切れずに捨ててしまう高速クーポンがありますが、このプランではそうして2ヶ月でも使い切れなかった高速クーポンを300MBあたり10マイル還元するというのです。そうすることで、本気でマイルをためたい人はいかにして外でLTE通信を使わずに済ますかという、およそLTE通信を契約する人には考えられないような運用をする可能性もあります。

つまりは帯域への負担を減らすための大きなエサがANAのマイルであるとも言えるわけですが、こうした使わないで無駄にしてしまう高速クーポンの使い道というのは他に考えられているのは共同管理のところに無駄になりそうな高速クーポンをためて、ピンチの時に一定の量だけ使える仕組みを作ったmineoぐらいです。今回紹介したnuro mobileは全てを自分のために使うだけに、このSIMを手にした人がどんな運用方法を編み出すのかという方に興味が出てきます(^^;)。例えば、3.5GBプランの人が月に200MB以下の通信料に収めるとそれだけで毎月110マイル貯めることができ、基本分と合わせると毎月130マイルになります。

このプランは全国の家電量販店でも2016年4月から発売されるということですので、どちらにしてもANAマイラー御用達の格安SIMになりそうです。その後のユーザーがこのプランでどのようにマイルをためていくのかというところにも注目して様子を見るのもまた一興ではないでしょうか。


so-net その1 「0 SIM」とはどんな契約か?

「so-net」の出している格安SIMの中でも、大変にインパクトがあるのが「0 SIM」という業界最安値をうたうプランです。このプランは文字通り、うまく使うことでデータ通信を使いながら毎月の利用料金を0円にすることも不可能ではありません。

 

ここまで、できるだけ安く使えるデータ専用SIMカードの数々を紹介してきましたが、それらのSIMカードとの違いや、「0 SIM」の使い方についても合わせて紹介します。まず、「0 SIM」の料金について説明します。「0 SIM」のプランには3つのプランが有り、毎月の料金は以下の通りです。

 

・データ専用プラン 0~1,600円
・データ+SMSプラン 150~1,750円
・データ+音声プラン 700~2,300円

 

うまく運用することで、各プランの最安値で維持することも可能なので、その場合において業界最安値で利用できるということになります。基本的にはデータ通信が1月あたり500MB未満に収まれば最安値となります。その際「未満」という言葉に注意して下さい。

 

というのも、ここで問題になるのはこの「500MB未満」というのは、500MBちょうどが入るか入らないのか。実に微妙です。結論を言ってしまうと、データ通信量が500MBに達してしまうと0円での運用はできなくなるのです。499.999999……のように、データ通信量が400MB台に収まっていれば0円のままなのです。

 

ではデータ通信量が500MBを超えたらどうなるかというと、最大月間5GBまでの利用に段階的な課金が生じます。その明細は以下の通りです。

 

・500MB未満 データ通信料 無料
・500MBから2GBまで データ通信料 100MBごとに100円(2GB超で1,600円)
・2GBから5GBまで データ通信料 2GB超と変わらず
・5GB超 データ通信料 速度制限有り(別途追加チャージ可能)

 

なお、これ以外に気を付けなければならないことは、0円で維持できるデータ通信専用SIMの場合、契約をしたSIMを使わないまま3ヶ月連続でデータ通信の利用がなかった場合は自動的に解約になってしまいます。ある程度は使っていかないとせっかくの無料を生かせないわけです。
つまり、このプランは月間500MBのデータ通信量を超えないように使い続けることができればデータ通信料がいつまでも(このプランが存続する限りではありますが)無料で使えるプランということになります。もし間違って使い過ぎても、最大1,600円(税抜き、ユニバーサル利用料別)までしか掛からないのである意味安心して使えます。

 

こうした特色のあるSIMカードは、中・高校生に親が持たせるにもうってつけだと言えるかも知れません。というのも、端末代は別にかかるものの、様々な工夫によって全く家庭の懐を痛めずにそこそこスマホを利用することも可能ですし、親子の取り決めで有料分(SMSオプションや音声通話SIMの場合は基本料を除いた額)を子供さんが自分の責任で払うように決めてしまえば、今では日本国内で無料で使える公衆無線LANがコンビニやショッピングモールなどに設置されていることが多いので、動画やゲームはWi-Fiを使うなど工夫すれば、かなりハードに使っても毎月0円で運用することも可能になります。

 

「0 SIM」からステップアップしたい場合でも、データが一定量まで無料でそこそこ使えるSIMカードである事には変わりはないので、将来的にもサービスが終わらない限りは解約せずに使い続ける道もあります。「So-net」がこのサービスをずっと続けていくのかはわかりませんが、興味があってSIMカードを入れられる端末をすでに持っている場合には試してみる気持ちで使うのも面白いかも知れません。また使わなくなったスマホでどうしてもSMSオプションを付けないと電池の持ちが悪くなるなんて場合は月150円での維持を目指すとか、ほとんど待ち受け専用の電話を作りたい時にも検討に値するのではないでしょうか。

 

So-net
http://lte.so-net.ne.jp/


格安SIM・スマホ ブログランキングへ