カテゴリー別アーカイブ: ピクセラモバイル

ピクセラモバイル その1 LTE携末と同時購入で月額が安くなる?

主にテレビなどの映像関連の周辺機器で私も便利に今回紹介するピクセラの製品を使っているのですが、そのピクセラが新たにMVNO「ピクセラモバイル」を立ち上げました。今回はまずそのプランや仕組みについて紹介します。

基本的なプランは一つで、データ通信専用に限られ、SIMカードのサイズもmicroSIMおよびnanoSIMしかありません。つまり、音声通話や同じデータ通信でもSMSオプションが必要な場合には使えない分安くなっていると言えるかも知れません。

ピクセラモバイルには2つのプランがありますが、実は内容については同じです。違いはSIMを単体で契約するか、パソコンのUSB端子に接続して使うモバイルルーターと同時購入して使うかによって月額に違いがあります。そのプランの料金は以下の通りです。

・高速定額SIM 1,980円/月(税抜価格)
・端末同時申込 ずっと割 1,480円(税抜価格)

なお、「ずっと割」対応で同時購入すると月額が安くなるLTE端末のPIX-MT100が、オープニングキャンペーンとして定価の14,980円から割引きで購入できるキャンペーンがあります。申込日と端末料金の変動は以下の通りになっています(期間は全て2017年当時のものです)。この端末が面白いのは、パソコンに繋いでUSBモデムのようにも使えるのですが、モバイルバッテリーやACアダプタに直結すればモバイルルーターのように単体でも動作することです。もちろんSIMフリーになっています(対応LTEバンドはB1/B3/B19・SIMサイズはmicroSIM)。

・3月1日(水)~3月5日(日)9,980円(税込)
・3月6日(月)~3月12日(日)10,980円(税込)
・3月13日(月)~3月21日(火)11,980円(税込)

同じ内容で月額料金だけが違うので、長く使えば使うほど端末との同時購入のメリットがあるわけですが、実際このピクセラモバイルのデータ通信の決まりについて紹介していくことにしましょう。

SIMカードはドコモ回線からのMVNOで、速度は下り最大262.5Mbps・上り最大50Mbpsとなります。このスピードで利用するための条件というのは、「3日間・3GB以内」ということだけです。判定が下るのは毎日の午前1時で、その時に3日間さかのぼったデータ通信量が3GBを超えたと判定された場合、午前1時から24時間200kbpsの低速に制限されるわけです。ヘビーユーザーの場合、1日でも3GBを超えてしまったら翌日は低速になってしまいますので注意する必要はあります。

ご自身のモバイルでのデータ使用頻度をしっかり確認する必要はありますが、1日のデータ通信量は1GBも使わないというのなら、最安で月額1,480円というピクセラモバイルのデータ通信プランはうまく使えば月30GBに迫るくらいの高速通信を使える可能性があるということになります。ただし、データ通信量をホームページで確認することはできませんので、自分でしっかりと使用量を管理する必要は出てきます。

あと、注意しておきたいのが最低利用期間がデータ通信専用SIMにも関わらず存在するということです。ピクセラモバイルの場合は6ヶ月となっていまして、その前に解約しても契約月から6ヶ月分の通信料を払わなければいけないので、途中でSIMを返すことはあまり得策ではありません。とにかく6ヶ月使ってみて、その後で契約をどうするかということを判断すればいいのではないでしょうか。

このように、いろいろと癖のありそうなピクセラモバイルではありますが、以上のような事を十分に理解した上で使えば、かなり使えるのではないかと思われる方も少なくないのではないでしょうか。トータルで安く利用したい場合には、LTE端末が安く購入できるキャンペーンをうまく使われるのがいいと思います。

・ピクセラモバイル
http://www.pixela.co.jp/products/network/pixelamobile/


格安SIM・スマホ ブログランキングへ