カテゴリー別アーカイブ: ロケットモバイル

ロケットモバイルについての紹介をここで行ないます。

ロケットモバイル その4 Y!mobile同等の通話+データプラン発動

2016年7月中にサービスを開始するとされていたロケットモバイルの通話プランは、さらなる新しい通話プランをスタートさせることで、ユーザーがより自分に合ったプランを選ぶことができるようになりました。

一般的なMVNOの行なう通話プランのオプションでは、5分以内の通話を定額にするというのが主流ではありますが、ロケットモバイルでは利用する回線を現在提供しているNTTdocomoの回線でなくY!mobileが提供するソフトバンク回線を借りることで、Y!mobileと同じように一回の通話が10分以内の通話を月間300回まで定額にする「ロケモバプレミアムプラン」を新たに設けることになりました。

このプランはすでにY!mobileから提供を受けたU-mobileのプランと全く同じで、U-mobileからのサポートを受けてこそのプランであるようです。ですから、料金の方もY!mobileおよびU-mobileの料金に準じるようになっています。(料金は全て税抜価格)

・プランS:2,980円 1GB
・プランM:3,980円 3GB
・プランL:5,980円 7GB

ここで、ロケットモバイルと契約する場合の特徴と言えば、会員登録やアプリのダウンロードでたまるポイントを料金支払いに充当できるということがあります。将来的にはちょっとしたデータ入力などクラウドソーシングの仕事を受けることでポイントを稼ぐ方法についても運営会社は模索しているようです。まさに自分で働いて払うというようなイメージですが(^^;)、自分で支払ってもよし働いて払うもよしという選択肢がある分、状況によっては上記金額より安い負担で済む場合もあるかも知れないので、自分で自由な時間を作りやすい人にとってはメリットになるかも知れません。

さらに、新規加入に際してのキャンペーンが行なわれており、加入から1年間は利用料金を1,000円分割引いたり、2年間はデータ通信量を倍使えるように増量されます。また2016年10月末までに契約した場合、毎月の利用料金の支払いに使えるポイントを2,000ポイント(MNPの場合は3,000ボイント)付与されることになります。かなりの大盤振る舞いですので、本家のY!mobileやU-mobileの契約を考えている方には魅力的なプランに映るでしょう。

ただ、Y!mobileの回線を借りてそのままサービスを提供するということになるので、今までドコモのエリア中心に使ってきた人にとっては、微妙にエリアが違うことに注意して下さい。特に山の中でも繋がると言われているFOMAプラスエリアが使えないことで問題が出る場合は、このプランではなく先日発表があったドコモ回線を使った通話サービスの方を選ばれるのがいいと思います。

しかし、一つのMVNOの中で複数の携帯大手キャリアの中からどこのキャリアの電波をつかめるか選べるというのはユーザーのニーズに呼応することであり、歓迎すべき点だと思います。ただ、今後の展望ということで言うと、Y!mobileから借りる回線の契約であってもプランの料金を横並びにしないで、細かい内容に変化をつけて、そのサービスと料金で競っていくような事もあって欲しいと思っています。

ロケットモバイル
https://rokemoba.com/


ロケットモバイル その3 ついに発表された通話プラン

ロケットモバイルがデータ通信のサービスを開始した際、通話プランも出ることが予定されていてホームページでは2016年7月からという予定が書かれていたのですが、ようやく7月下旬になって正式な発表になりました。

基本的にはデータプランに650円をプラスするというわかりやすさで、更に言うと、一般的なMVNOでは同様の通話プランを付けると700円増しになるのが普通なのに、少し安く650円で付けられるのもわずかな差とはいえ、後発のロケットモバイルは頑張っていると思います。ちなみに、各高速クーポン付のコースは以下の通りです(以下の金額は全て税抜価格 以下も同じ)。

・神プラン 948円(低速無制限)
・1GB プラン 1,250 円
・2GB プラン 1,300 円
・3GB プラン 1,400 円
・5GB プラン 1,800 円
・7GB プラン 2,400 円

ロケットモバイルのもう一つの特徴はデータ通信プランの所でも紹介しましたが、アプリダウンロードやウェブ上での会員登録、アンケートへの回答をすることにより溜めることができるポイントを料金支払いに充当することができるということです。データ通信が低速で十分という方ならば神プランの948円で契約してポイントで稼いで0円運用を目差すというのも一つの方法でしょう。

やはり注目すべきは「神プラン」で、最大200kbpsの低速とはいいながらも、接続した最初の数秒間は高速のスピードが出る「バースト転送機能」を提供しているので、ちょっとしたウェブページなら最初の数秒間である程度のデータがダウンロードできれば、かなり体感的には早く思えます。データ量も低速とはいえ無制限に使え、ロケットモバイルの発表ではこれ以上の制限はないということなので、月額千円前後で090番号を持つ格安SIMを探している方は注目してもいいのではないでしょうか。

ロケットモバイル
https://rokemoba.com/


格安SIM・スマホ ブログランキングへ


ロケットモバイル その2 自社ポイントで通信料を支払う仕組みについて

ロケットモバイルの料金は通常の支払いの他、同社の独自ポイント「ロケモバポイント」1ポイント=1円として、毎月の通信料金から割り引くことが出来るようになっています。ポイントは1ポイントから利用可能で、使い切れず余ったロケモバポイントは繰り越しが可能です。利用期限もありません。ただし、最終ポイント獲得日から180日間新たなポイントの獲得が行なわれなかった場合は全てのポイントが消滅するようになっているのでご注意下さい。

それで、この「ロケモバポイント」はどうすると獲得できるのかというのが問題ですが、サイト経由の買い物の他、アプリのダウンロード、スポンサー企業への会員登録やアンケート回答でポイントがたまるようになっているようです。いわゆるポイントをためてお小遣いをためるサイトと同じように考えていいのかも知れません。

ポイントをためるためには毎月どの程度の案件があるかということも重要ですが、アプリダウンロードや会員登録などのお手伝い案件は、月間のべ約5,000件以上配信されるとのことです。

もう少し詳しく紹介すると、iOS向け約80アプリ、Android向け約100アプリ、無料広告(会員登録、資料請求、無料カード発券等)100件、有料会員登録・商品購入系200件、その他50件が、約10社のパートナーから配信されるということです。

こう書いていくと、すぐにポイントがたまるような感じもしますが、今後のロケットモバイルの評価を決めるのはこの「ロケモバポイント」が買い物や有料会員登録以外の無料のやり方でどのくらいのポイントがたまっていくかによると思われます。

というのも、うまくいけば毎月のデータ通信利用料を「ロケモバポイント」で支払うことができるという期待がこれを読んでいる皆さんにもあると思うのですが(^^;)、もし今後極端に協力企業が減ったり、数は変わらなくても有料登録や買い物でしかポイントがたまらないような状況になったら、一気にネット民は反旗を翻すことも十分考えられるのです。

幸いロケットモバイルではサービス開始時のキャンペーンとして、2016年5月末までに申し込めば半年間利用料金を500円引いて利用することができる「ロケットスタートキャンペーン」を行なっています(ユニバーサルサービス料は別途請求されます)。1GBのプランは月額590円なので、それ以上のプランでは500円引きになっても月々の支払い分が出ますが、「神プラン」は半年間0円で利用できますので、本気でポイントをためて月々の通信費を0円にしたいと考えている方は、まずは半年「ロケモバポイント」をためてみて、その様子によって継続するかやめるかの判断をしてもいいのではないでしょうか。

今回のロケットモバイルの参入により、低速無制限のプランに新たな流れができたのは実にいい事だと思います。今後、「神プラン」の速度は時間ごとにどう変化していくかということはネット上の口コミでも語られると思いますが、基本料的にも最安で、さらに自分のマメな努力でさらに安く使える可能性のあるロケットモバイルに期待するところは少なくないと言えます。

今後の音声通話プランの発表にも注目しながら、今後もロケットモバイルについて紹介していければと思っています。

・ロケットモバイル
https://rokemoba.com/


格安SIM・スマホ ブログランキングへ


ロケットモバイル その1 正式な「神プラン」があるプラン概要

ロケットモバイルとはドコモの回線を使った格安SIMを販売する会社です。プランの内容については現在のところデータプランのみの発表になっていますが、2016年の7月には新たなコンセプトの通話プランを発表するとのことで、ここではデータプランの紹介のみになります。

まず、その中でもここまで自ら名のるかというプラン名「神プラン」がインパクトが大きくいやでも注目が集まってしまうでしょう。このプランは、いわゆる低速無制限の最大200kbpsで利用制限なく使えて月額298円(税抜)という業界的には低速無制限の最安を誇ります。FREETELの最安299円と比べても1円安いのですが、スペックがほとんど変わらないという批判もあるかも知れません。

ただロケットモバイルの「神プラン」は最初から低速無制限で利用できますが、FREETELの場合は月額299円で使うためには、最初にネットアクセスをして基本高速のところを低速に切り替えて固定することが必要になり、うまく切り替えができない場合は高速データを使えば使うほど支払料金は増えてしまいます。

ロケットモバイルの「神プラン」ではその手間もなく、最初から最大200kbpsのみの通信速度固定なので、煩雑な手続きは大変だと思う方が最安でデータ通信を使いたいと思ったらこのロケットモバイルが購入候補になるでしょう。その他のプランについては以下の通りの料金設定になっています。

・1GBプラン 590円 360MB/3日間
・3GBプラン 840円 500MB/3日間
・5GBプラン 1,200円 800MB/3日間
・7GBプラン 1,850円 1GB/3日間

SMSオプションは上記金額に150円追加となり、初期事務手数料は3,000円(ともに税抜)となっています。また、神プラン以外には連続する3日間のデータ通信量に応じて規制がかかることが予想されます。制限のかかるデータ量については上記の内容を参照して下さい。

さらにこのロケットモバイルでは自社独自のポイントサイトを用意しており、アプリのダウンロードやアンケートへの回答によりためたポイントを通信料金の支払いに充当できる仕組みがあります。

その内容については稿を改めて紹介したいと思いますが、そういったポイントを利用しなくても十分安いので、実際の使い勝手なども出揃ってきて問題がないならば、ドコモ系MVNOとして面白い存在になっていくのではないでしょうか。

また、ロケットモバイルの特徴として二つのプラン変更の仕方があるという事があります。普通のプラン変更は、前月中に申込んだら翌月から変更というものですが、このロケットモバイルについては急なデータ量の増加にすぐに対応できるようなやり方も使えるようになっています。

それが「今すぐプラン変更」という方法です。これは少なめのプランで契約していて高速クーポンを使い切りそう(使い切った後でも可)な時、プランを上位プランに変更することにより、一気に高速クーポンを増やした上でその上位プランの料金を払うように変えられるというものです。普通に追加容量をチャージするよりもお得になりますので、状況によってはこちらの方法でプラン変更をした方がいい場合もあるでしょう。

ただし、注意したいことは、下位プランへの今すぐプラン変更はできないということと、月に一回までしか今すぐプラン変更はできず、翌月一ヶ月は変更した上位プランから変更できないということです。月途中でプラン変更した場合は翌月まで同じプランになることを理解した上で変更した方がいいでしょう。

計画的にプランを切り替えられるならば前月までに申請をして翌月に新たなプランを使い、また必要があれば当月中に来月分のプランについて考えた方が効率的ではあるのですが、「今すぐプラン変更」はいざという時の緊急避難的に使えるという風に覚えておくといいかも知れません。

・ロケットモバイル
https://rokemoba.com/


格安SIM・スマホ ブログランキングへ