カテゴリー別アーカイブ: TONE モバイル

TONE モバイルの解説です。

TONE モバイル その8 富士通製の新機種「m17」で魅力もアップ

TONE モバイルというMVNOは他の事業者と比べると少々営業形態が違い、TONE モバイル専用にチューンアップされたスマホとの同時購入が必須になります。こうした事はなるべく安く、さらに既に持っているスマホにSIMカードだけ差して使いたいという方には適しませんが、基本料金が1,000円/月と安く、さらにお子さんやお年寄りに使いやすいスマホを提供しているという点は、全く何もない状態からスマホを始めたいという方にとっては有難く、アフターサービスも充実しています。

そんな中、iPhoneでなくても、スマホに防水やワンセグ機能が欲しいという場合には、サービスに興味はあってもTONE モバイルは契約できないと思って敬遠していた方も少なくないと思うのですが、2017年8月1日新発売される新しい専用スマホ「m17」は国内メーカーの富士通のスマホで、既に出ている同社のSIMフリースマホ「Arrows M04」のようにおサイフケータイ・ワンセグ・防水でハンドソープで洗えるという過去最高のスペックを誇ります。
さらに耐衝撃性も売りにしており、落としても割れにくいガラスや背面塗装で衝撃に強い本体を実現しているとのことです。もちろんTONE モバイル自体のサービスも使えますから、今後家族で持ち続けるにしてもしばらくはこれ一つで普通に使うなら不自由を感じることはないでしょう。

なお、端末の価格は税抜価格で34,800円と、「Arrows M04」と同じくらいですが、こちらは専売のスマホなので価格のディスカウントはさらに新たなスマホの販売がTONE モバイルからなければ、定価のままで購入ということになると思います。ということは、何らかのキャンペーンがらみで狙うのでなければ、早めに購入して使い込むような形がいいのではないかと思います。

最初にも書きましたがこのTONE モバイルのサービスは独特です。標準で音声通話の番号は取れない代わりに(オプションで090から始まる番号を取得できます)050から始まるIP電話の番号がもらえ、サービスセンターへの問い合わせや他の人との通話はIP電話を使って行ないます。

また、データ通信速度は基本料金が月額1,000円の格安にも関わらず、500kbpsから600kbpsの中速での通信が可能です。同じような速度のWonderlinkのSIMを使っている私の実感からすると、ネットラジオを始めとする音楽ストリーミングのサービスを流し続けても途切れることなく聴けるレベルです。

ただ、YouTubeやAbema TVのような動画配信サービスについては、ネット検索をすると低画質では使えるという記載のあるページを見付けることができますが、TONEモバイルの発表では、スピードは確保されていても動画視聴やアプリのダウンロードをするためには標準コースのままではできず、有料にて高速クーポンを購入しないとできないという風に発表されているという記載もあり、情報が錯綜しています。元々TONEモバイルはハードに動画を見ようという方が使うようなところではないので、あまり心配しなくてもいいかも知れませんが、動画を本格的に見たいというような場合は他のMVNOを検討した方がいいように思います。

今までも安く中速のデータSIMを持つならTONE モバイルという流れはあったように思いますが、動画を見るような使い方をしないなら十分にキビキビ動く中速を確保しているため、今回の新機種の発表で改めてTONE モバイルのポテンシャルの高さを感じる人が出てくるのではないでしょうか。

してみると、ガラケーとの2台持ちで持てば使い方によってはデータ回りの事は全てこのスマホだけで済んでしまうでしょうし、一台のみでも何とかなるレベルになるでしょう。特におサイフケータイをTONE モバイルで使いたかったという人にとっては朗報です。TONE モバイルのターゲットである小さなお子さんやシニア層の方だけでなく、広く中速で色々使えるスマホとデータ通信サービスを利用したい方は検討に値する一台だと思います。




TONE モバイル その7 箱に置くだけで起動する「自動修復機能」

地域的に偏りはあるかも知れませんが、私の住んでいる地域ではTONEモバイルのテレビコマーシャルが多く流れるようになりました。そのコマーシャルのポイントは、「箱は捨てないで」というメッセージとともに、インターネットに接続できなくなったなど、スマホの不具合に遭遇した場合には保管してあった箱の上にスマホ(m15)を載せると自動的に不具合を検知し、解決をしてくれるというものです。

これは、どういう仕組みなのかというと、本体に内蔵されているNFCを活用した機能で、例えば電子マネーの利用遍歴をスマホで調べたい場合は、アプリとともに利用すると、スマホを電子マネーカードにかざすことでアプリが起動し、利用遍歴や残高が表示されるような事ができます。
TONEモバイルの自動修復機能もそれと同じように、箱の中に仕組まれたチップをスマホが認識することによってアプリが開き、一般的なよくあるトラブルの内容にあてはまっている限りにおいて、スマホ画面にしたがって操作をすることによってトラブルを回避することも可能です。

ただし、その操作だけでは十分に回復できないトラブルというのも当然あります。物理的に壊してしまったり水に濡らしてしまった場合はこうした操作をしてもスマホ自体が反応しないかも知れませんので、すぐにサポートセンターに電話を入れた方がいいでしょう。また、アプリによる修復というのはパソコンでもあるものの、うまく行くこともあれば、システムの修復機能でも解決できないこともあります。

その場合には悩む前にサポートセンターに助けを求めることが推奨されています。スマホの不具合についてはスマホ自体の操作に慣れているかいないかで変わってくるところがありますが、TONEモバイルのコンセプトは回線だけでなく専用のスマホとの同時購入するこ選でのトータルサポートが売りなので、大手キャリアから離れてスマホを使いたいシニアやジュニアといった方々が使うのに適しています。それは全て問題なく動いている時だけではなく、うまくスマホが動かなくなったような場合にこそその有難味が際立ってくるようになるでしょう。

TONEモバイルに加入された場合、こうした機能をいざという時にすぐに使えるように、箱はしまいこんだりしないでいつでもすぐに出せるように準備しながら利用するのがいいでしょう。




TONE モバイル その6 「歩いた努力」が「ポイント」に変わる仕組み

皆さんは「発電床」という仕組みの話を聞かれたことはありますでしょうか。床の上を大勢の人が歩く振動によって発電し、足元を照らすLED電球を付けるくらいの発電量を作ることができるというものです。大した電気を発電することはできなくても、例えば地下や室内で停電が起きた際にわずかな光でもあれば、災害時にも役に立つものとして期待されています。

この「ただ歩く」という行為に何とかして付加価値を付けようとしたのが「発電床」が出てきた背景であるなら、今回紹介する「TONE モバイル」の出してきたものも、日々の「歩数」をポイントに変える画期的なプランです。「TONE モバイル」では家族で使えるスマホのサービスとして様々なアプリを提供していますが、その中の健康管理アプリ『ライフログ』をアップデートし、スマホを活動量計の付いた歩数計として使えるだけでなく、毎日の歩行が基準を満たすと1日につき今では広く使われている「Tポイント」が1ポイント付くようになったのです。

ポイント数は1ポイントが1円の換算なので大したことはなく、更にポイント付加の規準も、1日8,000歩を歩き、さらにその歩数の中でアプリが判断する中程度の運動を20分(連続ではなく1日の合計でOK)というノルマをクリアするという、全く動かない人にはきついものですが、逆にこのノルマを毎日クリアして例えば年間に300ポイントほど溜めることができれば、かなりの運動を年間でこなすことになり、健康寿命をのばす成果が期待できます。

「TONE モバイル」が用意しているスマートフォンのうち、「TONE m15」はカメラとフラッシュを使って心拍数を計ることのできる機能が付いています。『ライフログ』を十分に活用したいと思う場合には「TONE m15」と一緒に健康に気を遣ったウォーキングを続けてみてはいかがでしょうか。




TONE モバイル その5 独自に設計されたスマホの実力は?

ここまで「TONE モバイル」のサービスについて書いてきましたが、基本料金の他に利用端末の専用スマホを購入しないと契約できないという条件があります。で、肝心の専用スマホというのはどういうものでどんな特徴があるのかという事が気になる人がほとんどでしょう。その2台は以下のようなものになります。

・TONE m14 3G通信専用 シンプルスマホ 19,800円(税抜き)
・TONE m15 LTE利用可 ハイスペック 29,800円(税抜き)

個人的にはシンプルスマホであってもLTEの電波をつかむものであって欲しいと思うのですが、「TONE モバイル」のサービスの中で基本プランを中心に使うだけなら低速での接続がほとんどなので、TONE m14でも必要十分な性能です。また、ハイスペックモデルの場合はLTEでの高速通信が使えますので、有料オプションで高速通信をある程度使う場合や、高性能のカメラを使いたいような場合はハイスペック端末を選べばいいでしょう。詳しい端末の性質や特徴につきましては、「TONE モバイル」のホームページで改めて確認していただきたいと思います。

ここでは「TONE モバイル」のサービスの中で子供やお年寄りに優しいスマホという点に着目することにします。まず、使っていない時に表示されるホーム画面ですが、これには「TONE モバイル」の方でカスタマイズされた「シンプル(シニア向け)」および「Teen(キッズ向け)」の二つが用意されています。これにより直感的にスマホをガラケーのように操作することも可能になっています。

さらに子供用にはアプリで提供される無料でのサービス「TONE ファミリー」が用意されています。親が小さなお子さんにスマホを購入して使わせる場合、気になるのが勝手にアプリをインストールして課金されるゲームをやってしまったり、夜も寝ないでずっとスマホを使ってしまうような事になることではないでしょうか。

この「TONE ファミリー」を使えば、親のスマホから子供の持っているスマホの位置情報を検知し、居場所をマップ上に示してくれたり、アプリのインストールや購入を規制したり、利用時間の制限もできます。こうした機能を持つスマホは携帯大手3社にもありますが、専用のスマホとして専用の料金プランになっています。「TONE モバイル」では通常契約の中でスマホにアプリを入れることでシニアおよびキッズ用のスマホとしても使えるようになっているということになります。これは、お子様の成長とともにアプリを外していけば普通のスマホに戻すことができるわけですから、うまくはまれば家族中で便利に使えるものになるでしょう。

このような操作はどちらのスマホでもできるのですが、将来を考えて高速通信を使う可能性がある場合はハイスペックのm15を、ほぼ基本プランの中でしか使わないつもりなら、シンプルスマホのm14でも十分やりたいことはできますのでそれぞれ選べばいいでしょう

こうして見てくると、「TONE モバイル」のサービスというのは、家族で使いやすいサービスを最初に考えた上でそれを実現できる端末を用意したというコンセプトがはっきりしてきます。それでいて、普通のスマートフォンとしても使えるので、いわゆるキッズ用のスマホや中高年向けのらくらくスマホを物色されている場合、携帯大手3社の専用プラン&専用端末を購入するよりも安くなる「TONE モバイル」も選択肢に入ってくるのではないでしょうか。




TONE モバイル その4 アフターサービスとTSUTAYAの関係

「TONE モバイル」を選ぶ際にその動機となるものの一つに、基本料金だけでもきちんとしたアフターサービスが受けられるということがあります。ここでは、そのアフターサービスの内容について、詳しく見ていくことにします。

まず、このブログをご覧の方が大都市にお住みだったり、電車などで簡単に行くことが可能な場合、専用スマートフォンの販売と契約手続きを「TONE モバイル」を運営するTSUTAYAで直接できるだけでなく、アフターサービスも店頭で受けることができます。大手携帯電話会社の代理店カウンターでしてもられるように、店頭でスマートフォンの操作の質問を受けてくれます。

なお、対象の店舗はまだ少ないのがネックではありますが2016年2月現在では札幌・盛岡・東京・横浜・名古屋・大阪・宇多津・福岡・小倉の店舗で承っています。また、場所は限定されますが定員制のスマホ教室も定期的に開かれているので、そうした機会を利用してスマホの基本的な操作を学ぶことができます。

しかし、店舗でのサービスは限られた地域でしかまだ開始されていませんので、ほとんどの方が購入は通販で、アフターサービスも電話でというのが基本になるでしょう。その際、通話料がかかるのが普通ですが、「TONE モバイル」では基本プランの中に050から始まるIP電話を使えることから、専用のサポートダイヤルとの通話料は一切かからないようになっています。長い時間繋がらない中で待たされるという経験は多くの人が辟易するところだろうと思いますが、いくら待っても通話料は課金されないので、気長に待つのがいいいでしょう。

電話による相談は契約に関する件だけではなく、単にスマホの使い方がわからないといいう事でも大丈夫です。さらに契約しているスマホから電話をすることによって、更にわかりやすくスマホの操作を教えてもらうことができます。それが「遠隔リモートサポート」です。

御存知の方もいるかも知れませんが、パソコンとスマートフォンの間をインターネットで接続することによってパソコンからスマホをリモートコントロールすることのできる技術があります。この仕組みを使ってオペレーターのパソコンからサポートに電話を掛けてきたユーザーのスマホの画面を共有することによって、お互いに同じスマホの画面を見ながらスマホの詳しい使い方について、設定のやり方を一から学ぶことができるようになるのです。

このサービスを使う際には、まず通話の方法をスマートフォンを耳に当てないで手に持ちながらでも会話できるスピーカーから相手の声を出せるようにする必要があるのですが、この操作についてもオペレーターの人が丁寧に教えてくれますので臆することはありません。オペレーターの声を聞きながら画面が何もしないのに動いていく様は、知らない人から見るとびっくりしてしまうかも知れませんが、スマホは机の上に置きながら脇にメモ用紙を置き、画面のどこをどう押して、どこの設定を開いて何をすればいいのかをメモしておけば、同じところでつまずいてしまってもそのメモを見返せば再現できるわけで、まるで対面で教えてもらっているような錯覚に襲われる方もいるかも知れません。

こうしたサービスは年末年始を除いて土・日でも行なわれていますので、疑問点があれば何回掛けても無料で教えてくれるのはスマホに不慣れな方にとっては嬉しいものです。ただ、できれば「TONE モバイル」の手続きを扱う店舗がもっと増えてほしいですし、今後の展開に期待したいところです。




TONE モバイル その3 端末補償とWi-Fiがセットになった「安心オプション」

「TONE モバイル」の基本料金とは別の有料のオプションとして「安心オプション」というものがあるのですが、月額500円払うと全国で使えるWi-Fiスポットを利用することができるというメリットの他に、スマートフォンが壊れた場合に「お見舞い金」を出してくれる補償がセットになっています。

ここまであえて書きませんでしたが、「TONE モバイル」に加入する場合は同時に用意された2種類のスマホのうちどちらかを購入しなければならず、24ヶ月以内に解約する場合は解約料金が請求されるという加入上の条件があります。新品での購入には1年間のメーカー補償は付くわけですが、補償の範囲は自然故障に限られますし、1年経った後ももう1年は本体が壊れずに使い続けないと通信料が安いメリットがなくなってしまう部分も出てきます。「安心オプション」はそうした長期契約をする中で端末が壊れたらどうしようと不安を持っている方にとっては魅力的なオプションです。

まずオプションの中で提供されるWi-Fiスポットについてですが、全国のマクドナルドで使えるYahoo!Japanの「BBモバイルポイント」および、「Wi2」のサービスのうち[Wi2][Wi2_club][wifi_square]のアクセスポイントが使えるようになっています。しかし「Wi2」の中で使えるアクセスポイントである[Wi2premium][Wi2premium_club]が使えないので、あくまでもおまけ的な要素が強いサービスのような感じがします。日々の生活の中でマクドナルドで食事をすることが多い人にとってはメリットは多いと思います。

そしてこのオプションのメインであるスマホについての補償ですが、修理金額の補償でも代替品の提供でもなく、「お見舞い金」の支給というのがちょっと変わっています。その内容については後で説明しますが、その「お見舞い金」の支給対象になるケースというのは次の場合です。

・故障
・破損
・水漏れ
・盗難
・紛失

それぞれ認められるケースについてやアクシデントが発生してから申請するまでの期間についてもシビアな条件がありますので、細かい点については公式ページを確認して欲しいですが、かなり幅広くスマホの損害を「お見舞い金」により補償してくれるオプションであることは確かでしょう。

ただ、多くの場合に実際にいくらの「お見舞い金」が出るのかというのが誰しもが気になるところです。しかしその点でははっきりとした金額が記されているものではありません。一応基準としては2種類の金額が出ています。全損(修理不能)の場合の上限額30,000円と、一部損壊(修理可能)の場合の上限15,000円です。

この金額が全損および一部損の場合に満額出るかというのは、あくまで上限がこの金額になっているということで、そこまで期待はできないと思います。24ヶ月の継続利用が基本ということもあり、ほぼ2年使い切った端末と、新品で買ったばかりの端末とではその評価も違ってくるからです。

ですが修理金額の額に見合ったお見舞い金を出してくる可能性もあり、その辺は「TONE モバイル」も端末とセットで売る中での有料オプションであることを考えると、端末に関するトラブルが心配な方は入っておいた方がいいオプション契約であることは間違いありません。ただし、修理金額や端末交換のための費用を全て補償してくれるものでは必ずしもないという点は十分了承した上で加入するようにしましょう。

ここまで、基本プランとそれに付けられる有料オプションについて一通りの説明をさせていただきました。通話もそれなりにし、動画も見たい場合は基本プランに「フラットパックオプション」を付けた方が幸せになれそうですし、どうしても端末の故障や破損が心配な方は、更に「安心オプション」を検討するのがいいでしょう。

通話をほとんどせず、動画も見ないなら「安心オプション」のみを付けるという選択も有りです。もちろん、基本プランだけでもそこそこ使えるには違いありませんが、説明させていただいた有料オプションを上手に使いながら「TONE モバイル」を使った方がいろいろ便利なこともありそうです。




TONE モバイル その2 基本のデータプランと高速・通話オプション

ここでは、「TONE モバイル」のデータ通信について見ていくことにします。基本料金で使えるスピードである500-600kbpsというのは、他のMVNOの低速制限時の200kbpsと比べると2倍から3倍のスピードで決して遅くはありません。もしこの速度が常時出ると仮定すると、ストリーミングの音楽なら余裕で聴けるものの、動画については外で見るのは難しい程度の速度であると言えるでしょう。これも基本料金の中で利用することができるさらに050から始まるIP電話(通話料は別途)を快適に行なうためにはこのくらいのスピードが安定して出るのであれば問題ないとも言えます。

もし接続スピードについて不満がある場合には、オプションの「高速チケットプラン」を追加する必要があります。料金は1GB追加するごとに300円となっています。ただ、急いでこのプランに入る前に考えてみてもいいプランがあるので、そちらも紹介します。050番号のIP電話は基本プランのままでは使った分だけ料金がかかる方式ですが、多少はお金を出しても無料通話が欲しいという場合、無料通話とデータ通信における高速チケットの両方が付いて月額500円の「フラットパックオプション」があります。このオプションは1GBまでの高速チケットに加え、標準搭載の050番号から発信するIP電話について月額1,260円(通話時間は約60分くらい)まで追加料金なしで使えるようになります。

つまり、基本料1,000円に「フラットパックオプション」を付けて合計月額1,500円出せばそれなりに電話もネットそこそこできて、うまく利用時間を調整すれば、毎月かかる料金も1,500円のみに収まるようにすることも不可能ではありません。ただし電話については、普通の携帯電話と比べると各種制限があります。オプションで無料通話のあるIP電話の場合は、先述のようなデータ通信の規制による影響を受けやすいということの他に、110番や119番などの特番や0120などのフリーダイヤルが使えなくなるというディメリットもあります。

家族みんなで「TONE モバイル」のスマホを持つと、050電話同士でのやり取りはいくら話しても通話料がかからないというメリットもあるのですが、ここで説明した050番号であることのディメリットについては、お子さんや高齢者に持たす場合にはきちんと説明しておく必要があるかも知れません。




TONE モバイル その1 基本プランの「電話サービス」とオプションサービスの違い

今まで紹介してきた、格安SIMとは違った方面からスマホを安く持ちたいユーザーに向けてアプローチしているのが「TONE モバイル」です。プランが1つしかなく、その料金も月額1,000円(税抜き 以降の金額表示も同様です)というのですから、格安でスマホを維持したいという方が色めき立つかも知れません。

サイトの方でもかなりシンプルなキャッチフレーズでまとめられており、ネット上でよく見掛ける広告バナーの中には以下のようなポイントでアピールしているのが目に付きました。

01.シンプルな料金プラン
02.充実のアフターケア
03.ガラケーのような使い心地

このようなセールスポイントになっています。そこでここではこのポイントに乗るような形で「TONE モバイル」について紹介していきたいと思っています。まずは料金プランの内容について迫っていきましょう。「TONE モバイル」の基本料金1,000円でできるサービスについて箇条書きにしてまとめてみましたのでまずはその内容を御覧ください。

・ドコモ回線によるデータ通信が最大500-600Kbpsで楽しめる
・050番号がもらえるデータ通信を利用したIP電話が利用できる(通話料は別料金)
・メールは各種メールが設定さえすれば利用できる
・電話やスマホの画面を使ってのサポートを無料で受けられる
・TSUTAYAと連携したTポイントおよび各種サービスがある

ここで注意しておきたいことは、基本料金で使える「電話」とは、050番号を持つインターネットのデータ通信を利用したIP電話のことだということです。私たちが携帯電話として使っている電話というのは音声専用の回線としてその昔の「自動車電話」のサービスからの歴史があるサービスで、今では固定回線の代わりとして使っている人が多いなどある程度の信頼性が確保されています。

050から始まるIP電話では、インターネット自体が不具合で止まってしまった時に使えなくなることもありますが、もし「TONE モバイル」の方で極端な速度規制が行なわれた場合、自分や相手の声が遅れて聞こえてきたり、音自体が聞き取りずらくなる傾向が、従来の携帯電話よりあるかも知れないことはしっかりと把握しておいた方がいいと思います。もちろん、090など携帯番号と同じ電話専用問線を持つことも「TONE モバイル」ではオプションを追加すれば可能です。

それが「TONE モバイル」が用意したオプションの1つである「090音声オプション」です。月額は953円と他社の追加金額より少々高いですが、このオプションを契約すれば今の携帯電話の番号をそのまま使うことができるようになります。また、基本料金では電話番号あてにメッセージを送ることができるSMSオプションも付いていないので、今までメールは相手の電話番号に直接送っていたという方は注意しましょう。

SMSをどうしても使いたい場合は月額100円で入れるオプション「SMSオプション」を追加するか、「090音声オプション」953円を追加するかということになります。もし今までの電話番号でメッセージを送りたい場合は「090音声オプション」を付けてMNPすることが必要です。これまでの番号を変え、通話は050番号でもいいが電話番号にメッセージを送りたいという人が「SMSオプション」だけに入るような場合は、電話は050から始まる番号で掛けることになり、SMSについては新たに「TONE モバイル」のSIMカードに付いている090、080、070から始まる番号で送ることになります。

その際、電話番号付きのメッセージが相手に送られてくるわけですが、メールの発信先の番号にメッセージの返信はできますが電話を掛けても繋がりませんので、その点は相手に説明しておくことが必要になるでしょう。