カテゴリー別アーカイブ: Wonderlink

Wonderlinkの解説です。

Wonderlink その1 注目は「低速」より早い「中速」無制限プラン

「Wonderlink」は大手家電メーカーのPanasonicが行なっているMVNOサービスです。注意したいのは音声通話サービスだけでなくSMSオプションもないデータ通信専用SIMしか取り扱っていないという点です。スマホに入れて使う場合、ショートメールが使えないだけでなく、「セルスタンバイ問題」が起こる端末に入れて使った場合、電池の持ちが極端に悪くなる場合がありますのでその点を頭に入れてこの後のプランについても読んでみて下さい。

 

「Wonderlink」には大別して2つのプランが有り、それぞれに特徴があります。まずは一般的なデータプランの「Iシリーズ」です。

 

・I-3Gシングル 高速クーポン3GB 月額890円
・I-5Gシングル 高速クーポン5GB 月額1,460円
・I-7Gシングル 高速クーポン7GB 月額1,870円

 

「Iシリーズ」共通の内容として、高速クーポンを使い切った際の速度は最大200kbpsであるということと、低速通信で3日間のデータ量が366MBを超えると更なる規制が入るということです。ただ、アプリやウェブでも高速クーポンの使用状況を見ることができません。ただし、ウェブ上の「問い合わせフォーム」に入力して送信することによって回答をいただけるシステムはあるようです(Fシリーズでも共通)。

 

次に、ちょっと毛色の違った「Fシリーズ」について紹介しましょう。実はこちらの方が他のMVNOと比べると特色が際立っているので、ある程度MVNOに慣れた方にも興味がわくプランになっています。

 

・F-使い放題700プラン 高速クーポン1GB 月額1,580円
・F-7Gプラン 高速クーポン7GB 月額2,480円

 

この内容だけ見ると大したことのないプランに思えるかも知れませんが、高速クーポンを使い切った場合の制限速度が700kbpsと「Iシリーズ」や他の多くのMVNOの低速200kbpsと比べてもかなり早い「中速」で使い続けられると言えます。

 

ただ、700kbpsで通信する場合、前日24時間のデータ通信量が1GBを超えてしまうと、公平性の観点からさらに規制される可能性はあるそうです。しかし、同じ中速でも公称500kbpsで使い放題を行なっている「UQ mobile」の場合、au自体の規制として3日間で3GBという制限があるので、ほぼ同じような規制内容とも言え、ある意味妥当なものであると言えます。実際のスピードがどのくらい出るかというのは時間や場所によって違い、「Wonderlink」のサービスと「UQ mobile」のサービスは競合するような感じがあるのですが、LTEエリアだけでなく3Gの「FOMAプラスエリア」でも使え、さらに料金も安いということで、そこそこ使える使い放題のSIMが欲しいという場合には有り難いものです。

 

高速クーポンが7GBまで使える「F-7Gプラン」も、高速で使える量が多くて魅力的に思えますが、高速クーポンの管理が難しい点があるので、月初に早く高速クーポンを使い切り、後は最大700kpbs固定という感じで使える「F-使い放題700プラン」はあまり認知度はないものの、このスピードの中でできることをやる分には十分に魅力的です。主にモバイルルーターで使ったり、セルスタンバイ問題の発生しない端末を持っている場合はこちらのプランを検討してみてはいかがでしょうか。

 

Wonderlink
https://ec-club.panasonic.jp/wonderlink/top.html


格安SIM・スマホ ブログランキングへ