おすすめの2台持ちプランはどれか? その7 auのガラホを利用した2台持ち

最近になって、スマホではないもののスマホ(Android)と同じアプリが一部使え、姿形はガラケーそっくりな「ガラホ」という端末が携帯大手から出てきています。その中でもwi-fiのみでも通信可能なガラホを出しているauは今後、これまで紹介してきた3Gで使えるガラケー自体を無くすのではないかという話があり、今後の事を考えると長く使うならガラホの方がいいのではないかという事もあります。

このガラホはスマホと同じようなネット接続の自由さも合わせ持っています。ただ、Google Playは使えませんので何でも好きなアプリを増やして使えないということがあるので、その点は十分ご理解の上で使いましょう。そしてネット契約を受けて使う場合も、基本的にはスマホと同じですからアプリやネットを使っていなくても、バックグラウンドでデータ通信を行なってしまうので、個人的にはあえてインターネットの契約をせず、通話プランだけの契約で使うことをおすすめします。それで、データ通信はどうするかというと、自宅や外でのwi-fiスポットの利用の他、2台持ちで手に入れたスマホでテザリングをして使うようにすれば、MVNOで契約した格安のデータ料金でガラホを使ったネット接続が可能になります。

この持ち方の場合、常にガラホでネット通信を行なうわけではないため、常に相手からのメッセージが来たかどうか気にする場合はスマホを手元に置けばいいですし、もしそこまでしてメッセージを気にしたくない場合は、自分のタイミングでテザリングで繋いで一気にメッセージをダウンロードして返信するようにすれば良くなります。メッセージが来てもすぐに返事を返すのをおっくうに思っている場合は、必要な時だけネットに繋げるガラホの方だけを常用しておきましょう。

またガラホでおサイフケータイを使う場合のネット接続をテザリングで行なったりすることもできるようになります。これは、月300円のインターネット契約をし、さらに比較的高めのパケット通信料を払わなければネットのできないガラケーと比較してもメリットがあるでしょう。この場合の選択肢はauのガラホしかないので、SHF32という機種用のプランの主だったものを紹介します。

・VKプランS(1,100円分の無料通話、繰り越しなし)998円
・VKプランM(2,600円分の無料通話、繰り越しなし)1,620円
・VKプラン(午前1時から午後9時まで同社間通話無料)934円
・カケホプラン(24時間通話放題)2,200円

ガラホ契約は3GでなくLTE(4G)になるためか、無料通話プランに繰り越しがないのが痛いですが、この辺は自分の毎月の通話についての利用実態を把握した上で選ばれるのがいいでしょう。他の3Gガラケーでもそうですが、店頭ではデータ通信プランやオプションなどをすすめられると思いますので、その辺はうまくやり過ごすか、オンラインショップでの契約にするか、自分にとってやりやすい方で契約してみてください。
あとは、通話だけのプランになると端末自体の割引きが少なくなるなどのディメリットもありますが、端末代はできれば一括で購入することをおすすめします。というのも、分割の場合は36ヶ月に分けて支払うようになっているので、2年の縛りが終わって新しいサービスに変えたいと思っても月賦が残っているためいろいろめんどくさくなりがちですので(^^;)。

どちらにしろ2台持ちにすることで毎月のデータ通信料の差額がかなり出てきますので、購入時の端末代はそれほどかからずに元が取れると思います。
ガラホの場合LTEでの通話になるので、エリアの問題がありますが、何せまだドコモで同じようなサービスがない(ガラホでWi-Fiの利用ができない)というのが痛いですね。もしauの4Gエリアで十分というなら、テザリングのできるスマホとの組み合わせでどちらでもネットができるというメリットもありますので、その辺もからめてガラホにするかとりあえず3Gのガラケーにするかを考えてみましょう。


格安SIM・スマホ ブログランキングへ


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。