DTI SIM その1 新生DTI SIMの料金コース どのプランが一押しか?

「DTI SIM」は以前から固定回線だけでなくモバイル回線についても、様々なインターネット接続について安さを前面に出して営業展開をしてきたプロバイダで、以前は格安SIMで千円以下が最安だったところ、何とその半分の500円で、低速ではあるものの格安のデータ用SIMを使えるという画期的なサービスを提供したことでも知られています。

しかし、月額500円以下でサービスを提供する事業者が複数出てくることによって、以前ほど他の事業者に関する優位性を維持することは難しくなったように思います。そういった理由があるからかどうかはわかりませんが、2015年から内容を一新する形で、契約単価にこだわらない様々なプランを用意して新たに発足したのが現在の「DTI SIM」のサービスということになります。

前のサービスから続けてきた高速クーポンなしの激安プランについては用意せず、代わりに2016年現在、3GBのデータプラン契約者(SMSオプション付き契約も含む)に向けて、半年間料金を請求しない(つまり0円で使える)先着順のキャンペーンを行なったり(音声プランは2ヶ月無料)して、それなりのインパクトを与えることには成功しています。

このエントリーを見る時期によって、このようなキャンペーンは終了していまっている場合もあるので「DTI SIM」に関する印象が違う場合もあるかも知れませんが、元々「DTI SIM」は格安のSIMを売り出すことによって世間へ格安SIMのインパクトを発信してきた経緯がありますので、このキャンペーンが終了したとしても、次の一手が毎月の利用料について切り込んでいく可能性は少なくなく、今後に向けてどのように変わっていくかが楽しみです。それでは、具体的に「DTI SIM」の提供するプランおよび、毎月の利用料について見ていきましょう(以降の金額は全て税抜きの金額です)。

・高速1GB 600円(データプラン) 750円(SMS) 1,200円(音声)
・高速3GB 840円(データプラン) 990円(SMS) 1,490円(音声)
・高速5GB 1,220円(データプラン) 1,370円(SMS) 1,920円(音声)
・高速10GB 2,200円(データプラン) 2,350円(SMS) 2,900円(音声)

データ専用プランと音声対応のプランを用意し、全体的に他社と比較しても安い金額を出してきている印象です。この中で、一体どのプランがおすすめなのかというのは、実は私が今まで書いた中にすでに答えがあるのです。というのも、「DTI SIM」が大々的にキャンペーンをして半年0円でも入って欲しいと思っているプランはどのプランか、そこを考えるとどうしても「3GBプラン」に入って欲しいという意図を感じずにはいられません。

各プランの内容を冷静に見ていくと、やはり一番使いやすいのは3GBプランだろうという結論に私も達します。次回はなぜ3GBプランなのか、その理由について解説させていただこうと思っています。

DTI SIM


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。