【FREETEL】最大3年間基本料0円キャンペーンと注意したい点

MVNOの中で利用者を奪い合う中、長期間基本料を割引くキャンペーンが特定のMVNOの中で行なわれています。その中でもスマホとSIMカードを同時購入すると1年間基本料(299円 税抜価格)を0円で利用することのできるFREETELのキャンペーンは端末購入というハードルがあるにせよ、安くて使える端末が欲しい場合には嬉しい長期間の0円利用ができていたのですが、2016年7月から開始されるキャンペーンはさらに長期間の3年間、条件を満たせば基本料が0円になるキャンペーンになっています。

さらに、すでに1年間基本料0円のキャンペーンに加入している方についても、1年間無料になる期間が終わってから改めて3年間このキャンペーンの特典が受けられる(別途有料による申込みが必要)道が用意されています。

これは契約したもののすぐに離れてしまうユーザー対策ということもあるかも知れませんが、うまく使えばお得にデータ通信を使うことができるようになります。

また、もう一つこのキャンペーンの特徴としては7月1日よりFREETEL SIMに加入すると音楽・映画・書籍をスマホで楽しめるサービス「music.jp特別プラン」が適用され、2ヶ月無料で利用でき、3ヶ月目以降は月額400円で472ポイントに加え、毎月映画5本まで視聴可というサービスが8月から提供予定になっています。

音楽も映画も見ないという方は契約してから2ヶ月目の月末にマイページより解約手続きを行なう必要がありますが、このmusic.jpのサービスを解約した場合、3年間基本料0円の特典が1年分少なくなり2年間に減ってしまいますので、music.jpを使いながら基本料0円の権利を保つか、そうしたことは放棄して基本料無料を2年間にするかの選択を迫られることになります。まずはお試し期間に使ってみて使えるサービスかどうかをじっくり判断されることをおすすめします。

なお、FREETELでは当初、このキャンペーンに加入する場合、music.jpへの加入が義務付けられる予定でしたが、一転してmusic.jpの申込なしでもキャンペーンに申込めるように変更になったようです。ただ、その場合はキャンペーン適用期間が1年減ることになります。

このキャンペーンについては実はもう一つ、事前に知っておいていただきたいことがあります。基本料の299円というのはあくまで毎月100MB以下の高速クーポンを使わない場合か、最初からマイページで高速通信を切って低速通信専用にして使う場合の月額です。こうした最安値での運用について、FREETELではキャンペーンの対象から一部外すという策を出しています。

具体的に言うと、キャンペーン開始から1年間は基本料0円で維持できるものの、2年目からは毎月の高速クーポンの使用料が100MBを超えない月には基本料の299円の請求がされてしまうということです。ですから、最安の利用料を継続したいという方というよりも、毎月高速クーポンを使っている方が3年間通信料から基本料である299円を割引いて利用できるキャンペーンであると言った方がいいかも知れません。

それでも100MBは使うにしても、毎月1GBも使わない人ならお得な期間は増えるわけなので、このキャンペーンを使った方がいい方もいると思います。3年間基本料を0円にするための条件がいろいろある複雑な点はありますが、ここまでお読みいただいてメリットを感じる方なら、現在FREETELのスマートフォンの一部がアウトレット価格で安く買えることもありますので、キャンペーンに乗るのも一つの手でしょう。

・FREETEL
https://www.freetel.jp/


格安SIM・スマホ ブログランキングへ


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。