【FREETEL】1GBまでの利用料金 半年~1年無料キャンペーン

FREETELはMVNOだけでなく独自のSIMフリースマホを販売もしていますが、2016年4月8日から同年5月16日までに申し込んだ分に関するキャンペーンが行なわれています。1GBまでの高速通信が無料で使えるというものですが、FREETELの課金の仕組みがどうなっているのかをまずは確認してみましょう。(以降の金額については全て税抜価格です)

FREETELの料金は、データ通信基本料299円がまずあり、SMSオプションは140円、音声通話を付けると700円がプラスされます。このデータ通信基本料は高速通信が100MBまでの金額であり、高速通信を月ごとに使う場合、データ通信量によって請求される金額は変わってきます。今回のキャンペーンでは1GBまでは一定期間無料になるということですので、()の中にキャンペーン適用時の期間限定料金も並列して紹介します。

~100MB 299円(0円)
~1GB 499円(0円)
~3GB 900円(401円)
~5GB 1,520円(1,021円)
~8GB 2,140円(1,641円)
~10GB 2,470円(1,971円)

以上がデータ通信専用の料金ですが、SMSオプション付きなら140円を加え、音声通話プランならそれぞれ700円を加えたのが毎月の請求金額になります。なお、10GBの高速通信を使い切ってしまった場合は低速(最大200kbps)に制限されます。

今回のキャンペーンではSIM単体で購入した場合は6ヶ月間、FREETELの携末とSIMカードを同時購入の場合は1年間キャンペーン料金が適用されます。このキャンペーンの使い方については大まかに言って2通りの考え方があるでしょう。

まず一つ目は、毎月使える高速クーポンを最大限の10GBまで利用する中で、およそ毎月500円の割引ととらえるものです。他社の高速クーポン10GBの料金を比べてみると、他社と比べて安くするという形でプランを出してきてDMM mobileが2,190円/月と、キャンペーン適用料金の安さが際立ちます。普通に使っていれば毎月1GBというデータ量はほとんどの人が使ってしまうので、その分安く使えると考えればお得なキャンペーンだということがわかるでしょう。

次に二つ目は、自分でデータ量をセーブしながら使うことによって、キャンペーン期間中は無料ないし安い金額でSIM自体を運用するためにキャンペーンを利用しようと考えるものです。これは、FREETELの料金は高速通信の消費量によって毎月の請求額が決まることを逆手に取って、ウェブ上から変更できる高速通信を低速通信(最大200kbps)に切り替えることによってさらに安い料金で使おうというものです。

今回のキャンペーンの場合、データ通信をコントロールできるモバイルルーターの機能やスマホのアプリを利用することによって、キャンペーン期間中は高速通信が1GBを超える前に通信をまず止めるようにします。データが止まっているのを確認したら改めてFREETELのウェブサイトへ行き、速度を低速に切り替えて残りの期間(月末まで)を低速で使うようにすれば、キャンペーン期間中は0円でSIMを運用することができます。

FREETELの低速通信については、現状ではそれ以上の規制はされないということなので、高速は使わずに低速だけでいいという事であれば、SIMが来た段階で高速から低速に速度を切り替えれば、細かい事を気にすることなくキャンペーン期間中の通信料を無料にでき、キャンペーンが終了しても299円/月で使えるようになるわけです。

FREETELの低速はどこまで何が使えるのかという事で、このキャンペーンを利用するという方もこの方法を使うと思いますが、実際には申込時に3,000円(税抜)の事務手数料を取られるので、6ヶ月(SIM単体購入の場合)使って有料になる前に解約したとしても月額にするとおよそ500円くらいはかかるので、全く0円ということではありません。

しかし、手数料はどのMVNOでもかかりますし、半年間から1年間の毎月の支払いがいらないような運用ができるのなら試してみたいと思う方もいるのではないでしょうか。

キャンペーン期間が短いですが、4月中に申し込むか翌月まで待つかによって使える期間は違ってきます。より長く使いたい場合は少し待って、細かい期間は気にせず、早くFREETELのSIMを試したい場合はすぐに申し込んでもいいでしょう。詳しくは、FREETELのメインページからキャンペーンページに入り、その内容をご確認下さい。

・FREETEL
https://www.freetel.jp/


格安SIM・スマホ ブログランキングへ


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。