FREETEL SIM その5 FREETELのMVNO事業は楽天モバイルへ

このブログでMVNO業者の終了というものを伝えるのは「ぷららLTE」以来となりますが、今回のFREETELについては、2017年11月1日付けでMVNO事業を楽天モバイルが買収し、楽天モバイルが業界第3位の規模になるそうです。

ただここで、「MVNO事業」という風に限定した書き方になっていますが、FREETELは国内のメーカーとして極めてユニークなスマホのハードメーカーとしての面も持っています。今回の買収では楽天モバイルが買うのが「MVNO事業」だけということなので、今までFREETELブランドで販売されてきたスマホなどのハードについては今までと同じように売られることになると思います。

今後は通信事業を行わなくなることで、さらにユニークなスマホが出てくるような事業形態になってくれば面白いですが、このカテゴリーではFREETEL名義でのハードを今後は紹介していくことになると思います。

さらに、今回の買収の結果によって特にFREETELの格安SIMに満足して使っていた方はどうなるかという点については、具体的な話については「楽天モバイル」のカテゴリーの方で紹介させていただくようになるかと思います。

こうした流れになっているのは、やはりMVNO事業というもので他の業者と差別化をしていくためには多くの契約者を確保する必要があるのかなという気もしますが、ここで紹介している各MVNO事業者がどのようなことになっていくかというのも、今後格安SIMを使い続けるうちには避けて通ることのできない情報になっていくのではないかと思います。

ともあれ、現在FREETELに契約されている方を除き、新たにFREETELに入ろうかなと思っていた方にとっては、ここ数日で状況が一気に変わってくる可能性もありますので、常に最新の情報を確認して駆け込みで加入されるのか待つのかをよーく判断してみて下さい。

freetel


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。