ガラケーでMVNOは使えるか? その4 無料通話付専用プランのSIMを入れる

ここまでは、スマホ用に音声通話だけでなくデータ通信のできるSIMをガラケーに入れても十分安く便利にガラケーで使えることがおわかりいただけたのではないかと思います。ただ、MVNOの中には最初からガラケーに入れることを想定した通話専用のSIMカードが存在しますので、その商品について紹介します。

それは日本通信b-mobileが提供する「携帯電話SIM」というもので、3G専用のドコモFOMAガラケーに対応しています。複数のプランがあり料金によって無料通話の時間が変わっています。ただ注意したいのは、大手携帯電話会社の無料通話分付きプランは無料通話分を使い切れなかった場合に翌月繰り越しができる仕組みがありますが、このプランでは余った無料通話分を繰り越しできません。具体的なプランの内容は以下の通りです。なお、通話料金は30秒20円(税抜 以下の表示も同じ)で計算しています。

・音声プランS 月額1,290円(無料通話分1,300円分付)
・音声プランM 月額2,290円(無料通話分2,700円分付)
・音声プランL 月額3,710円(無料通話分5,000円分付)

ここで、現実的に今まで紹介したプランと比較すると、データ通信に音声通話を付けたプランでデータ通信が使えないので、音声プランSの無料通話付きというのが安く維持できるもので通話もしたい場合には有効でしょう。また、こうした無料通話分を使ってSMSの送信もできるので、今までメールアドレスのあるキャリアメールでなく、電話番号に直接メールするSMSを主に使っている方で、通話はせずメール中心に使っている方は音声プランSの無料通話分で十分すぎるほど利用することができるでしょう。

こうしたことができるのは、今のところドコモの音声通話においては最新のスマホであってもLTEが繋がらない場所では3Gと呼ばれるFOMAの電波を使って通話するようになっているからです。ただし今後、3Gが停波しLTEの電波を使って通話するような形に変化した場合、今使っているガラケー自体が使えなくなります。

これはドコモではありませんが、auでは早いうちに3Gを停波し、LTEのみでデータも通話もするような方向を目指しているような話がネットニュースを読んでいると出てきています。

ただ、ここで話題にしているドコモについては「FOMAプラスエリア」と言って、山間部などでも通じることを売りにしたエリアがあり、このエリアを完全にLTEでカバーするためにはまだまだ時間がかかるのではないかと思います。つまりはまだまだ現行のガラケーで通話のみに使う用途というのはあり、ガラケーを2年契約前提で使わなくても、ここまで紹介したような方法でMVNOの音声通話付きSIMカードに入れ替えても十分使い続けることができます。各々の方の通話の状況によってどのプランが良いかというのは違ってくるでしょうが、あえてデータ通信は捨てて音声通話のみでMVNOを使っても結構使えるので、興味がある方はトライしてみてください。


格安SIM・スマホ ブログランキングへ


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。