LINE MOBILE その8 ついに出たソフトバンク回線プラン

2018年7月2日から、ついにLINEモバイルでソフトバンク回線が利用できるようになりました。ただ、今までのドコモ回線と同じ「データフリー機能」を提供できるようになるまで予定では2018年秋までと時間がかかるので、それまでの期間についてはアプリの「LINE」や各種SNSサービスを使う場合に高速クーポンが減ってしまう事になってしまいます。その対応策としてソフトバンク回線プランに限っては全てのプランを対象に、2018年7月と8月の高速クーポンを一時的に2倍に増量することで対応するということです(9月1日から「データフリー機能」が使えるかどうかは現時点ではわかりませんが、恐らくLINEモバイルではそのような計画でいるのだと思います)。これから、そんな細かいことを含めてLINEモバイルの発表に基づいてその内容を紹介します。

まず注意したいことは、基本的な料金大系は今までのドコモプランと全く同じ(LINEフリープラン・コミュニケーションフリープラン・MUSIC+プラン)です。サービス内容についてもドコモ回線とソフトバンク回線で同じものを並行して提供していく予定にしているのだそうで、すでにドコモプランに加入している方も慌てなくても済みます。

ただ、新たにソフトバンク回線に入ったりドコモ回線からソフトバンク回線に変更したい場合、端末をどうするのか? という問題が起こります。そこで、LINEモバイルが提供しているのが利用可能な端末についての情報です。

その1 ソフトバンクで購入した端末を持っている場合

・iPhoneはiPhone 5s以降ならSIMロック解除なしでそのまま使えます。
・iPadは2018年発売のiPad(第6世代)はSIMロック解除なしで使えます。
・Androidは2017年8月以降に発売されたAndroid端末および、HTC U11(601HT)・DIGNO G(602KC)がSIMロック解除なしで使えます。

その2 ドコモ・auの端末を持っている場合

・基本的にSIMロック解除が必要です。具体的な機種についてはLINEモバイルの提供する「動作確認済み端末検索」のページで調べてからSIMロックを外す手続きをするのがおすすめです。

https://mobile.line.me/support/device/

その3 SIMフリー端末の場合

・この場合も機種によってソフトバンク回線が利用できないものがある可能性があるので、上記リンクの「動作確認済み端末検索」のページですでに持っていたり、これから購入しようと思っている端末が利用可能かどうか確かめてから申し込みをするのがいいと思います。

その4 新たにLINEモバイルで端末を購入する場合

・音声通話SIMの場合、LINEモバイルの端末を購入した場合、基本プランの料金が半年間900円引きになります(2018/7/2(月)~8/31(金)までのキャンペーン適用で)。900円×6回で5,400円を端末購入代から値引きしてくれます。

また、今までのドコモプランからソフトバンク回線に変更したい既存のユーザーについては、7月6日の12時から受付が開始されますが、マイページからの申し込みで手数料の3,000円が無料で行なえます(8月31までの手続きが必要)。もし今使っている端末がソフトバンクの電波を掴むSIMフリーで、他にドコモ回線かau回線を持っている場合、最安で月額500円からソフトバンク回線を使うことができるので、気軽にマルチキャリアが使え、もしドコモ・au回線が使えずソフトバンク回線しか生きていないような状況があった場合にはリーズナブルに利用することができるでしょう。

また、LINEモバイルの場合はデータ専用プランであっても年齢認証なくLINEアカウントを持てるため、安くソフトバンクが使える端末とともに一番安いLINEフリープランをソフトバンク回線で新たに契約し、いざという時にはその端末からテザリングもできる状況にしておけばそれはそれで使い方もいろいろ見えてきます。それこそLINE電話の機能を使ってドコモ回線とソフトバンク回線のスマホをトランシーバーのように使うことも可能になります。データ専用のSIMで使えば電話を勝手に掛けられることもありませんし、お子さんとの連絡用に活用するのも面白いと思います。

LINEモバイル


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。