【LINE MOBILE】2017年2月1日からの契約からSIM発行手数料が追加

キャンペーンというものではありませんが、期日が迫ったお知らせということで、このカテゴリを利用してお伝えします。

LINE MOBILEでは2017年2月1日から新たにSIMカードを発行する場合に、SIM発行手数料として税別400円をユーザーに追加して請求することを発表しました。これはドコモの方でMVNOに貸与するSIMカードについてほぼ同額の手数料を払っていますので、今回の発表はそのユーザー負担へのお願いであると言えます。この手数料がかからないのは2017年1月いっぱいになりますので、LINE MOBILEに興味があったり乗り換えようと思っている方は早めの手続きがおすすめです。

他のMVNOでは初期登録手数料を上げることで対応しているところもありますが(FreetelではLINE MOBILEと同様にSIM発行手数料をすでに徴収しています)、今回のLINE MOBILEは発行手数料として取るので、amazonで販売している初期登録手数料がかからないパッケージを購入した場合でも2月1日以降に申し込んだ場合には400円の手数料はかかってきますので、早めの手続きも必要になりますので、その点にもご注意下さい。

普通に考えるとamazon経由でパッケージを購入してからの契約の方が初期費用がかからないので有利に思えますが、このパッケージは音声通話付SIMおよび、データ通信用SMSオプション付きの契約に限られます。データ通信専用で最安の500円(税別)で維持できるプランに加入する場合は、LINE MOBILEから直接申し込む形になりますが、長期にわたる契約を考えているなら安くて、さらにID検索のできる格安SIMを持つことができるようになります。

今後、他のMVNOでもSIM発行についての手数料を徴収するところは増えてくると思われます。特にこれからMVNOに乗り換えてみようとか、複数のMVNOのSIMを整理したいと思われる方についてはこうした発表がある前に安く乗り換えられるのがおすすめです。

LINEモバイル


格安SIM・スマホ ブログランキングへ


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。