格安SIMで人生が変わる? その1 まずは料金を比べてみよう

ちょっと大げさな題名ではないかと思うところもありますが(^^;)、もし今まで当り前のように携帯大手の会社から進められるままに自分でも高いなと思う通信料を払っている人が、格安SIMでもほとんど遜色なく使えた上で毎月の通信料が安いということがわかれば、かなりショックを受けるのではないかと思うので、あえてこんな題名を付けてみました。

まずは、格安SIMという言葉を聞いていても実際どのくらいまで安くなるのかということで、具体的にその料金を比べてみることにします。今回比べる格安SIMはNTTdocomoから回線を借りているということで、ドコモのスマホプランについて代表的な料金で比較してみます。なお、料金は消費税を含まない税抜の価格でご案内しています。

(ドコモプラン)
・通話 カケホーダイライト(5分以内なら定額)1,700円
・ネット SPモード(キャリアメール利用のために必要) 300円
・パケット データMパック(高速クーポン5GB)まで 5,000円
・その他 契約は2年縛りの自動更新 別途端末代を分割で購入が必要
合計金額 7,000円/月

実はパケット通信パックには2GB高速クーポンが使える「データSパック」があるのですが、この場合は「カケホーダイライト」がセットできず、通話定額を月額2,700円の24時間タイプのカケホーダイにする必要があります。その場合の料金は6,500円となりますが、今回は格安SIMとの比較のため、だいたい7千円くらいと考えて比べてみます。

なぜこのプランと比べるかというと、現在のMVNOのプランの中にはドコモの回線を使って24時間通話定額が使えるプランが存在しないからです。ただ、ドコモの「カケホーダイライト」と同じ通話プランを提供しているところがありますので、これからそのプランを出しているMVNO「DTI SIM」の料金明細を紹介します。

(DTI SIM)
・通話 電話かけ放題オプション(5分以内なら定額)780円
・ネット キャリアメール利用不可 0円
・パケット 音声通話プラン高速クーポン5GB付 1,920円
・その他 契約は1年縛りだがその後の解約は自由 SIMのみで端末は自分で用意
合計金額 2,700円

ちなみに、DTI SIMの音声通話プランは5GB以外にも無制限、3GB、1GBの中から自由に選べます。ここでは、比較のために5GBプランの合計を紹介するとキャリアメールは当然ドコモに入っていなければ使えないということはありますが、ドコモのような厳しい契約縛りはないのに半分以下の料金になってしまいました。

さらにシビアに計算すると、ドコモ本家とDTI SIMとの月額利用料の差は7,000-2,700=4,300円にもなってしまいます。ドコモの契約は2年縛りなので、この差額を24ヶ月払い続けていくと、その差は2年後には103,200円になってしまいます。

ドコモの名前の付いたメールアドレスがどうしても必要だったり、MVNOの提供するデータ通信はどうしても信用ならないというのでなければ、どちらを選ぶかと言われれば安い方で十分だと思われる人も多いのではないでしょうか。ただ、安いものには何か落とし穴もあるのではないかと思いつつ高い方を選ぶという方もいるかも知れません。

これからしばらく、格安SIMが安い理由について詳しく紹介しながら、安い方になびいても大丈夫なだけのスキルを持ってもらえるようにいろいろ書かせていただこうかと思っています。毎月の家計から通信費が減るということだけでなく、それ以上の変化が格安SIMを使いこなしていく過程で手に入る人もいるのではないかと思うのです。


格安SIM・スマホ ブログランキングへ


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。