「mineo」その4 スマホのセット販売で買える国産スマホ arrows M02/RM02

MVNOを使う場合、通信カードとカードを入れる端末が必要になるのですが、カードだけを購入してすでに持っているか別に購入するか今まで使っていたスマートフォンに入れて使うというのはある意味上級者の買い方で、特に何も持っていない人がMVNOを始めるにあたっては端末の同時購入が不可決です。

こうしたニーズに対応するため、「mineo」に限らず多くのMVNOでは全くの新品をセット販売という形で用意していますので、このセットを購入して格安スマホデビューするというのもおすすめです。ここでは、「mineo」が用意している国産の端末について紹介させていただきます。

少し前まではセット販売されるスマホはほとんど国外メーカーのものでした。これはこれで安かったり性能が良かったりしていい部分もあるのですが、今まで防水やおサイフケータイが当り前だった人からすると、防水もなければおサイフケータイもセットできないということが大手キャリアにしがみつく要因になっていたところもあったのではないでしょうか。

そういう点でも、これから紹介する富士通のSIMフリースマホ・arrows M02/RM02はようやくMVNOでもここまでのスマホを出せたかという機能がのっていて感慨ひとしおです。ここで、arrows M02/RM02の特徴およびよい点について箇条書きにまとめてみました。

・国産スマートフォンとしてのアフターサービスの受けやすさがある
・auとdocomo、どちらのSIMも使える(auプランの場合はau VoLTE対応SIMでの利用)
・Wi-Fiテザリングが可能(USB Bluetoothでも可)
・おサイフケータイ機能が利用可(一部使えないサービスもあり)
・防水、防塵対応
・セットの中に卓上ホルダがセットされている

国産スマートフォンと海外産のSIMフリースマートフォンを比べた時に躊躇する点が、アフターサービスの受け易さということもあるかも知れませんが、やはり防水かどうかという点があるでしょう。さらに、ここには書きませんでしたが電池持ちについてもネットでの評判が高く、普通に使うにはほぼ問題ない端末に仕上がっています。

ワンセグ・フルセグの機能こそ付いていませんが、テレビをスマホで見たい場合は全部入りのシャープSHL25が多少高いですが販売されているのでそちらを選ぶか、auの中古白ロムを探すという手もあります。ただこの端末を買っておけば、auのSIMだけでなく、今後docomoのSIMカードと入れ替えて使えるという大きなメリットがあり、そうしたメリットも購入する際のポイントとして抑えておくといいでしょう。

2016年1月20日までという限定ながら「mineo」ではarrows M02/RM02購入者へのキャンペーンでアマゾンギフトカード3,000円分をプレゼントしていますので、このキャンペーンが行なわれているうちに購入したり、後日同様のキャンペーンが行なわれたとしたら、新品で購入する場合には大手家電量販店で購入するよりもメリットは大きいと言えます。

また、もう一つ気になるのがこの機種のおサイフケータイで何が使えるかということもあるでしょう。メーカーのホームページによると、2015年12月15日現在ということで、以下のサービスが動作することになっています。

・モバイルSuica
・モバイルWAON
・楽天Edy
・QUICPay モバイル
・ローソンモバイルPonta
・mobile members
・東京ドーム TDモバイル2
・ticket board(動作検証中)

主なサービスの中では、セブンイレブンの「モバイルnanaco」が未対応です。ただこれは時間の経過とともに変わる可能性もあります。こうした情報もSIMフリーのスマホに変える際に重要な判断材料になるかと思いますが、今後新たなSIMフリーのスマホが出てきた場合でも、arrows M02/RM02の機能は最低クリアしていないと買い換えるには至らなくなるわけで、現在「mineo」を使っていたりこれから使おうと考えている人だけでなく、MVNOのSIMを差して使えるスマホのスペックについても、それなりのものが求められていることの表われではないかと思います。

逆に言うと、ワンセグがいらなければ電池が消耗するまで使い続けられる息の長い端末となる可能性も秘めていますので、全く何の用意もなくMVNOデビューしたいという方は、このarrows M02/RM02というSIMフリースマホに注目しておいて損はないでしょう。




スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。