「mineo」その5 新たに通話プランオプション「通話定額30/60」

2016年はMVNOについても通話サービスが充実している感があります。先日のDTI SIMの5分以内定額のオプション発表に続き、mineoでも通話料金についての新オプションが出ましたのでここでお知らせします。

通話料金の定額サービスではないものの、mineoの安定したデータ通信環境を保ちながら通話もそこそこしたいというニーズに合うものとして出たのが「通話パックプラン」の「通話定額30/60」です。

この30と60というのはそれぞれ30分と60分の料金を一定のオプション料金によって使えるようにするものです。

・通話定額30 30分間通常1,200円のところオプション料金840円
・通話定額60 60分間通常2,400円のところオプション料金1,680円

なお、上記料金は30秒20円で計算していることから、超過した場合も通常料金になり、NTTないしau回線を使った通話を割引くということで、これはこれで評価できる試みではないかと思います。例えば、楽天モバイルで5分定額オプションを付けてもほとんど通話を使っていないか、使っても短時間の通話だけというような方は、一回5分という時間にこだわらずに一ヶ月30分か60分という時間を守って電話を掛けるようにすればオプション料金内で収まるわけなので、通話のやりくりができる方ならおすすめできるプランになります。

また、mineoではプレミアムコースを9月開始予定ということです。このプレミアムコースというのは、普通では利用者集中によってスピードが遅くなるところ、帯域に入ることのできる人数を限定してスピードを保つことができるサービスのようですが、料金や詳細はまだ検討中とのことです。

ぷららモバイルやワイヤレスゲートの最大3Mbpsに速度を限定した無制限プランは見掛けだおしのようにスピードは出ていませんが、具体的に人数限定という風に使えれば、常に安定したスピードが保てる可能性はあります。あとは申込開始後すぐに埋まってしまい、素人には加入不可能な形になってしまわないかとか、料金がちょっと毎月出すのに考えてしまうようになってしまうかというところがあるものの、今後に注目したいところですね。

ただ、これだけの事を発表してしまった以上、プレミアムコースの速度が急に落ちたなんて事になれば、MVNOの通信品質の評価はやはり安かろう悪かろうという風になってしまいかねないので、mineoには頑張って高品質なデータ通信を提供していただいなと期待しています。




スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。