MVNO加入でもらえるメールアドレス その2 支給されたメルアドの価値を探る

今回は前回より具体的に、今までここで紹介してきたMVNOの中でメールアドレスを支給してくれる所の紹介と、単体でメールアドレスを維持するためにはどれくらいのコストがかかるのかということについて調べてみます。以下に挙げたMVNOがモバイル接続コースに入れば無料でメールアドレスが支給されるところです(ただし、so-netの「0SIM」の契約では電話番号でログインする関係からメールアドレスは使えないようです)。ちなみに、紹介する価格は全て税別になります。

・ocn モバイル one バリュープラン 250円/月
・hi-ho ちょこっとコース 200円/月
・Nifmo @nifty基本料金 250円/月
・Plalaモバイル ぷらコミ0 200円/月
・biglobe ベーシックプラン 200円/月
・So-net モバイルコース 200円/月

基本的にはこのサイトで紹介したMVNOのうち、比較検討に値するものをピックアップしたつもりです。この他には、MVNOを解約すると使えませんが、mineoや楽天モバイルでも、契約すれば専用のメールアドレスが使えるようになりますので、MVNOを選ぶ際の参考になればと思います。

スマホでこうしたメールを使う際には、プロバイダのホームページにアクセスし、web上からメールの確認および送信を行なう方法や、複数のメールアドレスを登録できるメールアプリを使って直接アプリで送受信を行なう方法があります。また、Gmailなど別に使うアドレスに転送することも可能です。

メールを使う頻度が多ければ専用のアプリをインストールしてプロバイダのメールを設定して使うのがいいでしょう。複数のメールアドレスをどう使い分けるかというのは各々の利用環境によりますが、ここで紹介した新たにもらえるメールアドレスをメインに使うような場合は、そのアドレスの認知度が上がって行くにつけ、MVNOを乗り換えにくくなることもあります。

その場合はMVNOを解約してもプロバイダとの契約は残し、上記の最低利用料金を毎月支払うことでメールアドレスの維持は可能です。単にメールアドレスの維持をするためにお金を払えるかということもありますが、携帯電話のキャリアメールはおおむね300円/月のネット接続料がかかるわけなので、そんなに負担とは感じない方も多いかも知れません。

ここまで読んでこられて、それほどピンと来なかった方でも、もし専用のアドレスを使えるMVNOに加入した場合にはとりあえずはメールアドレスを使えるようにしておき、Gmailとともにキープしておきましょう。

Gmailのアドレスを全ての状況で使い、広く告知するよりも、インターネットショッピングで物を購入する場合など、別のアドレスを使い分けた方がいいかも知れない状況というのはこれからも出てくると思いますし、迷惑メールがやってくるようになったらMVNOそのものを乗り換えてメールアドレスを切り、新しいアドレスのある所に入り直すというのも、スパムメールを減らすにはいい対策かも知れません。普段は使わなくてもいつでもフレキシブルに使えるメールアドレスを持ってみてからその使い方について考えみるのもいいのではないでしょうか。


格安SIM・スマホ ブログランキングへ


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。