MVNOでモバイルルーター その1 モバイルルーターにはどんな機能がある?

 

インターネットを気軽に持ち出すということでは、今ではスマートフォンを持って使うことと考える方が多いかと思います。しかし、状況によってはスマホの中にSIMカードを入れて使うよりも、モバイルルーターの中にSIMを入れて使った方が便利に使える場合があります。ここではモバイルルーターを使ったネット通信について、掘り下げてみたいと思います。

そもそも、モバイルルーターとは何かというと、スマートフォンのようにSIMカードを中に入れて使う事は同じですが、単体でメールを見たりWebに繋いだりすることはできません。自宅にある無線ルーターと同じく、インターネット回線と端末との橋渡しをするためのハードウェアです。ただ、外に持ち出して使うために本体内蔵の電池で長時間動き、LTEや3Gの電波を受信してからWi-FiやBluetoothで(一部の対応する機種に限ります)ネットに他の機器を接続させるテザリングでのインターネット接続ができるようになります。

テザリングができるということは、スマホやタブレット端末だけでなく、パソコンでも外でインターネットに繋いで使うことができます。さらに、ゲーム機の中にはWi-Fiでインターネットに接続してウェブブラウザを使ったりゲームができるものもあります。スマホは持っていなくても、Wi-Fi対応でネットに繋げるゲーム機を持っていたり、手持ちのパソコンを持ち出して外でもインターネットに接続して使いたいという事であれば、まずはモバイルルーターに格安SIMという形でMVNOを使ってみるというのもいいでしょう。格安SIMで使う場合においては、携帯大手3社のSIMをスマホで使う場合のように、テザリングをするのに別料金を請求されることはなく基本料金のみでテザリングできます。

もし最初に買ったハードがモバイルルーターだった場合、その後スマホを買って一時期使わなくなることがあったとしても、状況によっては後から使うようになるケースは当然出てきます。一つの契約で複数の枚数のSIMカードを持てる契約もありますし、格安のSIMプランなら月間の維持手数料が0円の「0SIM」や299円から低速通話に切り替えて使えるFREETELのようなサービスを提供しているところのものを使えば、お財布にもそれほどひびかずに複数のネット接続用ハードを持てることになります。

なお、モバイルルーターの中に入れるSIMについては、データ通信専用でSMSオプションが付かない一番安いもので問題なく動作し、電池の持ちなどに影響は出ません。基本的にはMVNOで売られているモバイルルーターを選べば間違いありませんが、国内だけで使うのではなく海外でも使いたい場合や、docomoのSIMだけでなくauのSIMでも使えるものもありますので、長く使おうと思う場合はその内容を十分吟味して購入するのがいいでしょう。

SIMカードを入れて使うスマホやタブレット端末には、モバイルルーターの代わりとしても使えるテザリング機能が使えるものもあります。ただ、そうしたテザリング機能は多くのスマートフォンの機能の中の一つに過ぎませんので、本体でネットをしつつ他の端末でもテザリングを行なって使うとなると、余分に電力を消費しますので、一日トータルで電池が持つのかということも心配になります。

その点でもモバイルルーター専用品ならこまめに接続を切り替えることで長時間の利用も可能になりますので、今までスマホにしか格安SIMを入れて使う事しか考えていなかった方も、新たなモバイルルーターを使用するケースについては、これから改めて説明していく予定にしています。


格安SIM・スマホ ブログランキングへ


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。