MVNOでモバイルルーター その5 モバイルルーターのすすめ

ここまで、モバイルルーターによってMVNOを使う方法について紹介してきましたが、スマホに入れると基本的にはスマホの通信の手段としてしか使えないのに対し、モバイルルーターは単体では使えないためいやでも端末を繋がなければならないため、つなぐハードの種類によって使い方も変わってくると言えます。
すでにWi-Fi経由でならインターネットに接続できるものを持っていれば当面は高額なハードを購入しなくても、安く手頃な価格で購入できるまで待って購入することもできますし、それまで使っていなかったものを現役復帰させることもできます。

単体のスマホで使うことが主になっている場合でも、もし何かの拍子に自宅のネットが使えなくなった場合、低速の回線であってもパソコンと繋いで最低限の連絡に使えるだけのポテンシャルはMVNOの低速回線であっても持っているので、もし白ロムなどで安く手に入るようなら、こちらの推奨機種でなくても一台持っておくともしかしたら役に立つ場合もあるかも知れません。

スマホの新しい機種はどんどん出てきて、すぐにスペックが古くなるということが起きますが、モバイルルーターの機能自体は単純なので、基本的な性能についてはそう変わることなく長く使い続けられるというのもポイントです。新品だと高いという場合は中古市場に目を向け、電池が内蔵式ではなく電池交換のできるタイプのモバイルルーターを手に入れれば、物理的な故障がない限り、いざという時のために長く使い続けることも可能です。

気を付けなければならないのがモバイルルーターにセットするSIMカードの大きさになります。自己責任でSIMアダプターを使いたくないという場合は、現在使っているスマホか、これから使おうと思っているスマホやタブレット端末と大きさを揃える必要がありますが、基本的にSIMカードは「小が大を兼ねる」という原則があって、現在一番小さい大きさのnanoSIMであれば、市販の薄いタイプのSIMカードアダプターの利用で何とか使えるようにできます。

あと、気にしていただきたいのがモバイルルーターのカバーするエリアについての問題です。紹介したMR04LNやMR03LNは国内メーカーであるNECの製品なので、ドコモでもauでも、またソフトバンクのデータSIMでも使えるようになっていますが、海外のメーカーの製品の場合は一応は使えるものの、ドコモのSIMにおいて山間部のエリアとして今でも重宝する「FOMAプラスエリア」が使えないようなものもあります。

ドコモのSIMカードを入れて使う場合には、仕様の中をじっくり見て以下のバンドをカバーしているかどうか、まずは確認しましょう。

・W-CDMA(3G) Band 6
・LTE Band19

もちろんこの事はスマホを選ぶ時にも言えるわけですが、もしお使いのスマホがこれらのバンドを受信できないような場合はなおさらその穴を埋める存在として重要になるでしょう。


格安SIM・スマホ ブログランキングへ


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。