MVNOで使うSMS その2 SMS利用に便利なMVNO

前回、SMSの概要について説明させていただきましたが、メインのメールとして使うよりもキャリアメールをGmailやダイレクトメッセージサービスに移行していくにあたって、いずれのサービスでも連絡できない人への通信手段として、いつでも使えるようにしておくものとして意味があるように思います。

そう考えると70文字という文字の制限に気を付けながらも、一通3円(税抜)という価格はそう高くはないと思います。これはどのMVNOを使う場合も同じなのですが、多くの方が意外に知らない事に、MVNOの中でもSMSオプションを付けたデータ通信プランと、音声通話プランにおいて、SMS送信料を月/5通まで無料で利用できるMVNOがあるので、先にその事について紹介しましょう。

ocn モバイル oneでは、データ通信専用SIMにSMSオプションを付けた110MB/日プランでは1,020円、音声通話プランでデータが110MB/日プランの場合、ひと月5通までの国内あてのSMS送信料を無料にできます(文字数は全角70字まで)。音声通話プランのSIMを選ぶと、同次プランでは1,600円となり、さらに050plusの月額利用料無料という特典が付きます。



5通が無料といっても、金額にすると合計15円分のサービスに過ぎないのですが、いざという時に料金の心配をせずに電話番号でしか連絡が取れない人に追加料金の心配をしないで連絡できる安心感は大きいと思います。もちろん、月額基本料の安いプランに加入しつつ、ある程度のSMS送信を行なうという考え方もあります。

月間100通以上とか、かなりSMSで使いまくっても大丈夫そうなプランとしては、データ専用プランで考えると500MBまでのデータ通信量なら0円で、これにSMSオプションを付けても150円/月で使えるSo-netの「0SIM」なら、月に100通SMS送信しても月500円以内に収めることも可能ですし、低速切替をして使うならFREETELの「使った分だけ安心」プランなら基本料とSMSオプションを加えても439円から使えるので、データ通信が低速だけで十分ならこうしたプランにSMSオプションを付けてメール中心に使うのも面白いのではないでしょうか。

また、音声対応プランでは先述のocn モバイル oneの他で言うと、700円からと格安で音声通話用の番号が持てる「0SIM」はもちろんですが、低速固定の手続きをすれば月800円で音声通話付きのデータ通信利用可能なSIMが持てる「@モバイルくん。」で契約するのもおすすめです。他社との差額の分でSMSを使うようにすれば、@モバイルくん。の低速固定なら通話こそ従量になりますが、データ通信は低速ならそれ以上かかりませんし、他社との差額でSMSを使えます。

その際、繰り返しになりますが特に長文のメールを打つ目的でない場合には、一通送信3円で済む全角70文字以下に抑えるようにするのがおすすめです。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。