NifMo その4 IP電話でない電話回線での定額通話プラン発表

NifMoの通話プランというのは早くから「かけ放題」を提供するIP電話を提供してきたものの、電話番号の前に特定の番号を付けてから掛けるプレフィックス方式の5分掛け放題がMVNOでも定番のサービスとして認識されるうち、逆にNifMoが早くから何とかして通話定額を提供しようとした事が裏目に出たといったら言いすぎかも知れませんが、今までは同じプレフィックス方式の通話定額プランの提供はないままでした。

しかし、2017年の6月からということで、ついにNifMoでもプレフィックス方式での通話定額のサービスを行なうことになりました。しかも一般的な5分までの定額ではなく倍の10分までの通話が回数無制限で定額のサービスを始めるということになったのです。

多くのMVNOではこのサービスを行なうために独自のアプリを提供したり独自の電話サービスを打ち出す必要がありましたが、今回のNifMoは独自のプランやサービスではなく、OCN モバイル ONEがすでに出している「OCNでんわ」と同じサービスを他MVNOに開放した電話サービス「0035でんわ」というサービスを利用し、コストを抑えているような感じです。

NifMoの格安SIMはドコモ回線を使っていて、「0035でんわ」はOCN モバイル ONEと同等の品質を誇ります。ということは、OCN モバイル ONEの中には使いたいと思うプランがないという場合や、スピードに不安があるような場合にはNifMoのプランも比較対象になるということです。

NifMoのプラン自体は高速クーポンが3GB・7GB・13GBとシンプルなものですが、スマホと同時契約でなくSIMの単体購入でもキャッシュバックのキャンペーンをやっている時期があったり、ショッピング利用やアプリダウンロードなどの方法でポイントを貯める「NifMoバリュープログラム」を利用して毎月の利用料金を安くする方法も用意されているなど、細かい事ですがOCNと違う点もあります。また契約者にはニフティのプロバイダメールがもらえるので、特に古くからパソコンによるインターネットを使っている人に対しては違和感なくメールを利用することもできます。また、元々ニフティのプロバイダを使っている人が加入する場合は上記3つのプランなら全て200円引きで利用できますので、古くからのインターネットユーザーでまだニフティのアカウントを持っているという場合は確実にOCNより安く利用できることになります。

高速クーポンは翌月繰り越しができますが、使い切ってしまったり1日ごとにある規定容量を越えた場合の低速制限になることもあります。ただその場合に役に立つバースト転送機能も用意されていたりとサービスは充実しています。ただし、手動での速度切り替えはまだ対応していないようなので、この点には注意しましょう。

NifMo


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。