nuromobile その4 「0sim」申込みは月ごとの定員制に

2016年11月までは0の付く日のみに受付可だったnuromobileの「0sim」ですが、2016年12月以降にはまた変わった方法での申込みを受け付けることになりました。その方法とは、日付には縛られないものの、毎月7777枚(人数ではないことに注意)までしかSIMカードを発行しないというものです。

つまり、この7777枚というのがどの程度ではけてしまうかという問題もあるのですが、すぐに「0sim」が欲しいと考えている場合は、月初にすぐ申し込む必要が出てくるということです。例えば家族で複数枚欲しいというような場合には、希望の枚数をゲットできなくなる可能性も当然出てくることになります。

果たしてこのまま尻すぼみのようにサービス自体が無くなってしまうのか、過去に加入したものの使わずに自然解約になったものが出てきたらこの申し込み方法も変わるのかどうか、ちょっとわかりかねますが、少なくとも0円で毎月維持することのできるSIMカードというものは貴重であり、入手するのが今後は難しくなることだけは間違いないような気がしています。

muromobileがこのような形に舵を切った背景には、いわゆる冷やかしで使わないのに持っているようなユーザーをできるだけ排除したいという思惑もあるのかも知れません。実際問題、購入したものの月間500MB以内で収まる使い方というのはなかなか難しいものがあり、使いこなせないまま放置されているSIMカードも多いことでしょう。
そこで改めて有効な活用法について考えてみますと、まず考えられるのがSIMカードが2枚入るスマホでの利用です。メインのデータ付き音声SIMで高速クーポンを使い切ってしまった場合に0simに切り替えることで、月間の高速クーポンを500MB増やすことができます。切り替えの手間は必要になりますが、メインのSIMカードの高速クーポンを使い切らない状況であってもあえて自然解約にならないように使うという事も簡単にできます。

次に、ほとんど使うことはないもののあれば有難いというMVNOのSIMカードを入れることのできるガラホに入れて使うケースです。ドコモ系MVNOで使えるドコモのガラホは、デフォルトのままではウェブブラウジングとメールやLINEのやり取りだけにネット利用をとどめることができ、使位方次第とは言うものの、スマホに差して使うよりも少ないデータ量で済ますことも可能です。いっその事LINE専用のガラホにしてしまい、メッセージのやり取りをガラホに集約させることによって毎月500MB未満のデータ量でも十分に使える環境を作り出すこともできるかも知れません。

最後は、モバイルルーターに入れて使う方法です。モバイルルーターの場合はスマホやガラホと違ってデータ通信を入れなければ全くデータ量を消費しませんし、モバイルルーターによっては正確に毎月のデータ通信量を記録し、一定の量使ったところでそれ以上通信しないように通信を止めてくれるものも出ています。こうしたモバイルルータに入れて使えなくなるまで使い、その後は別の方法でモバイル通信を行なうということも可能です。

どの方法も特殊な方法ではありますが、それぞれに毎月0円でデータ通信を満喫する方法でもあります。このような方法に興味がある場合は、今後SIMが提供されるうちにSIMを手に入れる算段を付けた方がいいでしょう。状況は月単位で変わる可能性もあるので、常に最新の情報入手も忘れないようにしてください。


格安SIM・スマホ ブログランキングへ


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。