「OCN モバイル ONE」その1 その特徴のまとめ

数多くある格安SIM、格安スマホを提供するMVNOの中で、「OCN モバイル ONE」はエヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズというNTT関連会社がサービスを展開しています。MVNOに参入している業者は数多いものの、よくわからないところは不安だという方の場合、この一点をとっても安心して利用できるでしょう。

さらに、既にドコモのスマートフォンを使っていて、そのスマホを使い続けたいという場合でも、多少の設定は必要になりますが、今使っているスマホをそのまま使えるドコモのMVNOであるという点もメリットです。

「OCN モバイル ONE」を選ぶポイントとしては、まず利用状況に応じたプランの変更が簡単という点があります。大まかにいって6種類のプランがあるのですが、月毎にプランの変更がインターネット上から可能で、変更手数料のようなものはかかりません。毎月の利用状況を見ながら自分に一番合ったものに変えることもできますし、お盆や年末年始の旅行シーズンだけ変更するということもできます。

そして、プランの中で他社と違う点として、高速データ通信のできる容量が月毎に決められたプランだけでなく、一日毎に決まったプランも有ります。動画を見るなど高速通信を一気に消費しがちな人の場合、月毎のプランだと月の途中に高速通信分を使い切ってしまい、かなりの長い期間を低速で我慢するか高速オプションの追加購入をしなければならなくなることもあるでしょう。しかし、一日毎のプランだったら日付けが変われば高速通信は復帰しますので、ほどほどに高速通信を使う事ができるようになります。

ただ、低速といってもメールやLINEだけでなく、ネットラジオを流しっぱなしにしたり、音楽のストリーミング再生(YouTubeは除く)をしても普通に使える回線のクオリティの高さがあるのが「OCN モバイル ONE」の大きなアドバンテージです。スマートフォン用に専用アプリを使えば、あえて高速を使わず低速を選んで使うことも可能なので、利用状況によってはあえて低速でキープし、いざという時に高速を使うという使い分けができます。

そして、アプリを使うとそれまでどのくらい高速通信を利用しているかもわかるようになります。一日プランと月毎プランとも翌日ないし翌月までのデータ容量くりこしができるというポイントを生かし、より有効に高速データ通信を使えるのもいいですね。

契約プランの中にはデータ通信だけでなく携帯電話の番号がもらえる音声通話プランもあるのですが、この音声通話プランを契約する場合、他社にはないサービスを受けることができるので、それを目当てに「OCN モバイル ONE」を指名して入る方も少なくありません。

まず、元々エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズがスマートフォン用に行なっていたIP電話サービス「050plus」のサービスを追加料金なしに利用できます。050から始まる番号がもらえ、留守番電話サービスも充実しているので、携帯番号と併用した利用がおすすめです。また、ショートメールと言われるSMSが国内での利用ならば月5通まで無料で送信可能というのも、地味ではありますがパソコンもスマホも持っていない人と連絡を取る場合は有難いメリットでしょう。

このように、客観的に見ても大きな穴はなく、メリットが多い「OCN モバイル ONE」は、まずどれを契約しようかわからないという人にとってはメリットが多い格安SIMであると言えるでしょう。




スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。