FREETEL SIM その1 最安値で使うには?

「FREETEL」は通信サービスを提供するMVNOであるとともに、SIMフリースマートフォンを販売するメーカーでもあります。日本独自の製品を導入することにより、そのインパクトも大きく最近になって注目が集まっている事業者であると言えるでしょう。

 

その「FREETEL SIM」について、これは用意された端末との同時購入の他、SIMカードだけの購入も可能です。プランの内容は実に簡単です。「使っただけ安心プラン」として、毎月の高速通信を使った量に対して毎月の料金が決まります。まず、以下の3つのSIMのうち、どれにするかを選びます(価格は全て税抜き)。

 

・データ専用
\299(100MB) \499(1GB) \900(3GB) \1,520(5GB) \2,140(8GB) \2,470(10GB)
・SMSオプション付
\439(100MB) \639(1GB) \1,040(3GB) \1,660(5GB) \2,280(8GB) \2,610(10GB)
・音声通話付
\999(100MB) \1,199(1GB) \1,600(3GB) \2,220(5GB) \2,840(8GB) \3,170(10GB)

 

また、iPhone(ドコモ回線)専用のSIMが用意されていて、料金は他のスマホで使う場合と同じですが、このSIMからだとApple storeからアプリをダウンロードする際に、パケットを課金しないというメリットがあります。

 

SMSオプションと音声通話付きがあるものの、基本的には一つのプランであくまで自分の使い方によって毎月の料金が決まるというもので「b-mobile」の「おかわりSIM」と同じ方式です。ただ、料金のところを見ればおわかりの通り、高速通信を100MB以内に抑えることができれば、月299円という最安価格で契約を維持することができるという点が大きな特徴です。

 

何もしない状態では高速での通信が行なわれ、料金もかさんで行きますが、「節約モード」をユーザーが設定することにより、10GB使い切った場合と同じ最大200kbpsに制限を掛けることで高速クーポンを使用しないようにもできます。これにより、税抜299円/月で維持することができるのです。さらに、3日間の利用量での制限はありませんので、純粋に低速無制限のSIMカードを最安の値段で持つことができます。普通に200kbpsくらいまで低速で安定して出るなら、ラジオや音楽を聴くぐらいまでの利用なら「FREETEL」のプランが安くて便利です。

 

なお、節約モードに設定するには「FREETEL」のマイページにアクセスし、Web上から設定する必要があります。一度設定してしまえばその内容は翌月にも繰り越されますので、一度節約モードに設定してしまえば最安値のまま使い続けられます。余った端末を有効活用したいような場合にも持っていてもいいでしょう。最低限のメールとウェブを見るだけと割り切ればあえて高速クーポンを使用しないで維持するのも十分有りでしょう。

 

FREETEL
https://www.freetel.jp/


格安SIM・スマホ ブログランキングへ


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。