シニアが使いやすいスマホとそのサービス その3 スマホのスペックについて

この文章を書くために他のブロガーの方がどのようにしてシニア向けのスマホを選んでいるか調べているのですが、中にはiPhoneこそシニア用のスマホとしておすすめというような事を書いている方もいます。

ある意味それは正しいと言えるかも知れません。シニアの方が困るのが、ボタンや画面を変にいじってしまって収集がつかなくなってしまった場合にどうすればいいかという事があると思います。Androidのスマホの場合、自由に設計ができ多くのメーカーが作っているためか、ボタンが物理的に押せるボタンだけでなく画面に表われたり消えたりするマークの上をタップするものだったりするわけで、わけがさらにわからなくなる感じもあります。基本的には「家」の形のホームボタンと、一つ画面を戻すことのできる矢印のボタン操作さえ覚えておけばAndroidでも大丈夫かとは思うのですが。

しかしながら、やはりOSを作っているメーカーが全てのハードを販売するAppleだけに、iPhoneには電源と音量ボタンの他にはホームボタンしかなくより単純です。最初に戻るにはまずホームボタンを押すという事だけを覚えておけば、まず混乱することはないでしょう。iPhone用に作られたシニア用のホームアプリもありますので、ある意味シニア用のスマホとして考えても悪くありません。画面と性能の違いにより数々の種類はありますが、基本的なところは変わりませんので、iPhone特有の防水なしワンセグおサイフケータイなしという事に納得できれば、おすすめできる端末であると言えます。

ただ、iPhoneの場合は中古の白ロムであってもお値段が高めということと、電池交換に対しても一旦修理扱いになるとめんどくさいという事で、とにかく安くスマホを維持したいという風に考えるとなかなか難しいかも知れません。Androidの中には新品でも1万円を切る安いものもありますが、ピンからキリまであるAndroidスマホの中でどういったものを選べばいいのか、次に考えてみます。

ここでの考え方として、まず今のスマホの流れを考えると3G専用のものは避け、LTE対応のスマホにしておけばネット接続時のストレスが軽減されることはあると思います。さらに、iPhoneの時に考えたようにあえて高性能でサクサク動くものを使わせるという方法もあると思いますが、この点についてはあくまで使う人がどこまでスマホを活用するかという事にも関わってくるような気がします。

確かにiPhoneや高性能Android機を余裕を持って使うというのはメモリ不足でフリーズする可能性も少なくなり、できればそうしたいいものを使ってもいいのですが、ほとんど電話と少しのことしかしない(できない)ような場合は、あえて必要十分に機能を抑えた安いものでも何とかなる場合もあるでしょう。

つまり、近所のお店に買い物に行くのに大きな高級車を出せば事故の被害に遭って怪我をするリスクは少ないですが、気軽に使える自転車や軽自動車でも十分であれば十分で、大事なことは本人がどう思うかによります。

物理的にどうしても防水機能が欲しいという風になった場合には、シニア用の専用端末ではないドコモの白ロムの中で評価の固まったものを選ぶという方法もあります。どちらにしても最初のうちは使うアプリというものは限らせてきますので、本体ROMが少ないものでもアプリを入れない状態でキビキビ動くなら比較対象にしてもいいのではないでしょうか。

とりあえずスマホを使わせてはみるものの、すぐにガラケーに戻ってしまうか、スマホでいろんな事をやる気になるかわからない状態では、高いものをあえて使ってもらうよりも、安く買える機種をまず使ってもらってその結果次の端末をどうするか考えてもいいでしょう。どのくらいが安価かという風に思う方もいると思いますが、新品なら本体2万円前後、(ZenFone Goならそのくらいで購入できます)中古の白ロムなら1万5千円から2万円くらいまでの間(一つの例としてドコモ白ロムならソニーのSO-04E、SIMフリーなら富士通 Arrows M01あたりなら探せば入手可能)で物色されるのがとりあえずはいいと思います。


格安SIM・スマホ ブログランキングへ


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。