格安SIMを入れるスマホを選ぶ iPhone SE その1 携帯会社かMVNOか

格安SIMというのは昔はカードのみの販売で、そのSIMカードをどうやって使うかというのは利用者の好きな方法に任されていました。多くはドコモの契約を解約した後のスマホをそのまま使ったり、中古のドコモ白ロムを買ったりして使っていたように思います。

また、いわゆる国内で利用できるSIMフリーの、一般の方は聞いたことのないメーカーのスマホに入れて使っている方もいました。しかし、今では国内のメーカーもMVNOのSIMが使えるスマホを出していますし、今回紹介するiPhoneの中でも4インチ画面のSEは、発売元のApple Storeで安い価格でSIMフリーのバージョンを出すようになりました。

まず、この文章を書いている2016年5月半は時点での価格を紹介します。新機種であるiPhone SEの本体メモリ16MBバージョンが税抜47,800円で、64GBでも59,800円となっています。今では3万円台でもWindows10の入ったノートパソコンが買えてしまうという事はありますが、Androidでも高性能なスマホはこのくらいの価格はしますし、決してこの価格は高くはないという評価もあります。

同じiPhone SEを携帯大手3社で2年契約で購入した場合、通話無制限や5分間定額というプランは付けられるものの、データ通信が2GB/月程度でも月間5千円を超えるような料金体系になっています。仮に月6千円として計算してみると、もし端末を0円で購入できたとしても(政府の通達でこのような販売方法は今後ますます認められない傾向にあります)、2年間で携末代に加えて144,000円以上の通信費+通話料が発生します。

SIMフリーモデルを購入して利用するMVNOのデータプランには様々なものがありますが、ざっと比較する場合の数字としてデータ通信料3GB/月に音声通話プランを付ける場合、楽天モバイルで3.1GBプランに音声通話プランを付けると月額は1,600円になります。これにさらに比較のため5分間までの通話が定額になるオプション料850円を加えると、2,450円/月(税抜)となり、2年間の支払総額は58,800円となり、これにiPhone SEの購入価格を加えると、16GBで106,600円、64GBでも118,600円となります(全て税別の金額です)。

楽天モバイルのプランとApple Storeで購入したiPhone SEの金額はAppleCare+による延長保証の金額を除いてはいるものの、ほぼ支払実体に合った金額ですが、携帯大手3社の金額はかなりざっくりとした金額の出し方で、実際はこれ以上の費用がかかることが予想されます。

もしどうしても通話が5分定額でなく24時間定額が欲しかったり、通話料を安くしてさらに無料通話のあるプランを使いたい場合には、通話はガラケーで、データ通信及びテザリングはiPhone SEでというように分ければMVNOではデータ通信専用SIMにすればいいので、さらに差は広がります。データ通信専用の契約の場合は多くの場合契約期間による縛りがないので、内容が気に入らなければ契約事務手数料の負担は出ますが、短い期間でもすぐに乗り換えることもできます。

また、音声通話付きのプランであっても、イオンモバイルでSIMカードを契約すれば、音声通話プランでも途中解約の解約金は出ません。この他にも様々なキャンペーンにうまく乗っていけば契約開始時の費用分を違う形で回収できる可能性もあり、MVNOの知識をより多く知っている方がiPhone SEを安く維持する事ができるわけですから、今後iPhone SEを使いたいと思っておられる方は、ぜひ本体のみSIMフリーモデルを購入し、通信・通話はMVNOで行なうということも選択に入れながら考えていくのがいいと思います。

(2016.5.24追記)

SIMフリーのiPhoneに入れるSIMについて、現状ではデータ専用のSIMでも利用は普通にできますが、OSのアップデートにより状況が変わる場合があり、その際にキーになるのがSMSオプションが付いているかどうかということでした。そもそも、MVNOで初めてiPhoneが使えるようになった際もSMSオプションが付いていないと難しかったということもあります。特にiPhoneをMVNOで使っている方に注意してほしいことをここにまとめておきます。

まず、新たなOSのアップデートが来た場合、何も考えずにそのままアップデートを実行することは控えましょう。すぐに多方面からこのアップデートをした場合、今までのようにMVNOが使えるのかどうかの検証が行なわれますので、その結果を待ってからアップデートを行なうようにしましょう。特にSMSオプションが付いていない場合、アップデートした場合にSMSオプションがないと使えないと分かった場合はそのまま使いつつ、その後の情報を確認しましょう。

月額にすると140円~150円くらい高くなりますが、SMSオプションを付けておいた方が気分的には安心して使い続けられるという点はありますので、後はiPhoneについての動作検証を行なって発表しているMVNO各社のアナウンスなども見ながら判断してみて下さい。


格安SIM・スマホ ブログランキングへ


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。