so-net その1 「0 SIM」とはどんな契約か?

「so-net」の出している格安SIMの中でも、大変にインパクトがあるのが「0 SIM」という業界最安値をうたうプランです。このプランは文字通り、うまく使うことでデータ通信を使いながら毎月の利用料金を0円にすることも不可能ではありません。

 

ここまで、できるだけ安く使えるデータ専用SIMカードの数々を紹介してきましたが、それらのSIMカードとの違いや、「0 SIM」の使い方についても合わせて紹介します。まず、「0 SIM」の料金について説明します。「0 SIM」のプランには3つのプランが有り、毎月の料金は以下の通りです。

 

・データ専用プラン 0~1,600円
・データ+SMSプラン 150~1,750円
・データ+音声プラン 700~2,300円

 

うまく運用することで、各プランの最安値で維持することも可能なので、その場合において業界最安値で利用できるということになります。基本的にはデータ通信が1月あたり500MB未満に収まれば最安値となります。その際「未満」という言葉に注意して下さい。

 

というのも、ここで問題になるのはこの「500MB未満」というのは、500MBちょうどが入るか入らないのか。実に微妙です。結論を言ってしまうと、データ通信量が500MBに達してしまうと0円での運用はできなくなるのです。499.999999……のように、データ通信量が400MB台に収まっていれば0円のままなのです。

 

ではデータ通信量が500MBを超えたらどうなるかというと、最大月間5GBまでの利用に段階的な課金が生じます。その明細は以下の通りです。

 

・500MB未満 データ通信料 無料
・500MBから2GBまで データ通信料 100MBごとに100円(2GB超で1,600円)
・2GBから5GBまで データ通信料 2GB超と変わらず
・5GB超 データ通信料 速度制限有り(別途追加チャージ可能)

 

なお、これ以外に気を付けなければならないことは、0円で維持できるデータ通信専用SIMの場合、契約をしたSIMを使わないまま3ヶ月連続でデータ通信の利用がなかった場合は自動的に解約になってしまいます。ある程度は使っていかないとせっかくの無料を生かせないわけです。
つまり、このプランは月間500MBのデータ通信量を超えないように使い続けることができればデータ通信料がいつまでも(このプランが存続する限りではありますが)無料で使えるプランということになります。もし間違って使い過ぎても、最大1,600円(税抜き、ユニバーサル利用料別)までしか掛からないのである意味安心して使えます。

 

こうした特色のあるSIMカードは、中・高校生に親が持たせるにもうってつけだと言えるかも知れません。というのも、端末代は別にかかるものの、様々な工夫によって全く家庭の懐を痛めずにそこそこスマホを利用することも可能ですし、親子の取り決めで有料分(SMSオプションや音声通話SIMの場合は基本料を除いた額)を子供さんが自分の責任で払うように決めてしまえば、今では日本国内で無料で使える公衆無線LANがコンビニやショッピングモールなどに設置されていることが多いので、動画やゲームはWi-Fiを使うなど工夫すれば、かなりハードに使っても毎月0円で運用することも可能になります。

 

「0 SIM」からステップアップしたい場合でも、データが一定量まで無料でそこそこ使えるSIMカードである事には変わりはないので、将来的にもサービスが終わらない限りは解約せずに使い続ける道もあります。「So-net」がこのサービスをずっと続けていくのかはわかりませんが、興味があってSIMカードを入れられる端末をすでに持っている場合には試してみる気持ちで使うのも面白いかも知れません。また使わなくなったスマホでどうしてもSMSオプションを付けないと電池の持ちが悪くなるなんて場合は月150円での維持を目指すとか、ほとんど待ち受け専用の電話を作りたい時にも検討に値するのではないでしょうか。

 

So-net
http://lte.so-net.ne.jp/


格安SIM・スマホ ブログランキングへ


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。