たまにパソコンを持っていく場合に便利なMVNOプラン

普通の方が外でインターネットを利用される場合、スマートフォンやせいぜいタブレット端末くらいで用は済んでしまうと思いますが、まれにノートパソコンを持ち出したいという場合があるかも知れません。

外でパソコンを使う場合にはカフェで無料のWi-Fiが使えればそちらの方を優先して使えばいいでしょうし、旅行の際などは高速道路のサービスエリアや道の駅でもWi-Fiサービスがあります。ホテルに入れば最近はほとんどのホテルでインターネットが使えるようになっていますので、実際にモバイルインターネットが活躍するのは何もない所で急にパソコンを使う必要に迫られた場合に限られるように思います。

そんな時だけとするならば、いわゆる無制限のようなプランまでは契約する必要はないでしょう。ただ、低速ではなく高速が使えるプランで、いつでもそこそこの高速クーポンが使えるプランでスマーとフォンを使っていて、ここが大事なのですがそのスマートフォンで「テザリング」ができることが重要になります。

このカテゴリーでは改めて紹介するつもりですが、インターネットを共有するハードの中にはモバイルルーターもあるものの、モバイルルーターはスマートフォンのように単体では使えませんので、いざという時に使うためにはスマートフォンでもインターネットを共有して本体でも他の端末でも使えるようなものを選んでおくといいでしょう。

といってもそれほど難しいことではなく、いわゆる「SIMフリー」として売られているスマートフォンであればケーブルでパソコンを繋ぐ「USBテザリング」や、Wi-Fi、Bluetoothによるテザリングが利用できます。最近では国内メーカーの富士通がarrows M03というSIMフリー端末を出しています。この端末ではどちらも防水・ワンセグ・おサイフケータイという大手キャリアのスマートフォンが持っている機能が搭載された上で各種テザリングもできます。

さて、そうしたスマホを使われていることを前提として最適なMVNOのプランを考えてみますと、月にせいぜい数日くらいの利用ならば、多くのMVNOが千円前後で出している月間3GB前後のプランで考えてみるのがいいでしょう。しかし、そうしたプランの中にもいざという時に使えるような仕組みになっているものから、そうではないものまで色々あります。基本的にここでは普段はスマホで低速通信を利用していて、ファイルのダウンロードやアプリの更新、そしてパソコンでの利用をする時だけ高速通信に切り替えられ、さらに使い切れない高速クーポンを繰り越しできるMVNOのプランを考えてみましょう。具体的にどういうものがおすすめかというと、

・月額千円前後のリーズナブルなプラン
・高速クーポンは3GB/月前後
・高速と低速をスマホのアプリから簡単に切り替えられる
・余った高速クーポンを翌月まで繰り越すことができる
・低速時の利用については一切制限のない低速無制限である

こうした条件を満たすプランで思い付くのは、mineoのドコモ回線を使ったDプランです。上に挙げた条件は全て満たしている上、ユーザー同士のコミュニティ「マイネ王」に登録すると、高速クーポンを使い切ってしまった場合に他のユーザーから少量ではありますが高速クーポンを分けてもらったり、逆に繰り越しをしても余った高速クーポンを他の人が使えるように寄付できたりします。他のMVNOでは毎月のクーポンを使い切ったら終わりですが、mineoではそういう所も考えられているので、今回紹介するような出先や旅先で急にパソコンを使わないとならなくなった場合には大変に使えるサービスではないでしょうか。

スマートフォンで使うインターネット接続でも高速の方が快適であることには違いありませんが、低速でもそれなりに使えるという感触さえ持てばしめたものです。月間の高速クーポンをいざという時に使えるくらい貯められるなら、スマホでは日常的に低速で通信しておき、テザリングでパソコンでも使う時にはスマートフォンのアプリから高速に切り替えていつでも使える環境を作っておくのがおすすめの利用の仕方だと思います。




スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。