電車で移動中にはスマホでラジオがおすすめ

お盆のお休みは明けたとは言え、まだ夏休み期間中の学生さんは、日本各地を移動しながら旅行することも多いでしょう。2016年はオリンピックと高校野球が同時に行なわれているため、その様子を移動中に知りたいと思われる人もいるかも知れません。

もちろん、スマホのニュースサイトで逐一更新されるサイトから情報を仕入れることでも経過を知ることはできますが、臨場感には欠けます。そんな時、やはり便利なのがラジオを利用することです。

ただ、移動中のラジオというのは自動車にはラジオが付いていて、トンネル内でも聞けるようになっているので普通に使えるものの、新幹線を含む電車で移動している場合には厳しい場合が多いです。小型ラジオを使って電車の中で聞いた経験がある方ならその辺の事情はおわかりの方が多いと思いますが、場所によってはノイズまみれで放送の内容が聞き取れなかったりすることも多く、さらに山の中を走る電車内ではそもそも電波が弱く、目的の放送局すら捕まえられないこともあります。

そこで、スマホが当り前に使えるようになった今、スマホで聞くことのできる「インターネットラジオ」を活用する方法について考えましょう。用意するのは電車の中で聞くことを考えると、周囲の人の迷惑にならないためのヘッドホンかイヤホンがあれば十分です。

現在の日本のラジオでは民放では「radiko」、NHKでは「らじる★らじる」というアプリがあるので、旅に出る前にはこれらのアプリを事前にダウンロードしておきましょう。そして、ラジオが聞きたいと思った時にはどちらかのアプリを起動して聞きたい放送局を選べば、本放送より若干のタイムラグはありますが、たとえMVNOの低速の環境でもノイズのない綺麗な放送をスマホで聞くことができるのです。

こうしたインターネットを使ってラジオ放送を聞くという方法は、携帯電話の電波さえ届いていれば、その場所でラジオが聞けなくてもクリアに聞くことができるということで、周囲にラジオの送信所がなくなかなかラジオが聞けない人にとっても便利に使われています。元々携帯電話は自動車電話としてサービスが始まり、車で移動していても通話ができるクオリティを目指していますので、電車の移動スピードくらいなら問題なくラジオを聞き続けることができるでしょう。

ただし、携帯電話の電波が届かない場所ではインターネットのデータ通信ができないためラジオも聞くことができません。電車に乗っていると良くあるのが、長いトンネルを通過中にラジオが途切れることですが、これは鉄道会社にトンネルの中でも携帯電話が使えるようにしてもらうように頼むしかありません。

また、長距離の移動にともない、民放のラジオを聞きたいと思った場合にエリア判定によって泣かされる場合があります。というのも、テレビと同じようにラジオも地元局を保護するために、自分のいるエリア以外の民放ラジオについては、「radiko」では聞くことができないようになっているのです。つまり東京から大阪まで移動していると、ずっと東京のラジオを聞くことができなくなり、あくまでも普通のラジオと同じように移動先の民放に切り替えなければならなくなるというわけです。

ちなみにNHKの「らじる★らじる」を使っていればどこへ移動していても同じ放送を聞き続けられるので、どうしても民放というこだわりがなければ移動中は「radiko」でなく「らじる★らじる」のアプリの方を使っていればいいでしょう。そうでなく、どうしてもエリア外の放送局を聞きたいというのであれば、「radikoプレミアム」という月額350円(税別価格)の有料サービスに加入することで、このサービスに加入している民放ラジオの放送をいつでもどこでも聞けるようになります。

スマホでラジオ放送を聞く場合のおすすめ格安SIMについては、カテゴリ内ですでに紹介していますが、基本的には低速と高速が切り替えられ、低速の通信についてデータ量による規制のないocn モバイル oneやmineoのドコモ回線プラン、低速無制限だけでいいならロケットモバイル、freetel、楽天モバイルのベーシックプラン、ワイヤレスゲートの480円プランなどがあります。ただ、旅行中の限られた時間に使うだけなら利用量による規制まで使わないで済むケースもあるので、まずはご自身のスマホで移動中にどのくらい快適なのか使ってみることをおすすめします。電車というノイズ源の中でイライラしながらラジオを聞いていた方なら、その快適さにびっくりすること受け合いです。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。