U-mobile その7 「Super」「PREMIUM」のネット取扱い中止について

U-mobileのプランは早くからデータ通信無制限のプランを出したり、いち早くソフトバンクモバイル回線を出したりと様々な試行を重ねながら推移してきたように感じています。ただ、そうした多くのプランはユーザーにとってもわかりずらいものですし、今後の事を考えると「無制限」に使えないのに「無制限」をうたうこと自体が業界内ではあまり推奨されてはいないようにも思えます。

それでなくとも総務省が携帯大手3キャリアに意見を述べるなど、ユーザーにとってわかりずらい説明やプランの仕組みはMVNOであってもできるだけなくなって欲しいと思っています。そんな中でU-mobileは一部のプランのWebでの受け付けを2017年6月30日をもって終了するというアナウンスがされました。実店鋪ではこれから紹介するプランは販売を継続するということですが、直接ユーザーに説明しないともし後から何かクレームが来たら困るということなのだろうと思います。

まず一つ目のプランは、「U-mobile Super」というプランなのですが、このプランははっきり言うとY!mobileの基本プランと全く同じものと言った方が早いかも知れません。ソフトバンクモバイルの回線を利用し、10分以内の通話は無制限に行なえ、データ通信は2GB・6GB・12GBの3つに分けられていて、24ヶ月継続利用が前提のプランになっています。

すでにソフトバンクのMVNOとしては日本通信が独自のプランを出していますし、このプランに入りたいならY!mobileで入った方が実店舗もありますし、あえてU-mobileで入る意味を見出せないというのが状況の変化によって顕著になってきたのが今回の発表の元にあると言えるのではないでしょうか。

次に同じく6月30日でWeb受付を終了するのが「U-mobile PREMIUM」です。このプランはいわゆる高速データ通信の「無制限プラン」で、すでにぷららLTEがMVNOから撤退を発表しているように、無制限と言いながら時間や場所によっては制限があるプランになっていることから、これ以上新規ユーザーを募集するといざクレームが出たら恐いと当然会社の方は思っているでしょう。

私自身も「無制限」と言われて入ったものの時間によっては低速並みに遅い状況があったとしたら、お金を一部返して欲しいと言いたくなるかも知れないので、逆にこのU-mobileの判断というのは賢明な事なのかも知れません。現状で「U-mobile PREMIUM」に変わるプランと言うと、前回このブログで紹介させていただいた「U-mobile MAX25GB」という高速クーポンを月に25GBまで使えるプランで、「U-mobile PREMIUM」よりも月額100円安く提供されています(Lデータ専用:2,380円/月 L通話プラス:2,880円/月 全て税抜価格)。

この高速クーポンが大容量で安いプランというのはU-mobieが先陣を切ったようなところがありますので、今後U-mobileが今までのプランを整理してどう進化していくかというところも今後は注目されるところです。今後はさらに格安SIMといわれるMVNO間の競争が激しくなると思いますが、U-mobileにもそうした競争の中に入っていただいて、ユーザーにとって十分に使えるサービスを出していって欲しいものであります。




スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。