U-mobile その5 U-mobile PREMIUMと従来の無制限プランとの違いは?

2016年7月より、U-mobileの無制限プランは「U-mobile PREMIUM」と名前を変え、従来の無制限プランは新規受付を終了しています。今までのLTE使い放題はそのまま使えますが、これから紹介するプレミアムプランとは違う従来の回線を使うプランのままになるので、興味があればいったん解約して入り直す必要が出てきます。そこまでして変えてしまった、そのプレミアムというのはどういうことなのか、既にサービスは開始されていますが、その内容について見ていくことにしましょう。まずは料金について紹介します(価格は全て税抜き)。

・データ通信のみ 月額2,480円
・データ+SMSオプション 月額2,630円
・通話プラス(SMS付) 月額2,980円

料金については従来との差はありませんが、借りている回線がドコモの中でも「U-mobile PREMIUM」だけが「IIJ」(プレスリリースの表記と同じですが、恐らくIIJmioだと思われます)になったというのが大きな違いなのだということです。高速クーポン別のプランとは借りている回線の種類が違うことになり、お互いの回線に関する影響が少なくなるということで、今まで無制限プランのユーザーに引きずられるような感じでスピードが遅いのではないか? と感じていた決まった高速クーポンを毎月使えるプランに入っていた人にとってはきっちり回線を分けたことで安心感が出たという風に思えます。

あくまで常識の範囲で利用しているならば、本当にプレミアムな感じを受けながら使えるようなプランとして今後認知されていくようになるのかも知れません。プレミアムと銘打っているわけですからやはり他のプラントは一味違うのではとつい期待してしまうので、回線品質の向上をU-mobileには目指して欲しいと思う所以です。

しかしこのプログで度々指摘させていただいているように、自宅で有線の代わりに使うようなものではないということもまた確かです。ファイル交換ソフトを使ったり、動画や頻繁に画面の書き換えをするゲームを延々と繰り返すなど、他のユーザーに影響を与えるようなヘビーユーザーのみが恩恵を受けるような事は恐らくなく、個別に規制が入るだろうと思います。

無線で有線ネットの代わりとして使う場合は少々高額になることには目をつぶり、Wimax2にするのがセオリーだという現状は変わりませんし、恐らく今後も限りなくないでしょう。その点に気を付けて、自分の中でどのくらいまでなら使っても規制されないかというコツをつかんで使われる分にはなかなか面白そうな試みではないかと思われます。

こうした新しいサービスが始まるとまず契約してその遅さにショックを受けた経験のある方は、まずは状況が落ち着くまでネット上の口コミを見ながら様子を見る方がいいでしょう。




スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。