UQ mobile その1 データ通信無制限の中味は?

「UQ mobile」は、携帯大手キャリアの1つauの系列で、現在もサービスを行なっている携帯の電波とは違った高速通信のWimax2を扱っている「UQ WiMAX」から派生するようにして始まっています。Wimax2はauのスマホでもサービスが行なわれていますが、「UQ mobile」は、auの携帯電話の電波を借りて提供しているMVNOですが、説明した通りau本体とのつながりが強い分が強みだと言えます。

 

auのMVNOは他にやっているところが「mineo」しかないということで、一般的にはユーザー集中による速度低下の影響が出にくいという評判があることは確かです。その代わり、データ通信のみの契約では3Gでの通信は提供せず、LTEだけの提供になるのは「mineo」のAプランと同じです。一般的な格安のプランもありますが、「mineo」とかぶる所も多いので、ここで説明するプランについては、あえて他社と違う点を紹介させていただきます。特徴的な点としては大きく分けて2つのポイントがあります。(表示金額は全て税抜き)

 

・データ無制限プラン データ1,980円 音声付2,680円
・ぴったりプラン 2,980円~

 

まず、「データ無制限プラン」ですが、以前のブログで「ぷららモバイル」「b-mobile」「U-mobile」で高速データ通信の無制限プランを紹介した時にはこの「UQ mobile」のプランは紹介しませんでした。それは、「UQ mobile」のプランの最高速は「ぷららモバイル」の最大3Mbpsよりも更に遅い、500kbpsに制限されているからで、これだと動画をいつも快適に見るのはきついと思われます。また、これはauからの規制で、3日間のデータ量が3GBを超えると制限を受ける可能性があるというのも、頭に入れておかなければなりません。

 

しかし、最初に書かせていただいたように、常に高速でのインターネット接続を実現するかのように宣伝している他社のプランであっても、お昼や夜などの多くの人が接続して回線に集中するような場合はがくんとスピードが落ちるケースについて指摘されている方もネット上のサイトでよく見付けることができます。

 

普通に考えて、ドコモの回線を借りているMVNOは「UQ mobile」と「mineo」のAプランを除いた全てなので、そうしたドコモ系のMVNOと比べるとau系MVNOの方がカタログ上の数値を信頼しやすいということもあります。そこで、あえて最高速500kbpsである「UQ mobile」のプランを選ぶメリットは出てくるでしょう。動画を常に快適にリアルタイムで見るには難しい点があるかも知れませんが、自宅の固定インターネットの代わりとして動画以外のネット接続用に使うのも、安定して500kbpsが出るならそれでいいという方もいるでしょう。

 

今後、auのMVNOを行なう業者が増えてくるとそのスピードについても怪しくなるかも知れませんが、条件によっては500kbps以上のスピードが状況によっては出ることもあるというネット上の口コミもあるので、気になる方はデータ通信契約なら、解約のハードルもそう高くないので、一度試してみることをおすすめします。



格安SIM・スマホ ブログランキングへ


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。