UQ WiMAX その3 WiMAX 2+サービスの通信制限が2017年2月2日から変更

モバイル通信で利用したいという方だけでなく、自宅に電話回線(光回線)を引けなかったりすぐに移動するので引きたくないという方に適したモバイル通信は、LTE通信よりも「Wimax 2+」の方をおすすめしたいケースがあったりします。

ここではあくまで本家のUQ WiMAXを紹介しますが、通信の内容については他のWimax 2+でも同じです。全てをWimax 2+で利用したいという場合は小型のモバイルルーターがありますし、自宅でのみ使いたいという場合には大きなアンテナで受信感度を上げられる(電波を受けられない場合には当然スピードも遅くなります)ルータータイプの製品もあり、用途によって分けられます。

個人的にはスマホには格安SIMのLTE対応SIMカードを入れて使い、自宅に戻ってからはWimax 2+のルーター経由でWi-Fiを使うのがスマートだと思いますが、以前に書いた「ギガ放題」の通信制限の量が2017年2月2日から変更されることが発表されましたので、その点について紹介させていただきたいと思います。

まず、現状での制限というのは「3日間の利用量が3GBをオーバーした時」にかかるようになっていて、その速度は「YouTube動画のHD画質レベルが見られるくらい」ということで大体3~4Mbpsくらいまで落ちるということになっています。

新たな基準に置きましては、制限後の速度低下については「YouTube動画の標準画質レベルが見られるくらい」の約1Mbpsとかなり遅くなりますが、制限にかかるまでの数値も変更されます。その数値とは「3日間の利用量が10GBをオーバーした時」というものです。

1日に換算すると3.33GBまでは光通信並みの速度で利用でき、さらに制限は3日間のトータルでかかるので、しっかりと3日間ごとの利用データ量さえ把握しておけば、個人での利用でしたらほぼ問題なく制限にかからずに利用できることが予想されます。
ですから、Wimax 2+で小型のモバイルルーターを利用してLTE通信のMVNOと併用するなら、外でもWi-Fiの利用を考えなくても常に快適な速度で運用が可能になります。さらに今のMVNOでは安い料金でもLINE、Facebook、Twitter、Instagramのようなコミュニティ系のサービスについて高速クーポンを減らさずに利用できるようなプランも続々と使えるようになってきています。基本的な利用は安いMVNOのサービスを使い、動画やオンラインゲームなどはWimax 2+のルータ経由で行なうという合わせ技を使うということも現実的です。

もちろん、自分の行動範囲や自宅がWimax 2+のエリア内にあることが条件になりますが、全てをモバイル回線で利用し、有線を引かずに済ますということも今回のUQ mobileの発表によってしやすくなったというのが正直なところではないでしょうか。




格安SIM・スマホ ブログランキングへ


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。