音声通話をMVNOで使う その3 050番号で使いやすいMVNOサービスを選ぶ

前回紹介したように、050番号のIP電話というのは電話回線ではなく、インターネットのデータ回線を使うということで、どうしても回線品質が悪くなりがちです。というか、昔の黒電話の時代から、電話で話すとはこういうものだと思っていた事が裏切られてしまうのでなおさら酷く感じられてしまうのかも知れません。

加えて、スマートフォンで使う場合はアプリを使って発着信を行なうので、アプリの不具合で着信がしにくかったり、バックグラウンドで待ち受けをしていると通常より電池の減りが早くなったりとストレスの種は尽きません。ということで、ここで紹介するMVNOサービスにつきまして、050電話の利用が無料でできたり割引サービスのあるところをピックアップしてみました。

月々の料金がかかってうまく使えないなら腹も立ちますが、基本料を払えば050番号をもらってもそれ以上お金が掛からなければ、ある程度は長い目で見ていけるのではないかと思うので、そうしたプランのある3つを挙げてみます。その前に一つ、050電話でオプション料金を付けると24時間通話定額というサービスをやっている「Nifmo」についてちょっと紹介します。

このプランはここまでの話とは違って、090・080・070から始まる音声通話プランとのセット契約が前提になります。その場合最安のプランは高速クーポンが3GB付いた1,600円/月のプランに付けることになりますが、国内発信定額のオプションが月1,300円で付けられ、これを国内通話だけでなく海外からの発信まで定額にしたい場合はオプション料金は月2,700円になり、月額はそれらとの合計になります。料金は国内向けでは携帯電話会社のガラケー用の通話定額と比べるとそれほどお得感はありませんが、スマホでデータ通信をやりながら通話定額があるという意味では安く一つにまとめて使えるわけですし、海外から日本の家族や友人など不特定多数に通話して、国内でのように長く話したいような場合はかなり便利でしょう。ただ、国によっては日本との通信自体を禁じているところもあるかも知れませんし、申込みの前には電話を掛けたい国でこのサービスが使えるかどうかを確認の上で申込むようにしましょう。

さて、改めて基本料金の中にIP電話の基本料も含まれるサービスについて紹介しましょう。まずは、現在は一部のTSUTAYAの店頭での購入およびアフターサービスも受けられる「Tモバイル」です。





基本料金が1,080円で、機種によって1台2万円から3万円するスマホの同時契約こそ必要ですが、加入すると全員に050番号がもらえ、サポートの電話番号も050から始まる番号になるなど、最初から050番号を利用することを前提としたサービスになっています。オプションなどで高速クーポンを利用する設定にしなければ、データ通信の速度は500kbps~600kbpsと言われており、決して高速ではありませんが電話としてのデータ通信を普通に使うための条件は揃っています。

次に、普通のデータ通信プランにIP電話の利用権が付いているMVNOサービスの中から2件紹介します。まずは、ケイ・オプティコム社が提供する「LaLa Call」が無料で使えるMVNO「mineo」です。



この「LaLa Call」の月額基本料は100円と高くないため、他のMVNOを契約していても付けることはそう大変ではなく、サービスが使えないことがわかってもそれほど痛くはないかも知れませんが、「mineo」ユーザーは無料で050番号が持てます。もちろん使わない自由もありますが、一度登録しておいて利用を再開することも「mineo」の契約が続いていれば問題ありません。さらにau回線のAプランなら申込みだけでSMSオプションも無料で使えるため、050番号だけでなくSMSも使えて追加料金を取られないというのはかなりお得です。プラン的には高速クーポン500MBのプランが月700円から加入できます。

そしてもう一つのMVNOが「OCN モバイル ONE」です。OCNには050番号のサービスの中でも広く知られている「050plus」がありますが、音声対応プランのパッケージでは月額300円の「050plus」基本料が無料になります。データ通信用SIMでは全額無料にはならないものの、セット割ということで150円引きの月額150円で「050plus」が使えるようにできます。



さらに、「OCN モバイル ONE」では「050plus」を使ったデータ通信利用の場合は、高速で通信でき、高速クーポンを消費しないという自社の提供するサービスで使える「カウントフリー機能」の対象になるということもあり、常に高速でIP電話アプリを使えるということで、他のMVNOで「050plus」を使う場合と比べて快適に使えることが期待されます。逆に言うと、「050plus」を使うならMVNOは「OCN モバイル ONE」を使うのが一番合理的であるとも言えるでしょう。

他にも050電話のサービスは多くありますが、あくまでその品質で使い続けられるかどうかわからない部分もありますので、できるだけ利用するにあたってのハードルが低いものを選ばれた方がいいと思います。また同じスマホで同じサービスを利用する場合、アプリでのIP電話の料金はいくら電話しても掛からないので、多くの友人と利用するサービスを同じにすることで結果的に安く使えるようになります。

また、家庭内のインターネットを引く時に、050から始まる番号をくれるサービスがあったのを覚えているという方は、自宅に引いた050番号で無料通話ができる提携先を調べることをおすすめします。もしかしたら、自宅の固定回線に電話する場合、スマホからIP電話で掛けると無料で使えるかも知れません。もし現在自宅で契約しているプロバイダでもらっている050番号がある場合には、ここで挙げた3つ以外にも、モバイルでも使える050電話サービスと提携していないかどうか確認の上、スマホで使う050電話サービスを選ぶという方法もあります。あまり過大な期待はせずに、使ってみることをおすすめします。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。