ウェブ情報活用講座 その3 生の声が出やすいメディアとは?

前回は芸能人や有名人に絞ってその事例を紹介しましたが、ネットというのはあらゆる人の生の声を発信するメディアでもあり、単純に情報を受け取るだけではなく、自分から発信できる相方向性にも特徴があります。例えばいわゆる「テレビで話題の」品物は本当にいいものなのか? 今度のお休みに行きたいところがあるが、実際のところはどうなのか? というような疑問については雑誌を参考にするよりも今ではネット上の口コミを探した方がためになる情報に行きついたりする場合もあります。

基本的には、日常的に書かれたりつぶやかれたりしているメディアから見ていくとそんな「生の声」を拾いやすくなるでしょう。具体的にはブログ・ツイッター・フェイスブックのようなものです。また、日常的な疑問に多くのユーザーが答えるという「Yahoo!知恵袋」や、「教えて!Goo」のようなサイトです。そのうちツイッターやフェイスブックには専用アプリがありますのでアプリ経由で検索すればより早く目的の情報に到達することができるでしょう。

検索の仕方はいろいろあります。全体の中で、特定の品物や嗜好に関する事について世間ではどう思っているのか知りたい場合は、その物の名前を入れて検索すれば、多くの情報がヒットするでしょう。ブログを検索したい時には「ブログ 検索」という風に検索をかけると様々なブログ検索サイトに行き付くと思いますので、そこで改めて検索したい語句を入力してみるといいでしょう。

次に、有名人本人の発言を見たいような場合にはブログの他、ツイッターやフェイスブックを本人がやっていれば目的の方を検索で見付けたらフォローすることによってその発言をモニターすることができます。当然、過去にさかのぼってどんな事を発言していたのかということまで調べられますので、それが有名人でなくても対象として見たい場合もあるでしょう。

それは、具体的に言うと自分の土地で選挙があったような場合です。候補者の人柄を知ることはおいそれとはできないと思う方が多いかとは思いますが、候補者が過去からインターネットで発信しているなら、現在からさかのぼることで、過去にその人がどのような考えでどんなことをしてきたのかがわかります。それは、決して演説では言えない事も含まれているかも知れませんが、そうした内容を含めて投票にあたっての判断材料として利用することができるでしょう。

SNSからの発信というのは、一部の人たちが起こした行動をそのまま写真や動画付きでアップロードすることによって問題になることがありますが、裏を返せばそれだけ当時者の生の声を伝えてくれるメディアであるとも言えます。こうした発言の中には明らかにふざけているものや読むに耐えないものもあるかも知れませんが、多くの情報の中には必ず本音が見えると思いながら読んでいくと、普通に新聞を読むのとは違った面白さがあります。興味を持たれた方は自分の興味ある物や人について、調べてみるのも面白いのではないでしょうか。


格安SIM・スマホ ブログランキングへ


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。