スマホを1,980円/月で使える!「ワンキュッパ割」の詳しい内容

テレビコマーシャルの話を書くと、書いた時にはいいのですがすぐ放送されなくなると忘れ去られて、数年後に読んだ人は何を書いたのかすらわからなくなるということはしばしば起こります。今回紹介するY!mobileのスマホを月々1,980円(税抜価格で、以降の金額も同じです)で持てる「ワンキュッパ割」のテレビコマーシャルがかなりテレビで流れている頃にこの文章を書いているのですが、通話とデータ通信がセットで1,980円というのは、現時点ではMVNOの楽天モバイルの5分定額にベーシックプランを付けた同様のプランの月々2,100円よりも安く、DTI SIMの同じく5分間の通話定額の付いたセットプランと同額になっています。

楽天モバイルとDTI SIMはどちらもドコモのMVNOで、Y!mobileはソフトバンクの回線を使っていますし、通話定額の内容にも違いがあるので全く同じように比較することはできませんが、テレビコマーシャルの力というのはすさまじく、月々1,980円でスマホが持て、さらに通話も定額、データ通信もできるということで興味を持つ方も周辺には多いでしょう。

もしかしたら、MVNOよりもY!mobileの方が実店鋪もあるし、安いからいいのではと思う方も多くいると思いますので、実際この1,980円のプランは本当のところどうなのかということを今回は解説してみたいと思います。なお、この1,980円というのはあくまでプランの金額なので、スマホの代金については実質0円という端末が手に入ればいいですが、そうでない場合は別途端末の料金を別に用意する必要があります。まずはその点にご注意下さい。

まず、最初にお知らせしなければならない事は、この1,980円というのはずっと1,980円ではなくて期間限定になっているということです。さらにソフトバンクや同じY!mobileからの乗り換えでは1,980円という料金の適用自体ができません。新規かドコモ・auからの乗り換えの方への割引プランだという認識でいいでしょう。ソフトバンクからY!mobileに乗リ変えたいと思っても、月々1,980円から始めることができませんので、自分が契約する場合に月々1,980円で始められるかしっかりと確認しましょう。

さらに、この1,980円のプランは、Y!mobileの「スマホプランS」2,980円の契約が基本になっています。現在は特定の条件をクリアして契約すると1年間だけは1,000円引きの恩恵が得られるというわけです。「スマホプランS」の内容については過去にも紹介しましたが、基本的には2年契約のプランで、以下のような内容になっています。

・通話は10分以内なら月300回まで追加料金なし(超過分は30秒20円)
・データ通信は1GBの高速クーポン付
・高速クーポンを使い切ると最大128kbpsの低速に制限

ちなみに、「ワンキュッパ割」で契約すると特典として2年間は高速クーポンを2GBまで利用することができます。

そんなわけで、2年契約のうち半分だけ1,980円で使えるものの、それ以降は2,980円かかるという事をまずは十分理解しましょう。それでも通話定額の内容が合えば十分安いと思いますし、2年使ってみてもっと安いプランが出ていたら転出するという選択肢も取れるでしょう。

MVNOと比べて少し気になるのは、低速通信が最大200kbpsではなく、128kbpsとなっていることもあります。radikoの利用は低速制限時でも大丈夫だとは思いますが、音楽ストリーミングの場合はもしかしたら200~250kbpsくらい出るMVNOと比べると少し心配になるところがあります。ただ、この128kbpsというのはドコモでもauでも同じスピードなので既に携帯大手3社をスピード制限を経験している方にはほとんど違和感はないと思います。

最後に、ソフトバンクグループであるY!mobileでもサービスのあるオプションについて説明しておきます。店頭での説明をよく聞いていないと知らないまま使ってしまい、結果的に月々1,980円にならないケースが出てくるかも知れませんので、実際に契約に行く前にはこれから説明するオプションについて十分ご確認の上で利用するようにしましょう。

そのオプションというのは「快適モード」というものです。高速クーポンを使い切ってしまった場合、最大128kbpsの低速に制限されてしまうのは先に説明した通りですが、それではストレスがたまるという人に向けたオプションで、1回500MBの高速クーポンを自動的に追加してくれるというものです。

1回分の料金は500円ですが、1,980円のプランでこのオプションを利用した場合、その時点で月々1,980円ではなくなってしまいます。月ごとに発動する回数はご自身で決められるということですが、もし「無制限」を選んでしまっていると、それこそ使った分だけ青天井にデータ通信料金が請求されることになってしまいます。

この「快適モード」については上限回数の設定ができ、1回から10回までと無制限という風に選べますが、1回使っても+500円で、10回使うと5,000円となるので1,980円に加えて請求額は6,980円で7GBと、携帯大手のスマホプランと変わらなくなってしまう事も起こります。ですから、店頭でこの「快適モード」の説明があった時は、ここまで説明した事をよく考えて加入するかどうか決めるようにしましょう。

この他にスマホの料金がかかりますので、実際の料金はもう少しかかりますが、スマホ代がかかるのはMVNOの契約でも同じで、さらにY!mobileの場合は新品を店頭で購入でき、さらに一定の条件の元で端末代が安くなるケースがあります。具体的には時期によって料金が変わってくることもありますので、ネットや店頭での情報収集をしながら安く維持できるキャンペーンを狙ってみるのもいいでしょう。Y!mobileではiPhone5Sもプラン対応端末になっていますので、月々の負担が少なくiPhoneを使いたい方は、上記の内容に注意しながら調べてみてはいかがでしょうか。


格安SIM・スマホ ブログランキングへ


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。